ご支援のお願い

医学伝習150周年記念事業ご寄付のお願い、ご寄附により設置された医学部独自の奨学金制度、医学系研究科・医学部へのご寄附について

ご寄付により設置された医学部独自の奨学金制度

医学部では海外との教育・研究交流に対し深いご理解のある個人や団体からのご寄附を基金とし、学生及び研究者の国際交流のために活用させていただいております。
その内容は留学生の奨学金から医学部・医学系研究科学生の海外での学会発表の旅費、若手研究者の海外研修の支援など多岐に渡っています。
学生や若手研究者が資金面の心配なく海外で研究に専念するということは簡単なことではありません。私どもはご寄附をくださる方々の、学生や研究者に世界で学ぶチャンスを与え、将来そこで学んだことを生かし、医学の発展に寄与してほしいという想いを汲み、いただいたご寄附を最大限生かしていく所存です。
ここに、個人や団体からの長年のご厚意に深く感謝の意を表し、ご寄附により設置された基金を紹介させていただきます。

第37代 医学系研究科長・医学部長 金田 安史

藤井医学国際交流基金

この基金は、一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会からのご寄附により昭和62年に設置されました。一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会は、故藤井節郎氏が生前なされた研究の成果から取得された特許によって得た基金を使用し、基礎のみならず臨床においても病態医科学の優れた研究の推進、特に若い世代の研究者への援助を念願し、創設されたものです。

「藤井医学国際交流基金」は、この志を受け継ぎ、発展途上国の大学から本学医学部に留学を希望する学生への奨学金として使用させていただいております。

新谷国際交流援助基金

この基金は、新谷太郎氏からのご寄附により平成4年に設立されました。医学部医学科の国際交流を推進し、常に新時代の医学研究者の育成に寄与することを目的としており、留学生の奨学金や医学部に所属する若手研究者の海外渡航に対する助成金として使用させていただいております。

  • 募集時期 毎年12月

岸本国際交流基金

この基金は、岸本忠三大阪大学名誉教授(元大阪大学総長/ 元医学部長)からのご寄附により平成10年に設立されました。医学部学生の国際交流を推進するとともに、国際性豊かな医師・医学者等の養成に寄与することを目的としており、医学部学生が諸外国の医療機関等で開催される研修、学会に参加するための支援に使用させていただいております。