外科学

乳腺・内分泌外科学

乳がん個別化医療を目指した分子診断法の開発と実用化の推進
    • 遺伝子発現プロファイルやコピー数変異等に基づく予後及び薬剤感受性予測モデルを開発する
    • 次世代シークエンサーを用いて高感度の血中循環腫瘍DNA検出法を開発する
    • センチネルリンパ節転移の分子診断法(OSNA法)を改良し更なる精度の向上を図る
    • 新規の分子診断法の臨床的有用性を臨床試験・治験で検証する
    • 薬剤耐性(ホルモン療法、抗HER2療法)に関与する遺伝子を同定し耐性克服薬の開発を目指す
教授 野口眞三郎
外科学講座 乳腺・内分泌外科学
乳腺内分泌外科の前身は大阪大学微生物病研究所附属病院の外科(初代:芝茂教授、2代:田口鐡男教授)です。1993年、阪大病院と微研病院の統合・合併に伴い腫瘍外科学研究部(3代:高井新一郎教授)と名称変更されました。1998年に4代:野口眞三郎教授が着任し現在に至ります。

最先端のゲノム解析法を駆使した乳がん予後・薬剤感受性等の高精度分子診断法の開発を通した乳がん個別化医療の推進

当研究室では、女性で最も罹患率の高いがんである乳がん(新規発生数:約90,000例/年)の診療と研究を行っています。それぞれの乳がん患者さんに最適の医療を提供するため(個別化医療の実現)には、個々の乳がんの生物学的特性を正確に診断し得る分子診断法の開発が必須であるとの信念の下、当研究室では、以前より以下に述べるように新規の分子診断法の開発に取り組んでいます。

個々の乳がん患者さんの再発リスクに基づいた適切な補助化学療法を施行するためには予後を正確に予測できる診断法の開発が不可欠です。私たちは、乳がん組織における95個の遺伝子発現プロファイル解析に基づく予後予測法として95-Gene Classifierを開発し実用化しました(商品名:Curebest 95GC Breast(シスメックス社))[1,2]。本診断法によって再発の高リスク群と低リスク群を区別することができます(乳がん診療ガイドライン2015)。21GC(Oncotype DX)との併用により予後予測精度を更に向上することが可能です。

また、従来乳がんの化学療法の効果を高精度に予測法する方法が存在せず、そのため不適切な化学療法が頻繁に実施されてきました。そこで、私たちは、乳がん組織の23個の免疫関連の遺伝子発現プロファイル解析に基づく化学療法の効果予測法(IRSN23、特願14182820.2)を開発しました[3]。本法によって、特に術前化学療法無効症例を高精度に診断することが可能となりました。次に、私たちは、再発のモニタリングに有用な高感度腫瘍マーカーの開発に取り組み、循環腫瘍DNA(circulating tumor DNA:ctDNA)の高感度検出法としてOne-Step Methylation Specific PCR法を開発しました[4,5]。また、現在、次世代シークエンサーを用いたより精度と感度の高いctDNA検出法の開発に加え、ホルモン療法/抗HER2療法耐性機構の解明やOSNA法の改良にも取り組んでいます。

以上の研究成果を発展させるべく、現在、これらの新規分子診断法の臨床的有用性を評価する前向きの臨床試験を実施あるいは計画しています。今後も当研究室は、臨床と研究の両面で日本をリードする乳腺外科学教室としてさらに発展すべく、研究員一同日々研鑽を重ねて参ります。

【文献】

1.Naoi et al. Breast Cancer Res Treat 128: 633-641, 2011.
2.Oshima et al. Cancer Lett 307: 149-157, 2013.
3.Sota et al. Ann Oncol 25: 100-106, 2014.
4.Yamamoto et al. Breast Cancer Res Treat 132: 165-173, 2012.
5.Takahashi et al. Clinical Breast Cancer 17(1):61-69, 2016.