大阪大学大学院医学系研究科・医学部

ENGLISH

研究科長挨拶

澤 芳樹
医学系研究科長 医学部長

金田安史
澤 芳樹
医学系研究科長 医学部長

大阪大学大学院医学系研究科/医学部は1838年に緒方洪庵によって大阪の地に開かれた適塾にその源流を求めることができます。緒方洪庵は当時流行した天然痘を制圧するため種痘を普及させるべく身を挺し、西洋医学の導入に人生を捧げました。この洪庵の精神を受け継ぎ、我々は今Innovation, Translation, Globalizationをキーワードに明日の未来医療を支える新しい医療人の人材育成と基礎医学の発展を推進しております。このため課題ごとに医学部から附属病院、そして関係する他部局、他機関にまでつながる包括的な横断組織として3つのイニシアティブを整備しました。国際交流推進のためのグローバルヘルス・イニシアティブ、産学連携推進のための産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ、ヒトゲノム解析研究のビックデータの臨床応用を目指すバイオインフォマティクスイニシアティブです。また、医学部教育、修士課程、博士課程のいずれにおいてもProfessionalismとGlobalismを養う教育改革を行っております。研究については、新しく大阪大学で発見、開発された先進医療をイノベーションに結びつけるために、附属病院と連携の上、新たな展開を進めており、今後も日本のトップランナーとして大きな成果を活かし、トランスレーショナルリサーチによる先進医療を推進していきたいと考えております。我々は、これまでの先達の努力や伝統文化を重んじつつ、今後50年100年と「地域に生き世界に伸び」ていくために、実学を重んじ自由闊達な学風と未来を見通す先見性をもって、「Challenging, SustainableそしてToughな大阪大学医学系研究科/医学部」のさらなる発展に取り組んでいきたいと考えております。