受験生の方へ

アドミッションポリシー/メッセージ

医学系研究科(修士課程:医学科専攻、博士課程:医学科専攻)

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

大阪大学のアドミッション・ポリシーをうけ、医学系研究科では、教育目標に定める人材を育成するため、次の知識の内容と水準を満たし、世界の医学、医療、および生命科学の発展への貢献を目指す人、健康で質の高い生活を保障する地域医療の担い手を目指す人、次世代を担う優秀な人材の育成に尽力したいと望む人を求めています。

修士課程

  • 欧文論文の読解ができる英語の能力を有している。
  • 自然科学諸分野の大学の教養レベルの知識を習得していることに加え、学部レベル以上の専門基礎知識を有している。
  • 医学研究に必要な優れた目的意識と倫理感を備えている。

博士課程

  • 欧文論文読解と作成のための英語能力を有している。
  • 医学・生命科学の研究遂行に必要となる学部レベルの知識を習得していることに加え、修士課程レベル以上の専門分野の基礎知識を有している。
  • 医学研究に必要な優れた目的意識と倫理感を備えている。

教育目標

大阪大学の教育目標を受けて、大学は学問と教育の府であり、アカデミズムの追求こそが大学人の使命であるという理念のもと、大阪大学大学院医学系研究科では、世界の医学界をリードするという志のもとに、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を広い視野に立って養い、高度な倫理観と深い教養に裏づけられた創造性豊かな人材を輩出し、最先端の医学・医療・生命科学の推進および人類の健康・福祉への貢献をめざします。
この目標を実現するため、医学系研究科では次のとおり人材の育成に取り組んでいます。

修士課程

最新の医科学や公衆衛生学の知識を身につけ、自然科学や社会科学の方法論で、医学や医学を取り巻く多様な諸問題の対処や解決できる人材の育成に取り組んでいます。

博士課程

世界の医学、医療、および生命科学の発展に貢献できる人材、健康で質の高い生活を保障する地域医療の担い手となる人材、次世代をリードする優秀な人材の育成に取り組んでいます。

ディプロマ・ポリシー

大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、医学系研究科では教育目標に定める人材を育成するため、所定期間在学し、必要な単位を修得のうえ、審査及び試験に合格し、次のとおり優れた知識と能力を身につけている学生に学位を授与します。

修士課程

  • 医学研究に必要な高度な倫理観を身につけている。
  • 幅広い医学の基礎知識及び最新の医科学や公衆衛生学の知識を身につけている。
  • 医科学・公衆衛生学の知識を自然科学や社会科学方法論により活用できる能力を身につけている。

博士課程

  • 医学研究に必要な高度な倫理観を身につけている。
  • 最先端の医学・医療・生命科学の知識を身につけている。
  • 生命現象を統合的に理解する能力を身につけている。
  • 医学と他の学問分野を横断的に理解できる能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成、実施の方針)

大阪大学のカリキュラム・ポリシーをうけ、医学系研究科では、ディプロマ・ポリシーに定める高度な知識・能力を習得するため、次のとおり教育課程を編成しています。

修士課程

  • 医学研究に必要な高度な倫理観と、安全管理能力を身につけることを目的とした授業を配置します。
  • 医学以外の学部出身者が、幅広い医学の基礎知識を身につけ、最先端の医学研究に触れることを目的として概論科目を配置します。
  • 専門分野における専門的知識と理解を身につけること、専門分野以外の研究に触れる機会を与え、複眼的な視野を身につけることを目的として、選択必修科目・選択科目を配置します。
  • 医科学・公衆衛生学の知識を、自然科学や社会科学方法論に活用可能な能力へと高めるために、医科学・公衆衛生学についての研究を行い、その結果を修士論文としてまとめられるよう研究指導を行います。
  • 成績評価、学位論文の審査は厳格に行われ、その評価は、知識・技能、それらを発展・活用できる能力の習得度によって評価します。

