受験生の方へ

アドミッションポリシー/メッセージ

医学部医学科

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

【求める人材像】
医学部医学科では、地域医療に貢献する人材や、世界をリードする医師・研究者を養成することを教育目標とし、これを実現するため、以下のような資質・能力を持った学生を受け入れます。

  • (1) 高度な倫理観に裏付けられた豊かな人間性を持ち、組織においてリーダーシップを発揮できる者
  • (2) 医学科の教育課程を履修するに必要な高度な学力、知性および語学力を有する者
  • (3) 医学の進歩に貢献するとの強い信念を持ち、それを実現する行動力を有する者
  • (4) 多様な価値観を受け入れる柔軟性と知への探究心、自由で豊かな発想力を持ち、創造性を発揮できる者
  • (5) 社会における自らの役割を理解し、協調性と責任感をもってそれに貢献する意欲のある者

【入学者選抜の基本方針】
上記のような人材を受け入れ、また多様な学生を確保するため、国内の学生においては一般選抜と学校推薦型選抜による入試を行います。
また、学生の学習環境としてグローバルな多様性を確保するため、私費外国人留学生特別入試、海外在住私費外国人留学生特別入試を行います。

【具体的選抜方法と、資質・能力との関係】
1.一般選抜では、特に(2)、(3)を重視し、大学入学共通テストで(2)を、個別学力検査で(2)を、面接において(1)、(3)、(4)、(5)に関する資質を評価し、選抜を行います。

2.学校推薦型選抜では、特に(1)、(4)を重視し、大学入学共通テストで(2)を、面接で(1)、(3)、(4)、(5)を、小論文で(2)、(3)、(4)を、調査書で(1)、(2)、(3)、(5)を、推薦書で(1)、(2)、(3)、(5)を評価し総合的に判定します。

教育目標

大阪大学の教育目標のもと、「知の創造、継承及び実践」を使命とし、「地域に生き世界に伸びる」というモットーを実践すべく、医学部医学科では、地域医療に貢献する人材や、世界をリードする医師・研究者を養成することを教育目標としています。そこで、医学科がこれまでに達成してきた世界有数の業績をもとに、他の学部・研究所と連携を密にしながら、以下の人材の育成を目指します。

高度な専門性と深い学識
  • 基礎医学および臨床医学の講義、実習を通じて、医師・研究者になるための幅広い知識、研究手法、臨床技能を習得させる。
教養
  • 共通教育で人文・社会系および自然科学系の幅広い分野にわたる豊かな教養、専門教育でコミュニケーション力や論理的思考、職業的倫理観、生涯にわたり学ぶ姿勢を涵養することで、幅広い人間性を備えた人材を育成する。
国際性
  • 医学英語教育、海外留学、海外施設との交流を通じて、国際的な視野とコミュニケーション能力を涵養する。
デザイン力
  • 社会医学実習、海外留学、学生間国際交流、臨床実習、地域医療実習などを通じて、地域医療および国際医療の意義を理解し、これらに貢献するための自らの役割を認識する能力を養成する。
  • 基礎医学講座配属、研究室配属、MD研究者育成プログラムを通じて、学生自らが未知の領域を解明するという、研究者としての基本的能力を養成する。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大阪大学のディプロマ・ポリシーのもと、医学部医学科では、教育目標に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、医学部医学科において定める専門分野に関する所定の単位を修得し、次のとおり優れた知識と能力を身につけた学生に学士(医学)の学位を授与します。

