NEWS & TOPICS

伝習から発信へ。大阪大学大学院医学系研究科・医学部の最新情報。

石井優教授(免疫細胞生物学)が着任しました

教授 石井 優 (いしい まさる)

医学専攻感染免疫医学講座(免疫細胞生物学)

免疫細胞の分化・選択、感染・炎症部位への移動など、免疫現象の時空間的制御については多くの謎が残されています。今後も新しい方法論による独自の切り口で、免疫学の新しいコンセプトを切り拓きたいと考えています。教育面では、免疫学を通して疾患を見るものの見方や、イメージング技術を活用して免疫学を「見て理解する」アプローチを学生に伝えて、リサーチマインドを持った医師の養成に貢献したいと考えています。

これまでの業績の紹介

免疫細胞は生体内をくまなく動き回っていますが、それらの動態は巧妙に制御されています。私は個体・組織を活かしたままの状態で「生体イメージング」の手法を用いて、こういった免疫・炎症システムの統率された細胞遊走ネットワークを解析してきました。極めて困難であると言われていた生きた骨髄腔内部の生体観察を始め、種々の観察系を独自に先駆けて立ち上げ、細胞動態を制御する基本原理を解明してきました。

略歴(主なものを抜粋)

平成10年 3月 大阪大学医学部医学科卒業
平成10年 4月 大阪大学医学部附属病院において臨床補助の研修に従事
平成10年 6月 医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院)
平成11年 6月 国立大阪南病院内科臨床研修医
平成12年 4月 大阪大学助手大学院医学系研究科
平成17年 4月 医学博士(大阪大学)
平成17年 7月 国立病院機構大阪南医療センター医員(リウマチ科)
平成18年 6月 米国国立衛生学研究所・アレルギー感染症研究所研究員(HFSP フェロー)(研究休職:~平成20年5月)
平成21年 4月 大阪大学特任准教授(常勤)免疫学フロンティア研究センター
平成23年 4月 大阪大学特任教授(常勤)免疫学フロンティア研究センター
平成23年 4月 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(CREST)研究代表者
平成25年 4月 大阪大学教授大学院医学系研究科/生命機能研究科