内科学

血液・腫瘍内科学

現在の最高レベルの血液内科臨床を行い、その上で世界に通用する新たな治療を生み出す
  • 造血細胞移植療法を含む最高レベルの血液内科臨床の実践
  • 日本の血液内科学を担う次世代の若手臨床医、研究者の育成
  • 世界に通用するレベルの高い血液内科学研究
    1.様々な血液疾患の病態解明のための基盤的研究
    2.基盤的研究により得られたシーズを応用したトランスレーショナルリサーチ
教授 保仙 直毅
内科学講座 血液・腫瘍内科学
白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの血液がん、および発作性夜間血色素尿症・特発性血小板減少性紫斑病などの良性血液疾患の臨床・研究・教育を行っています。現在の最高の血液内科臨床を提供することはもちろん、世界に通用する新たな血液疾患の治療を開発することを目指して努力しています。

血液疾患の病態解明のための基盤的研究とそれにより得られたシーズを応用したトランスレーショナルリサーチ

当研究室では造血幹細胞移植を含めたあらゆる血液疾患臨床を実践することはもちろん、それだけでなく世界で通用する新たな血液疾患の治療を行うための基盤的研究をおこなっております。

基盤的研究の主なグループは以下の様です。

1. 血液がんに対する新たな細胞遺伝子治療・免疫療法の開発:

我々は血液がんに特異的に発現する細胞表面抗原を同定し、それを標的としたCAR-T細胞療法を開発することを一貫して行っており、その成果の一つである多発性骨髄腫に対する新規CAR-T細胞は企業による治験が間もなく行われます。今後は、免疫学のメッカである阪大で生み出された様々な新知見を応用した新規細胞遺伝子治療・免疫療法の開発も目指しています。

2. リンパ球研究グループ:

骨髄間質細胞は種々のサイトカインを分泌するとともに細胞表面上に種々の接着分子やマトリックス構成分子を発現することにより、リンパ球前駆細胞に分化・増殖のシグナルを与えるだけでなく、骨髄での定着あるいは分化に伴う移動を調節しています。私達は骨髄間質細胞によるリンパ球調節機構の破綻が一部の免疫不全症や自己免疫疾患の一因となると考えており、骨髄間質細胞により産生されるリンパ球制御分子を多数同定してきました。現在それらの分子の機能解析を進めています。

3. 造血幹細胞研究グループ:

造血幹細胞は、自己を複製しながら生涯にわたって血液細胞を供給する能力を持っています。臨床医療では、血液の難病に対する移植治療の根幹を支えている重要な細胞です。私達の研究グループは、造血幹細胞を生体外で増幅して移植治療や再生医療に役立てること、造血幹細胞に人為的な操作を加えることによって血液の難病に対する新しい治療の開発に役立てることを最終目標として、その生理的な性質の解析に取り組んでいます。

4. アナモルシン研究グループ:

アナモルシンは、細胞死の誘導に抵抗性を示す腫瘍細胞から、私達が発見した新規分子です。アナモルシンを欠損したマウスを作製したところ、顕著な貧血と造血不全によって胎生期に死亡したことから、血液細胞の発生・増殖・分化にアナモルシンが大きく関与していることが明らかになりました。現在、アナモルシンと強調して機能する蛋白質も同定しており、それらの作用機序を分子レベルで精緻に解析しています。

5. 造血幹細胞移植研究グループ:

白血病をはじめとする血液悪性疾患や骨髄不全に対して、年間25-30例の造血細胞移植を行いながら、その治療成績の向上の為の研究を進めています。最近では、移植前後の腸内細菌叢の解析を通じて、移植におけるリスク因子の探索を試みています。

6. 赤血球研究グループ:

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)は、GPIアンカー型タンパク質異常を伴う造血幹細胞に起因した疾患です。私たちはその原因遺伝子(PIGA、PIGT)を、木下タロウ博士(大阪大学微生物病研究所)らとの共同研究により明らかにし、さらに異常幹細胞のクローン性拡大の機序についても解析中です。PNHに加え、寒冷凝集素症、自己免疫性溶血性貧血に対する新規治療薬の開発と不応例の解析にも取り組んでいます。

7. 血小板研究グループ:

血小板の異常症(量的異常、質的異常)の研究に関しては、日本を代表する研究室であると自負しています。現在も、多くの大学や病院から血小板異常症に関しての解析を依頼されています。血小板膜蛋白GPIIb-IIIa(インテグリンαIIbβ3とも呼ばれています)を中心に、血小板活性化の分子機構や自己免疫性血小板減少症(ITP)の病態を研究しています。また、本邦におけるITP診療のガイドライン作成2019年版を主導しました。