寄附講座

重症心不全外科治療学

重症心不全の治療体系の構築を目指してー置換医療(人工心臓・心臓移植)、再生医療の連携ー
  • 移植医療を補完する補助人工心臓の永久使用(Destination therapy, DT)に関する研究
  • 移植までのブリッジを目的とした治療(Bridge to transplant, BTT)に関する研究
  • 人工心臓離脱(Bridge to recovery, BTR)に関する研究
  • 骨格筋芽細胞シート(ハートシート)を用いた重症心不全治療
  • iPS細胞を用いた重症心不全治療の実用化研究

 

重症心不全の治療戦略の構築

最近、重症心不全治療を取り巻く本邦の環境は目覚ましく発展し、補助人工心臓および心臓移植においては欧米のレベルに近づき、再生医療については世界で初めて心不全治療用の再生医療製品が保険償還され、重症心不全治療に寄与している。当教室は大阪大学心臓血管外科教室とコラボレーションし、様々の面で本邦の重症心不全治療に関与し、成果を上げてきた。すなわち、移植医療を補完する補助人工心臓の永久使用(Destination therapy)の治験に主導的立場で参加し、また、広報活動として、Destination Therapy(DT)研究会を大阪大学心臓血管外科教室と当教室が中心となって立ち上げ研究会を開催し、DT治療の必要性、今後の保険収載へのロードマップについて検討を繰り返してきた。今後もDT研究会が中心となり、DT治療の早期保険収載を目指す予定である。

虚血性心筋症に対する筋芽細胞シートを用いた再生医療は大阪大学心臓血管外科教室と当教室が中心となって薬事承認を得て、世界で初めて心不全治療用の再生医療等製品「ハートシート」が保険償還されるに至った。また、拡張型心筋症に対する筋芽細胞シートを用いた再生医療が現在、医師主導治験として当院で行われている。
このように、今後、本邦においても、DT治療の承認、再生医療の普及が進み、重症心不全領域における補助人工心臓の役割はさらに大きくなることが予想され、一般の内科的治療、外科的治療に加え、心臓移植、人工心臓、そして再生医療が連携した治療体系を構築することが重要と考えられる。

 しかし、重症心不全治療の全体を網羅し、連携した治療戦略の構築は未だ、発展途上であることから、引き続き、臓器移植、人工臓器、再生医療の基礎的・臨床的研究を行なうとともに、連携した形で、それぞれを臨床応用し、連携した治療体系を構築を目指す予定である。