高度な専門性と深い学識
  • 医学の徒としての使命を理解しそれを実践するとともに、生涯にわたり自らの学術的能力を高め続ける姿勢を示すことができる。
  • 高い倫理観に基づき、他者への理解と配慮を持ち、チームの一員として利他的な姿勢で行動することができる。
  • 医学を修めたものとして要求される高いレベルでの幅広い医学的知識、技量を身につけ、臨床医学、医学研究、科学全般の分野においてこれらを応用することができる。
教養
  • 共通教育で人文・社会系および自然科学系の幅広い分野にわたる豊かな教養、専門教育でコミュニケーション力や論理的思考、職業的倫理観、生涯にわたり学ぶ姿勢を涵養することで、幅広い人間性を身につけている。
国際性
  • グローバルな視点から医療を見つめ、異なる価値観を尊重することで、良好なコミュニケーションを図ることができる。
  • 国際医療においても自らの役割を果たすことができる。
デザイン力
  • 医学の進歩における研究や開発の意義を理解し、自ら到達目標を設定できる。
  • 到達目標に向けた研究計画の作成、データの解析、発表・討論ができる。
  • 医学を修めたものとして、自らが属する社会や地域の医療の意義と社会的責任を理解し、実践できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもと、医学部医学科では、学位授与の方針に掲げる知識・技能を修得させるために、教養教育系科目、専門教育系科目及び国際性涵養教育系科目を体系的に編成し、先進医療を担う医師及び医学研究者として必要な知識、倫理観、リサーチマインドを養うことを目標にします。

【教育課程編成の考え方】

ディプロマ・ポリシーに掲げる知識・技能を修得させるために、教養教育系科目、専門教育系科目及び国際性涵養教育系科目を体系的に編成し、先進医療を担う医師及び医学研究者として必要な知識、倫理観、リサーチマインドを養うことを目標にしたカリキュラムを策定しています。また国際性豊かなコミュニケーション能力の涵養を目指し、医学英語教育の充実も図ります。

【学修内容及び学修方法】

人格形成教育
  • 共通教育で人文・社会系および自然科学系の幅広い分野にわたる豊かな教養、専門教育でコミュニケーション力や論理的思考、職業的倫理観、生涯にわたり学ぶ姿勢を涵養することで、幅広い人間性を備えた人材を育成する。
基本的医学教育
  • 基礎医学および臨床医学の講義、実習を通じて、医師・研究者になるための幅広い知識、研究手法、臨床技能を習得する。
  • 医学英語教育、海外留学、海外施設との交流を通じて、国際的な視野とコミュニケーション能力を涵養する。
発展的医学教育
  • 基礎医学講座配属、研究室配属、MD研究者育成プログラムを通じて、学生自らが未知の領域を解明するという、研究者としての基本的能力を養成する。
社会的教育
  • 社会医学実習、海外留学、学生間国際交流、臨床実習、地域医療実習などを通じて、地域医療および国際医療の意義を理解し、これらに貢献するための自らの役割を認識する能力を養成する。

【学修成果の評価方法】

シラバスに記載された学習目標について、筆記試験及び実技試験によって、その達成度を評価します。

受験希望者へのメッセージ

大阪大学医学部長 森井 英一

大阪大学医学部は1931年に、民間の力によって設立された帝国大学の学部として誕生しましたが、その源流は、1838年に大阪の地に緒方洪庵によって開かれた適塾にあります。適塾では、若い人材が自由闊達な雰囲気のもと、議論を繰り返し切磋琢磨しました。その結果、これらの人材が多くの分野で当時の第一人者となり、歴史を動かし、近代日本を築きあげました。私たちが受け継ぐべきものは、この自由闊達、切磋琢磨の精神です。そのもとで学ぶ学生諸君は、独自の世界を切り開き、世界に羽ばたき、世界の医学をリードしてもらいたいと願っています。医学部が目指す目標は、医療と医学研究を推進する優秀な人材を輩出し、医学の発展に貢献することです。そのためには、時代を先取りするような教育研究活動を継続的に展開し、次世代を担う人材を育成することが大切です。

