学部・研究科紹介

未来の医療を切り開く最先端の医学を見つめる。

構想と理念

世界をリードする医科学研究と教育の拠点形成

本研究科は医学の課程においては、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を広い視野に立って授け・養うことを、また保健学専攻においては現代の医療ニーズに応えるとともに、将来の科学の進歩にも適応しうる柔軟な思考力と高度で幅広い知識を持つ保健医療人の養成、更に二十一世紀に知的リーダーシップを発揮できる看護・医療技術科学のサイエンティストの育成を図ることを目的としています。

21世紀をリードする医学、医療のスペシャリストを育てる

医学部には医学科と保健学科があります。医学科は、医学を学び、医師になる6年制コースで、保健学科は、看護学や放射線技術科学、検査技術科学を学び、看護師・保健師・助産師や診療放射線技師、臨床検査技師になる4年制コースになっています。

医学部は、ますます高度化・複雑化する医療を、チームで正確かつ適切に実施できる、優秀な医師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師等の医療専門職を育てます。また、医学部は、世界をリードする医学や保健・看護科学、医療技術科学分野の研究者を養成することも大切な使命の一つとなっています。

大阪大学が育てるよい医師は、患者さんの病状を的確につかんで、きちんと治療できる人材です。現在の医療はEBM(Evidence Based Medicine)といって、科学的に明確な根拠に基づいて医療行為を行うことが求められています。すなわち、基本的な知識と技術を身につけた医師を育てることが重要となります。医学科には、経験豊かな臨床医、世界的な医学研究者も数多く活躍しており、基礎的な知識だけでなく、最先端の知識や技術を習得できる体制が整っています。また、先端の医療行為を実践できる病院も充実しています。

医学科では国立大学としては初めての「医の倫理学」という講座を設けています。医師を育てる上で患者さんの心、医療の倫理について学ぶことは医学教育の最重要課題の一つである、と考える本医学科の姿勢を的確に表わしています。
大阪大学医学部から、「遺伝子医療」「再生医療」「ロボット医療」などの21世紀の医療を支えるスペシャリストが数多く誕生することが期待されています。

世界をリードする先端研究

医学系研究科は世界に誇る多くの研究成果と優れた研究者を輩出しています。教員1人当たりの文部科学省の科学研究費補助金や企業等からの受託研究、共同研究、奨学寄付金の受け入れをはじめ、教員1人当たりの論文発表数と世界的に著名な科学雑誌への論文掲載数は全国トップクラスにランクされています。また、文部科学省が21世紀の学術研究推進の拠点づくりのために設けたCOE(センター・オブ・エクセレンス・中核的研究拠点)には、現在3件の研究が採択されています。また、中期目標としてのプロジェクト研究等が推進されます。これらは最先端的な研究に取り組んでいる一つの証しでもあります。

医学部、医学系研究科の躍進には、大阪の経済・社会と密接な関係を持つことが重要となります。このため、本研究科で得られた研究や医療技術の開発とその成果の公開をなお一層進めていきます。

国際化への対応

本研究科では、免疫学、分子細胞生物学、分子遺伝学、感染症学、遺伝子治療学など、世界の最先端の研究内容を誇る学問分野が多数あり、多くの海外からの研究者の来訪、留学生の受け入れ、共同研究の推進が積極的に行われています。また、国際的な人的交流促進、特に海外からの共同研究者の受け入れを活性化し、学術交流や国際協力事業へ積極的参加を行います。