特別協力講座

病院薬剤学

「病院薬剤学」の立場から「臨床薬物学」を探求する
  • 抗がん剤の新規血中濃度測定法の開発による薬物動態解析とその臨床的意義の検証
  • 薬物動態関連遺伝子の臨床ゲノム薬理学研究
  • 薬物相互作用による副作用発現リスクの検証
  • 高品質な新規院内製剤の開発
  • 分子標的薬の耐性獲得機序の解明

薬学研究科との強固な連携により高い専門性を構築し、薬物動態・薬物相互作用・薬力学・ゲノム薬理学の成果を臨床に還元する

「臨床薬物学」とは、医学における「臨床薬理学」に対応する薬学の専門領域であり、薬物動態・薬物相互作用・薬力学を薬物側から探求する学問と定義されています。

大阪大学医学部附属病院内にある薬剤部は、医薬品を介して薬物治療を支える重要な業務を分担しており、その管理や供給、人体への適用からその効果の評価、副作用の問題に至るまで、医薬品の臨床使用の段階にかかわりを持っており、医療の現場に直接接する薬剤部は「臨床薬物学」の実践の場でもあり、研究材料の宝庫でもあります。そのため「病院薬剤学教室」が医学系研究科の特別協力講座として病院薬剤部内に設置され、臨床現場の症例研究や医薬情報学的研究を通じて、薬物療法の適正化を目指した研究を実施しています。

「臨床薬物学」の探求のためには基盤となる専門性を有する薬学研究科との強固な連携が欠かせません。そこで、本学薬学研究科の基幹分野である「先進医薬学分野/Pharm.Dコース (大阪大学)」や附属実践薬学教育研究センター内に設置された「Pharm.D教育推進ユニット 先進臨床薬理学研究プロジェクト」、さらには協力講座である「臨床薬物学講座 病院薬剤学分野」との研究技術や研究課題の共有を図り、薬物療法の個別適正化を目指しています。

現在、多くの診療科から協力を頂き、貴重な臨床検体を用いて薬物動態解析やゲノム薬理学解析による薬物投与設計を通じ、薬物療法の効果の最大化と安全性の確保を図っています。研究内容に興味のある学生は大歓迎です、いつでも研究室にきてください。