NEWS & TOPICS

伝習から発信へ。大阪大学大学院医学系研究科・医学部の最新情報。
  • トップ
  • >
  • NEWS & TOPICS
  • >
  • 小林製薬と桐灰化学、大阪大学は、カイロによる新規治療法の確立を目指して「血管作動温熱治療学共同研究講座」を設置

小林製薬と桐灰化学、大阪大学は、カイロによる新規治療法の確立を目指して「血管作動温熱治療学共同研究講座」を設置

4月10日発表

概要

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩、以下「小林製薬」)と小林製薬の連結子会社の桐灰化学株式会社(本社:大阪市、社長:中村聖一郎、以下「桐灰化学」)、国立大学法人大阪大学(学長:西尾章治郎、以下「大阪大学」)、は、4月1日付けで大阪大学大学院医学系研究科に温熱治療に関する共同研究を行う「血管作動温熱治療学共同研究講座(産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ)」を設置いたしました。

閉塞性動脈硬化症・バージャー病・糖尿病・レイノー症候群(※)等の四肢の血液の流れが悪くなる末梢血行障害で悩んでいる患者は多く、炎症や動脈硬化により血管が詰まってしまうものや血管が強く収縮するために血液の流れが悪くなるものなど、それぞれ発症の原因は様々ですが、日常生活に著しい制限が発生し、症状が悪化すると指先の皮膚に穴があく指尖(ゆびさき)潰瘍(かいよう)や組織の一部が死ぬ壊死に発展することが知られています。これらの末梢血行障害を示す患者に対する薬物療法や外科的療法はありますが、より安全で有効な治療方法が望まれています。一方、食生活様式の欧米化や加齢に伴い、手足の冷えを訴える健常者が増えており、四肢末梢血行にトラブルを抱える人口は今後も増加していくと懸念されています。

物理療法の一つである温熱療法には、血管拡張作用があることが古くから知られています。しかしながら、どの部位をどのように加温するかについて、科学的に検証されたデータは多くありません。そこで、本講座では、「カイロ」の研究・開発技術を応用して、温熱による血管拡張作用について、適切な加温部位・加温方法の研究を行なったうえで、末梢血行障害のメカニズム解明、ならびに温熱を用いた新規治療法の確立を目指します。

 

【血管作動温熱治療学共同研究講座概要】

講座名 血管作動温熱治療学共同研究講座(産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ)
設置場所 大阪大学 大学院医学系研究科(大阪府吹田市)
設置期間 平成30年41日から平成33年331日まで
研究責任者 熊ノ郷 淳(大阪大学 大学院医学系研究科 呼吸器免疫内科学 教授)
研究代表者 嶋 良仁 (大阪大学 大学院医学系研究科 特任教授(常勤))

 

用語説明 (※)

1.閉塞性動脈硬化症
コレステロールの蓄積などで動脈硬化が進行した結果、血管が狭窄する疾患。

2.バージャー病
喫煙者に見られる四肢末梢の血管炎。

3.糖尿病
インスリンというホルモンの働きが不十分になる結果、血液中の栄養分(ブドウ糖)の有効利用が出来なくなる疾患。血中にブドウ糖が溢れることで、微細な血管が障害される。

4.レイノー症候群
冷気に触れると血管が攣縮し血流が悪化する疾患。