組織

大学院医学系研究科、医学部、大学院医学系研究科・医学部附属病院イニシアティブの紹介

産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ

設置目的

大阪大学大学院医学系研究科及び医学部附属病院は、大学を起点とした健康医療分野のクロス(オープン)イノベーション実現を目指して、2015年12月1日に「産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ」を設置しました。

1.多様な企業・研究機関等との連携強化、事業化(オープンイノベーション)の加速
2.医療・健康分野の知財戦略、ベンチャー設立と運営の支援
3.科学的視点に立った政策の提言
4.行政との協働による社会的課題への挑戦
に取り組んでいます。

また、企業間・組織間の垣根を超えた業種横断型の新しいイノベーションの実現に向けて、「大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラムを開催し、多様な先進的企業・組織との包括的な連携を一層深化させ、組織・分野を越えたクロスイノベーションの実現、研究成果の国際的な事業化の加速等を通じて、健康・医療の革新に取り組むことを目的としております。

ディレクターからのメッセージ


ディレクター 澤 芳樹 教授

近年、再生医療や遺伝子治療、AIを活用した医療など、未来社会における健康・長寿を達成するための新しい医療への期待がますます高まっています。大阪大学では、こうした未来医療の実現に向けて、優れた基礎研究を医療として患者さんのもとに届けるための研究(トランスレーショナルリサーチ)を推進して参りました。その成果として、革新的な再生医療の製品や医療機器が薬事承認を取得するなど、現実の医療として患者さんの元に届き始めています。

知の宝庫である大学には、未来医療を創造する元となる研究成果が多く存在しており、産業界のリソースを積極的に取り入れて総力を結集し、オープンイノベーションで実用化を推進することが重要になっています。さらには、得られた成果を次世代の研究推進へと還元する好循環、エコシステムを形成することが必要です。そこで、2015年12月、大阪大学大学院医学系研究科と医学部附属病院が合同で産学連携・クロスイノベーションイニシアティブを設立しました。この設立に当たっては、新しい日本発の資本主義=「公益資本主義」の実践による地球益への貢献を目指し、内閣府本府の参与も務められ、公益資本主義の提唱者として世界中でご活躍のデフタパートナーズ代表の原丈人様にオープンイノベーションのあり方などをきめ細かくご指導、ご助言いただきました。お忙しい中、当時、関西経済同友会代表幹事や日本を代表する企業のトップにクロスイノベーション・プラットフォームの意義を説いていただき、その結果、絵に描いた餅ではない本物のしくみが出来上がることになりました。発足時からシンポジウムにおける基調講演や学生への講義、懇親等、現場レベルでも多大な貢献をいただきました。

従来の大学研究者と企業の産学連携は点と点を結ぶ線の繋がりでしかなく、おおきなイノベーションはなかなか生まれないのが現状でありました。すなわち大学や企業の従来の産学連携では、実用化が困難な健康・医療分野の研究成果を、革新的なイノベーションに繋げることは困難でありました。それを前述のオープンイノベーションである大学の知の集積の場を生かして、大阪大学医学部/附属病院と企業が従来のような点と点を結ぶ線の連携から、今回新たに3D包括的に連携すれば,そして大学と企業がWin-Winになるようなお互いのニーズやシーズに沿ったオープンイノベーションすなわち3Dクロスイノベーションという仕組みのイニシアテイブを作れば従来の産学連携では不可能であった大きなイノベーションが起こるのではないかと考えました。この達成による健康医療に関するイノベーション創成を目的に、多様な企業との連携、ベンチャーの設立や、知財戦略の支援を行うとともに、部局横断、異分野・異業種連携による共同研究講座の設立等、大学が基点となったクロスイノベーションの実現に向け健康医療クロスイノベーションイニシアテイブは、活動を開始しております。

健康医療分野への関心が高く意欲的な企業や団体との包括連携を既に開始しており、これまで既に、多様な製造業のみならず、金融、保険、創業、広告関連や、更には行政機関や経済団体、他大学等、内外企業・組織との協定締結と、招聘教員の受入による協働事業の企画立案に取り組んでいます。

今後も原代表の協力を得て健康・医療分野のイノベーション創出に向けて、これらの活動を一層邁進してまいります。関係各位のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

組織図

メンバー

ディレクター
澤芳樹 教授
サブディレクター
(兼)ベンチャー設立・運営支援室長
徳増有治 特任教授(常勤)
特別顧問
原丈人 招へい教授

オフィサー
彦惣俊吾 寄付講座准教授
オフィサー
真田昌爾 特任准教授(常勤)
オフィサー
浅野武夫 特任准教授
M/H知財戦略室長
永野志保 特任准教授(常勤)

オフィサー
岡田潔 講師
オフィサー
井上隆弘 特任講師(常勤)
柴田高(招へい教授)

オフィサー
スフォッグ・アルシャマリ (招へい准教授)

イベント案内

■平成30年6月27日(水) 「血管作動温熱治療学共同研究講座 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ キックオフセミナー」
~カイロ等の温熱技術を用いた末梢血行障害に対する新規治療法の確立とメカニズム解明~

開催趣旨:本講座は、閉塞性動脈硬化症・バージャー病・糖尿病・レイノー症候群等の四肢の血液の流れが悪くなる末梢血行障害について温熱による血管拡張作用について科学的にデータ検証を行い、末梢血行障害のメカニズム解明、ならびに「温熱メカニズム」による新規治療法の確立を行うとともに、増加の一途である閉塞性動脈硬化症への新たな治療方法、さらには高齢人口の増大と比例し増加する「手足の冷え」有訴者への対応等、サイエンスベースでのアプローチにより健康長寿の課題への貢献を目指すものです。
つきましては、本共同研究講座のキックオフセミナーを開催し、講座が目指すその研究目的や解決したい社会的な課題について、ご紹介をさせていただき、医学系研究科のみならず広く学内の様々な研究者との連携の契機となるような会にしたいと考えております。

■日 時:平成30年6月27日(水)18:00~19:30(受付開始17:30)
※終了後、情報交換会を開催します
■場 所:大阪大学 大学院生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室及びラウンジ
(大阪府吹田市山田丘1-3 大阪大学大学院生命機能研究科内 http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/jpn/general/suita.php)
■主 催:血管作動温熱治療学共同研究講座
■協 力:桐灰化学株式会社、小林製薬株式会社、呼吸器免疫内科、産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ
【お問い合わせ先】※事前予約は不要です※
大学院医学系研究科・医学部附属病院 産学連携クロスイノベーションイニシアティブ
06-6210-8204/office【at】cii.med.osaka-u.ac.jp

お知らせ

  • メディカル/ヘルスケア知財戦略室(=M/H知財かけこみ寺)
    メディカル/ヘルスケア知財戦略室では大学を起点とした健康医療のオープンイノベーションを推進するため、多様な企業・研究機関や学内外の関係組織と連携を強化しつつ、特許化・ライセンス等の知財戦略について皆さんと一緒に考え、知財戦略立案に必要な知識を共有してまいります。

主な活動実績(続きを読む)

【問い合わせ先】
大阪大学 大学院医学系研究科・医学部附属病院
産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ
Email:office[at]cii.med.osaka-u.ac.jp/Tel:06-6210-8204
(※メール送信時には【at】を@に置き換えてください)