大阪大学大学院医学系研究科・医学部

ENGLISH

公開講座

研究科主催セミナー

現在、研究科主催セミナーはありません。

研究科主催セミナー歴

公開講座・セミナー

第376回 大阪大学臨床栄養研究会(CNC)

日時 平成29年4月10日(月)18:00~
会場 最先端医療イノベーションセンター棟1階マルチメディアホール
テーマ 腸内フローラと慢性便秘症
講師 京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学 准教授
京都府立医科大学附属病院 内視鏡・超音波診療部 部長
内藤裕二先生


便秘とは排便回数の減少、排便の困難さ、硬い便、不完全な排便の感覚、腹痛、腹部膨満感などを呈する状態とされている。国民の30%が罹患しているとされ、若年女性、中年男性での罹患率が高く、重要な問題となりつつある。にも関わらず正しい病態理解に基づいた適切な治療が行われていないことも多く、良好な医師―患者関係が築きにくい疾患でもある。さらには、慢性便秘症によりリスクが増加する疾患群として、多発性硬化症、パーキンソン病、慢性腎疾患、虚血性心疾患があり、適切な便秘治療が重要である。特殊なタイプの便秘を除き、多くの症例は腸管拡張を伴わない機能性便秘と考えられ、食を含むライフスタイルの改善が重要であり、若年女性の強固な便秘には長期の治療が必要なことが多い。ブリストル便性状スコアによって評価した便性状と腸内フローラの関連が報告されている。それによると、下痢の程度が進むにつれて腸内フローラの多様性が低下し、その種類も変化する。特に、ブリストル便性状スコア1の硬い便による重度の便秘患者では、プレボテラ属が多い2型(P型)の人はほとんどなく、さらにアッカーマンシア菌やメタン産生菌の菌量が低下する。上皮機能変容薬とも呼ばれるルビプロストンは、小腸の腸管内腔側に存在するClC-2クロライドチャネルを活性化し、腸管内に水分分泌を促進し便秘治療に有効である。さらに上皮の粘液分泌にも影響し、結果的に粘膜関連腸内細菌叢に影響を与えることなど、上皮細胞間タイトジャンクション機能を強化することなども見いだされ、特に高齢者の慢性機能性便秘には頻用されつつある。本セミナーでは、無菌で生まれたヒトの腸内フローラはどのように決まり、どのように変化・改善するのかについて最近の情報を提供し、栄養学的アプローチの重要性についても考えたい。
世話人: 消化器外科Ⅰ 森 正樹
E-mail: mmori@gesurg.med.osaka-u.ac.jp


                                                                           
次回、377回CNCは、井上 善文先生のお世話で平成29年5月8日(月)開催予定です。



第12回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー

日時 平成29年4月24日(月)18:00~19:00
場所 最先端医療イノベーションセンター棟1F マルチメディアホール


第12回 最先端医療イノベーションセンター定例セミナー
日時:2017年4月24日(月)18時00分~19時00分
場所:最先端医療イノベーションセンター棟1F マルチメディアホール

演題・発表者:
「臨床現場における活性型ビタミンDのpleiotropic作用の検証」
濱野 高行 寄附講座准教授(腎疾患統合医療学寄附講座)

[要旨] 活性型ビタミンDの腎保護作用、抗菌作用、抗癌作用、免疫作用、心血管系
への作用などの非ミネラル作用が動物実験では数多く報告されてきたが、これが
臨床現場で本当に観察できなければ、臨床医としては絵に描いた餅である。Alfacalcidolやmaxacalcitolなどcalcitriolに比し血清Ca濃度上昇作用が弱いアナログが臨床応用されてかなりの時間が経過した。
我々のデータも含めビタミンDアナログの非ミネラル作用のデータを公開する。

「活性型ビタミンD3誘導体研究を通じた骨粗鬆症治療薬の創製と分子作用機序解析」
小野 芳幸 氏 (中外製薬株式会社 研究本部)

[要旨] 活性型ビタミンD3はカルシウム代謝、骨代謝、分化誘導、免疫調節作用など多彩な作用を発揮する生理活性物質である。我々は活性型ビタミンD3誘導体研究に取り組み、新規骨粗鬆症治療薬を創製した。発表者は化学の分野で本研究に従事し、誘導体の設計・合成に関与してきた。創薬化学の観点より、本創薬研究の概要について報告する。併せて、分子レベルの視点から観た、本薬剤のユニークな作用機序について紹介する。

座長: 猪阪 善隆 教授(腎臓内科学)
※事前申し込みは不要です。


                                                                          
CoMITの定例セミナーは、センター参画各プロジェクトの研究内容の発信を目的として、
約2ヵ月に1回のペースで開催しています。

お問合せ先:最先端医療イノベーションセンター事務室
TEL:06-6210-8201
i-sentaninobe@office.osaka-u.ac.jp




第375回 大阪大学臨床栄養研究会(CNC)

日時 平成29年3月13日(月)18:00~
会場 大阪大学医学部 講義棟2階B講堂
テーマ 栄養と腸内フローラが織りなす腸管免疫環境の構築と健康科学への展開
講師 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 國澤 純先生


近年、アレルギーや生活習慣病との関連も含め、健康維持・増進を担う最重要キーワードとして「腸内環境」が注目されている。食事は栄養素だけではなく、様々な含有成分や代謝物を供給することで生体応答の制御に関わる。さらには数百、数千種類とも言われる腸内細菌も栄養素の供給や食事の代謝に関わる。一方、宿主側の観点で眺めてみると、腸管は消化組織としてだけではなく、最も多くの免疫担当細胞を有する体内最大の免疫臓器である。腸管免疫は免疫本来の機能である異物を認識し排除するだけではなく、有益な異物に対しては積極的に無視や寛容を誘導することで、食事の取り込みや腸内細菌の共存を可能にしている。最近の研究から、腸管の免疫は生体内の免疫、さらには免疫以外の生体応答にも関わることが示されてきている。すなわち腸内環境を介した生体応答を考える際には、腸管免疫と腸内細菌、食事の三者間相互作用が一つの鍵になると言える。
これまでも腸内環境の重要性は広く認識されていたものの、それらを構成する因子が複雑多岐に渡るため、その実体については長い間不明であった。しかしながら近年、次世代シークエンサーを用いた腸内細菌叢の遺伝子レベルでの解析やメタボローム解析による代謝物の測定が可能になってきたこと、さらには免疫学的観点からの腸管免疫のユニーク性が解き明かされてきたこともあり、腸内環境の詳細が明らかになりつつある。本講演では脂質やビタミンといった食事や腸内細菌を介した免疫制御に関する基礎研究の成果とその知見を応用した機能性食品やワクチン開発、創薬などへの応用的展開、さらには医薬健栄研において取り組んでいる健常人を対象としたコホート研究を活用した健康科学に関する研究について、最新の知見も含め紹介したい。

世話人:生体情報科学  木原 進士
E-mail:skihara@sahs.med.osaka-u.ac.jp