博士課程

  • 医学研究に必要な高度な倫理観と安全管理能力を身につけるための授業を、必修として配置します。
  • 指導教授による専門分野に主眼をおいた知識と技術の習得を目的とした授業科目を配置します。
  • 副指導教授による複眼的な視野を身につけることを目的とした授業科目を配置します。
  • 学生が希望するテーマに基づき、個別指導によって、基盤的な専門知識と技能、一流の研究者として自立して研究を企画・遂行できる能力を習得できるよう研究指導を行います。
  • 基礎医学研究を臨床応用に繋げ、多様なニーズに応えることを目的として、多くの教育プログラムを推進しています。
  • 成績評価及び学位論文の審査は、厳格に行われ、その評価は、知識・技能、研究を企画・遂行できる能力の習得度によって評価します。

医学系研究科長からのメッセージ

医学系研究科長  金田 安史

入学を希望する皆様へ

大阪大学大学院医学系研究科では、修士・博士課程を通じて独創的な研究を推進しております。その中で、医学系研究科における生命科学研究とは何か、を改めてよく考えることが重要です。それはヒトの生命活動の解明を目指すことです。自らが見出した生命現象に関わる分子がヒトでも機能しているかを、臨床検体を使って明らかにしてください。研究成果が難病の治療や診断に貢献できるかもしれません。そのことを臨床研究や治験によって証明する意欲を持ってください。動物実験に満足することなく、ヒトでの解明を最終ゴールとしてほしいと思います。それができるのは多種多様な基礎講座、臨床講座、社会医学講座の集合体である医学系研究科だけであり、複数講座の共同研究によってこそ成就できるものです。大阪大学医学系研究科は基礎講座、社会医学講座、臨床講座の連携が特に活発で、生命科学研究の成果を円滑に応用に結びつける支援体制を構築しております。

大阪大学医学系研究科に入学されれば、このようなシステムや環境を活用して、ヒトの生命活動の解明に果敢にチャレンジし、世界をリードし人類の幸福に貢献できる研究者として、大きく羽ばたいてほしいと願っています。

大学院教務委員長からのメッセージ

大学院教務委員長 金井 好克

私たちと医学の道を歩んでいきましょう

大阪大学大学院医学系研究科の大学院は2年間の修士課程と4年間の博士課程からなります。本研究科は、基礎医学、臨床医学、社会医学など様々な分野で世界的に活躍している研究者を数多く擁し、最先端の研究設備と豊かな教育環境を提供しています。私たち教官は、大学院生を国際的に活躍できる人材として育成することに情熱を傾けています。大学院入学後は、幅広い生命科学の知識を得る一方で、高度の専門性を習得するため、それぞれ所属する研究室で密度の濃い指導を受けることになります。

修士課程から一貫して博士課程へ進むこともできますし、博士課程からの入学も可能です。博士課程では、医学部出身者のみならず他学部の修士課程修了者も歓迎しており、様々なバックグラウンドを有する人たちに、医学の世界で活躍してほしいと願っています。特に優秀な成績を修めた学生には、その能力を発揮する機会を広げるために、博士課程の早期終了(3年あるいは3年半)を推奨しています。博士課程の修了者は、大学での研究職、海外への留学、国の機関あるいは企業や医療関連施設への就職など、さらに活躍の場を広げていくことになります。

在学中の大学院生に対しては、経済的な支援や学生相談など、生活全般を支える取り組みも行っています。さらに優秀者10名程度を毎年選抜し、その個人と業績を医学部のホームページで紹介する一方、海外留学のための渡航費などの支援を優先的に行います。

本研究科を修了した先輩たちは、生命の神秘を解き明かしたい、難病の克服に繋がる治療を開発したいといったそれぞれの夢を、困難を乗り越えて実現してきました。自分の可能性を信じて、新たな道を切り開こうとする意志こそが、あなたの才能を開花させ、医学の進歩を支えていく力となるのです。