医師としての豊富な経験を積んでもらうため、一貫した卒前・卒後教育と数多くの関連病院と連携した研修医教育を実施しています。さまざまな特長を備えた関連病院とこれほど密接に提携して医師の育成に取り組んでいる組織は他にありません。国際的に活躍できる医師輩出のため、国際認証に沿ったカリキュラムの導入、実践的な英語教育、海外留学推進プログラムと財政支援などを実践しています。アジアのみならず欧米豪の主要大学とも提携を結んで学生交流を推進し、幅広い視野をもった学生の育成を目指しています。リサーチマインドの養成のため、カリキュラムの中に選択必修コースや基礎講座配属に加えて、MD研究者育成プログラムを導入し、学部生時代に研究の経験を身につけることができます。また、学部生支援のための複数の奨学金制度も準備しています。

このような環境の中で医学部の6年間を医学知識の獲得と医療技術の習得だけに終始するなら、学習能力や身体能力の絶頂期を無為に過ごしてしまうことになります。大阪大学医学部のさまざまな取り組みを活用して、いろいろなことにチャレンジしてください。人生はギアを様々にチェンジしていくことが必要です。これまでとは違ったギアを入れて、幅広い知識と経験を身につけながら、自分にしかできない分野を開拓し、誰も足を踏み入れたことがない未来を切り開いてほしいと願っています。

阪大医学部(医学科)の魅力

大阪大学医学部附属病院長 木村 正

大阪大学医学部医学科の受験を考えている皆さんに先輩として阪大の魅力をお伝えしようと思います。医学部入試は今、とても厳しいようなのでどこへ行っても同じ、という声も聞きます。でも、阪大は違います。阪大の強みは地域(主に大阪と阪神間)の強い医師間ネットワークと国内は気にせず一気に世界に伸びる研究力だと思います。強い医師ネットワークのおかげで、卒業しても市中病院、大学病院がうまく連携して大変レベルの高い臨床研修を受けることができます。実力を上げるために異動してもお互い近いので移動にエネルギーを割く必要がありません。ネットワーク内の患者が多いので臨床研究も大変やりやすくなります。これは、実際に医師になってみるとよくわかります。研究は、都にいないので「日本での」立ち位置がどうだ、ということを考えなくて済みます。一気に世界レベルと戦ったらいい、という雰囲気に満ち溢れています。臨床と基礎の垣根がなく、基礎の先生が直接臨床研究を病院で臨床医とともに行ったり、臨床の先生が基礎教室と組んで生命や疾患の本質に迫る、ということが日常的に行われています。学生時代から最先端の研究に直接参加できるプログラムが大変充実しています。でも、私たちの頃も、今も、教員はあれをしろ、これをするなとうるさいことは言わず、学生の自主性を重んじた大学生活を送ることができます(ただ、落第したらしっかりフォローさせてもらいます)。

受験勉強は不安で、時に孤独で、大変な時期です。でも、それを乗り越えることで、今度は阪大医学部の仲間と一緒に病(やまい)と闘う実力をつけることになるのです。私もこの大学での40年前の学生生活に今もとても満足しています。頑張ってください

阪大で切磋琢磨しよう

大阪大学医学部医学科教務委員長 北澤 茂

皆さんは阪大医学部にどんなイメージを持っていますか。もしかすると、「御意」と「忖度」がまかり通る、テレビドラマのような世界を想像しているかもしれないですね。入学すると、皆さんの期待は見事に裏切られてしまうでしょう。阪大医学部はとても風通しの良いところです。適塾の分け隔てのない、切磋琢磨の精神が今も息づいているのです。

阪大医学部では、現代医学で必要とされる幅広い知識と技術を基礎から先端に至るまで修得することができる教育プログラムを提供しています。さらに、才能と意欲にあふれる皆さんのための特別なプログラムも準備しました。基礎研究に関しては、1年次から研究体験の機会があり、MD研究者養成プログラムに志願すれば心ゆくまで研究に没頭することすら可能です。臨床実習では、先端医療の現場を体験して自ら学べるクリニカルクラークシップの制度を充実させました。医学英語を鍛えて海外で臨床実習を行うチャンスも豊富に用意しました。共に学び、切磋琢磨して、医学の未来を切り開こうではありませんか。光あふれる吹田キャンパスで、皆さんに会う日を楽しみにしています。