情報統合医学

医療情報学

医療データベースの構築から医療AIに向けて
  • 電子カルテから地域医療連携システムへ
  • 診療データの構造化とその応用
  • ICTによる多施設共同研究データの効率的収集
  • 医療データベースの解析による知識獲得
  • 臨床意思決定支援システム
教授 松村泰志
情報統合医学講座 医療情報学
当研究室は1987年に開設され、初代:井上通敏教授、二代:武田裕教授を経て、現在に至ります。当研究室の教官が附属病院医療情報部を併任し、阪大病院の情報システムを担当しています。また、ゲノム情報共同研究講座を立ち上げて、医療情報とバイオインフォマティクス(Bioinformatics)を連携させた、次世代の医学研究基盤の構築を目指しています。

電子カルテ等からの医療データベースの構築と、その解析による知識獲得、さらに臨床意思決定支援システムの構築に向けて

医療情報学は、ICTを活用し、医学・医療に対して情報学的にアプローチする学問領域です。

これまでは、紙で管理されていた情報を、いかにしてコンピュータ管理に置き換えていくかがテーマでしたが、今日では、この目標は、ほぼ達成されました。医療にシステムが導入されることで、業務が効率化され、医療スタッフ間での診療情報の共有化が進み、チーム医療が推進され、医療安全にも寄与しています。

阪大病院では2010年に全ての診療データがコンピュータ管理となりましたが、これらのデータは分析用データベースに移し解析可能としています。現在、この蓄積されたデータを解析する方法で新たな知見を得ることにチャレンジしています。

電子カルテを利用して広く観察研究を実施し、患者の予後を予測し、予後規定因子を明らかにする研究、治療の有効性・安全性を評価する研究、データマイニング技術を応用しがんの早期発見方法を見出す研究、診断モデルを確立して診断過程を客観化し、診断支援システムを構築する研究、ゲノム情報と連携し精密医療への道筋を作る研究、深層学習等を応用した画像の自動診断研究など、多くのテーマがあります。

こうしたデータ解析を目的とした場合、データ収集方法にも新たな課題が生まれます。多施設から統一化されたデータを収集する方法、一人の患者を長期に追跡できる方法が必要です。また、フリーテキストで記載されがちな記録をテンプレート入力や自然言語解析で構造化する技術が必須となります。臨床データと画像データやゲノム解析データと連結したデータ解析研究の基盤となるデータベースの構築が求められます。当研究室では、こうした技術の開発に注力しながら、他の研究室との共同研究で、データ解析を中心とする個々の医学的な研究テーマにも取り組んでいます。

こうしたデータ解析が進み、新たな有用な知識が得られるようになりますと、これを、効果的に診療現場にフィードバックする方法が重要になってきます。コンピュータ処理して得られる知識の形は人が記憶するのは難しく、コンピュータがこれらの知識を、各患者に対する判断に利用する形になります。こうした臨床意思決定支援システムの開発も、将来の大きな研究テーマとなります。

これまでの四半期は紙の記録からデジタル化に向けた過程でした。これからの四半期は生成された医療ビッグデータを活用して、人工知能を現実の医療に適応させる過程になると考えています。

医療情報学の概念