博士課程

博士課程のカリキュラムについて

修了要件と学位

 本研究科の博士課程は、4年制の課程です。
 修了には、本研究科博士課程に4年以上在学し、下記の授業科目について30単位以上修得の上、かつ必要な研究指導を受け、博士学位論文の審査及び最終の試験に合格する必要があります。
 修了者には、「博士(医学)」の学位が授与されます。

 ○授業科目A(研究倫理及び安全を含む。)(10単位)
  指導教授が開講する科目。

 ○特別セミナー(10単位)
  指導教授が開講する科目。
  単位認定には、研究発表会2回、研究セミナー3回の出席が必要です。

  ■研究発表会・セミナー出席票 (Word版) 
   研究発表会・セミナーについて

 (参考)研究発表会・研究セミナーの出席について
     学位申請時には、上記回数も含めて、研究発表会8回、研究セミナー12回分の出席が必要です。

 ○授業科目B(10単位)
  指導教授が開講する科目。

履修方法・単位認定及び指導指針 

1年次に授業科目A2年次以降に特別セミナー、授業科目Bを履修します。
ただし、特別セミナーと授業科目Bを同時に履修することはできません。
また、各科目とも通年科目であり、休学した年次については単位が付与されないため、翌年に再度履修することになります。
 
■履修登録
授業科目Aは、教務係で履修登録をします。
特別セミナー、授業科目Bは2年次の6月ごろ、所属教室を通して履修希望調査を行い、教務係で登録します。
高度副プログラム等、それ以外の授業科目を履修する場合は、各自でKOANに登録してください。

  KOANへのログインには、大阪大学個人IDが必要です。

■他の大学院及び外国の大学院において履修した授業科目の単位認定について
 在学中に所定の手続きによって他の大学院及び外国の大学院に派遣され、その大学院で修得した単位については、当該学生からの申請に基づき、単位認定の可否を審議します。
 なお、修了に必要な単位に充当する場合は、10単位を超えないものとします。

授業担当教員の研究内容および指導方針

  「大学院生向け研究概要」を参照

博士課程授業科目表

 「大阪大学医学系研究科規程」別表4を参照

早期修了

 医学系研究科では、本研究科の博士課程在学中に優れた学術論文を公表した者、その他、論文以外に極めて著しい研究業績のあった者等、優れた研究業績を上げた学生に対し、早期修了の制度を設けています。
 早期修了の時期は、3年次の3月(在学期間3年)と4年次の9月及び3月(在学期間3年以上4年未満)となります。

その他

■大阪大学医学部附属病院における医員(週40時間勤務者)の学生の取り扱いについて

 博士課程の学生が、大阪大学医学部附属病院の医員(週40時間勤務)として勤務する場合、勤務可能期間は原則1年間となります。
 ただし、当該学生が研究を遂行する上で、医員勤務の継続が必要と所属教室が認めた場合に限り、更に1年間の勤務ができるものとします。