NEWS & TOPICS

伝習から発信へ。大阪大学大学院医学系研究科・医学部の最新情報。
  • トップ
  • >
  • NEWS & TOPICS
  • >
  • 医学科5年次 竹内太郎さんが統計データ分析コンペティションで優秀賞を受賞

医学科5年次 竹内太郎さんが統計データ分析コンペティションで優秀賞を受賞

医学部医学科5年の竹内太郎さんが、2019年度統計データ分析コンペティションにおいて優秀賞を受賞しました。表彰式は1118日に国立オリンピック記念青少年総合センターで行われました。 

統計データ分析コンペティションは、次世代を担う高校生・大学生等の統計リテラシー向上を図ることを目的として、総務省統計局、独立行政法人統計センター、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所、および一般財団法人日本統計協会の共催で実施されています。主要な公的統計をデータサイエンス教育のためにまとめたデータセットである教育用標準データセット(SSDSE)を用いて、自由にテーマを設定して解析を行い、執筆した論文が審査されました。竹内さんの受賞テーマは、「我が国における人口増減の決定要因」です。受賞論文は2020年春に日本統計協会の専門誌『統計』に掲載される予定です。

大阪大学医学部では、将来の基礎医学研究者養成を目的とした取り組みとして特別教育カリキュラム「MD研究者育成プログラム」を設置しています。今回の竹内さんの受賞は、同プログラムによる環境医学講座での研究活動の一環となります。

<竹内太郎さんのコメント>

この度は大変素晴らしい賞を賜り光栄に存じます。普段の統計学・疫学の勉強や、MD研究者育成プログラムでの研究活動で培った力を生かすことができたと考えています。所属教室である環境医学教室の祖父江先生をはじめとする先生方、並びに医学科教育センターの先生方に、心より感謝申し上げます。今回の受賞を励みに、医学と統計学・疫学の勉強を両立させ、医療の発展に貢献できるよう、より一層努力する所存です。