学部・研究科紹介

未来の医療を切り開く最先端の医学を見つめる。

研究科長挨拶

第37代医学系研究科・医学部長 金田 安史

医学系研究科長 医学部長
金田 安史

大阪大学医学部は1931年に帝国大学として創立されて以来、着実に発展を遂げております。その中で医学系研究科教員は学部教育と大学院教育に携わり、数多くの優秀な医療人や医学・生命科学研究者の育成に尽力してまいりました。医学系研究科・医学部が目指しているのは、医療と医学研究を推進する優秀な人材を輩出し、永く医学の歴史に貢献することです。そのためには、今後も継続して時代を先取りした教育研究活動を展開し、次世代を担う人材の育成に邁進せねばなりません。とりわけ研究力の充実は、教育を支え、人材を育成する基礎となる最重要課題です。

では医学系研究科での研究の独創性とは何か?それは生命の不思議さや疾患がおこる巧妙な仕組みに素朴な知的好奇心を持ち、そのことをさまざまな実験系を用いて証明することです。しかしそれにとどまることなく、細胞や動物で得られた結果をもとに、倫理的な規制に則って、ヒトでの実証を行うことです。すなわち臨床サンプルを用いた検証や患者さんを対象とした臨床研究や治験での検証が極めて重要なのです。そしてその結果として、得られた研究成果が疾患の診断や治療に応用され多くの患者さんが救われれば、私たちは初めて報われます。私はこれを生命科学の行き着く最高到達点だと認識しています。

医学系研究科は多くの専門分野の集合体であり、その特長は専門性と多様性です。研究はそれぞれの分野で始まりますが、その発展とともに、同じ分野の複数の講座を巻き込み、さらには分野を超えた共同研究へと拡大していきます。場合によっては、部局間の共同研究に発展する場合もあります。これによって生命の全体像に迫ることができるのです。

各講座の研究内容は、各講座が独自の考えに基づいて推進しています。研究科長として、独創的な研究を育て、評価し、それに尽力する研究者を支援する環境を研究科全体に構築し、アカデミックな雰囲気の醸成に最善を尽くす所存です。