ゲノム生物学

遺伝子学

プログラム細胞死〜そのメカニズム
  • アポトーシスの解析
  • 非アポトーシス型細胞死機構の解析
  • マウス個体内で起こるプログラム細胞死の解析

 

 

生理的細胞死と病理的細胞死のメカニズム

プログラム細胞死は、細胞自身に備わっている機構によって規定される自発的な細胞死であり、形態形成や組織の恒常性の維持など様々な生命現象に関わっています。この細胞死の制御機構が破綻すると、がん、梗塞、神経変性疾患など種々の疾患発生の原因になることから、細胞死機構の総合的な理解は基礎研究に留まらず医学の分野においても注目されています。私たちのグループは、先代の辻本賀英名誉教授の時代から、一貫して細胞死メカニズムの研究を行っています。

この分野の分子生物学的解析はアポトーシス研究として始まり、私たちのグループもその機構の理解に大きく貢献してきました。この研究の流れから、プログラム細胞死では、アポトーシスが主要な役割を担っていると思われてきましたが、近年になり、アポトーシスはプログラム細胞死機構の一つに過ぎないことが示唆され、非アポトーシス型細胞死が非常に注目され始めています。私たちのグループは、研究初期から、複数の非アポトーシス型細胞死機構(シクロフィリンD依存的ミトコンドリア膜透過性遷移現象が関わるネクローシス、Ca2+非依存的フォスフォリパーゼA2依存的細胞死やオートファジー依存的細胞死など)が存在することを示し、他のグループの解析結果と合わせて、細胞死研究は新しい発展の兆しを見せています。一方、細胞死制御破綻に起因する疾患は数多くありますが、どのような細胞死機構が関与しているのかについては情報が極めて乏しい状況です。アポトーシス研究の継続と他の細胞死機構の解明を遂行し、細胞の持つ死のメカニズムの全貌を明らかすることが、生理的細胞死と病理的細胞死を理解するために必要であると考えられます。当研究室では、分子細胞生物学的手法や生体工学的手法を駆使して、哺乳動物細胞が持つ細胞死機構の包括的な解明を目指しており、それぞれの生理的細胞死、病理的細胞死に、どのような細胞死機構が関与しているかを明らかにするとともに、疾患に関わる細胞死を人為的に制御する手法の開発を通して、新しい治療戦略の確立に貢献したいと考えています。