共同研究講座

先進心血管再生医学

難治性循環器疾患の病態解明、新規治療法創出および創薬等に利用可能な基盤技術の開発
  • 難治性心疾患の発症機構の解明と創薬
  • バイオペースメーカの開発
  • 3次元臓器様心筋組織の構築
  • 自律神経機能制御を標的とした心疾患治療法の開発
  • 幹細胞を用いた循環器研究・様々なシグナルの心不全の病態への関与

疾患特異的iPS細胞を用いた難治性心疾患発症機構の解明・創薬とバイオペースメーカから3次元心臓構築まで革新的心臓再生治療法の開発

当研究室では、循環器領域の再生医学研究に加え、発生学・分子生物学・生理学・薬理学等の手法を駆使して、心臓の発生・老化・心不全・虚血・不整脈に関する幅広いテーマに取り組んでいます。

iPS細胞などの細胞ソースから機能的再生心筋組織の構築を行い、心臓再生治療の可能性を探究しています。電気生理学的手法(Ca・電位感受性色素を用いたライブセルイメージング法や細胞外電位マッピング法など)を用いて、再生組織のin vitro(試験管内)機能解析を行うとともに、分子生物学および免疫組織学などの手法を用いて遺伝子・蛋白発現および形態解析を行い、理想的な再生心筋組織の作成方法の開発を行っています。

また、疾患特異的iPS細胞の研究として、遺伝性心筋症などの難治性心疾患患者からiPS細胞を樹立し、分化誘導して得られた心筋細胞の特性を調べることにより、疾患の発症機構解明および創薬等新規治療法の開発を行っています。

洞機能(どうきのう)不全症候群や完全房室ブロックなどの重篤な徐脈性不整脈の新規治療法として臨床応用を目指しin vitro でのiPS細胞由来心筋細胞の房室ブロックへの電気刺激伝達効果の解析を進め、さらに病体モデル動物の作成によりin vivo(生体内)での検証に向けて研究を行っています。また有効的な治療法の開発のためにiPS細胞由来バイオペースメーカの作製を進めています。

心臓における自律神経機能制御を標的とした新規心不全・不整脈治療の開発も当科臨床不整脈グループと協力し、病態心における自律神経の形態の検証のため、免疫染色法を基に新規手法の開発を行い神経支配の特性と病態応答や薬剤応答の検証をしています。心筋の傷害ストレスに対する神経の受容とシグナル応答の形態的メカニズムを明らかにし、細胞間相互作用を介した機能的連関に及ぼす作用と機序を解析し神経支配のメカニズムを研究しています。

また狭義の再生医学研究に加え、分化誘導因子であるwnt(ウィント)シグナルの循環器疾患・老化・炎症等における役割の解明も行っています。