大阪大学大学院医学系研究科 生体統御医学講座 麻酔集中治療医学教室

  • TOP
  • 麻酔学講座
  • 関連施設
  • 研究生・学生の方へ
  • 各種マニュアル
  • リンク集
  • 各種マニュアル
    大阪大学大学院医学系研究科 麻酔集中治療医学講座 TOP>各種マニュアル>LaTexの解説>2. LaTeXで論文を書こう>IV.PS fontsを用いた組版について

    LaTexの解説

    2. LaTeXで論文を書こう

    IV. PS fontsを用いた組版について

    LaTexの解説

    IV. PS fontsを用いた組版について

     LaTeX2εではfont selection systemとしてNFSS (New Font Selection Scheme) Ver2 を採用しており,PS fontsにも柔軟に対応できるようになっています.
    PS fontsを使用するにはpsnfssパッケージが必要です.
    もちろんPS fontsで組版したものを出力するにはPS fontsが必要であることはいう もでもありません.PS printerがなくても英文であればGhostscript-font-4.0という フリーのPS fontsがありますから,ghostscriptとこのフォントを組み合わせて使用す ればPS printerがなくとも美しいPS fontsが利用できます.
    これらのdownloadは こちらから.
    なお,PS fontsを使用する場合には使用するドライバーについて注意が必要です. これについてはドライバー の項目を参照して下さい.

    IV-1. psnfssのインストール

      psnfssパッケージをインストールします.またpsnfssを展開してできたディレクトリ にlw35nfss.zipというファイルができますから,これもunzipで展開して下さい. 展開するとfontsとtexという二つのディレクトリができますから,tex/latex/psnfss ディレクトリ内のファイルをTEXINPUTSのパスの通ったところに置きます.また, fontsディレクトリ内にtfmとvfディレクトリができていますからftm/adobe以下を $TEXMF/fonts/以下の適当なところにおくようにして下さい.

    IV-2. PS fontsでの組版方法

     psnfssパッケージがインストールできたら,実際に組版をしてみます.
    list 1

    \usepackage{times}
    これでデフォルトの文字がtimesになります.またcourierを使用したければ \fontfamily{pcr} \selectfontとしてやればcourierになります. 詳しい指定方法は,日本語 LaTeX2εブック : 中野 賢[著]を参照して下さい.

    IV-3. PS fontsで組版した時のプレビューについて

     PS fontsで組版した時に問題となるのはプレビューをどうするかです.通常のcomputer modernで組版したのであれば簡単にxdviなどのプレビューアでみることができますが,xdviはPS fontsには対応していません.かといっていちいちdvipsなどでPS fileにして,ghostviewなどでプレビューしていたのでは手間です.
    最初は,困っていましたが,fj.comp.texhaxでgsftopkというソフトでPS fontsに相当するpk fileを作ってプレビューすればよいと教えて頂きました.
    現在これはpreviewerであるxdvik-22.2.tar.gzに含まれていますのでこれを利用すればよいでしょう. なお,最近ではTxfontなど種々のPS fontが使用できる環境が整ってきています.これらについては 奥村先生のサイトなどから辿って情報を得て下さい.