大阪大学大学院医学系研究科 生体統御医学講座 麻酔集中治療医学教室

  • TOP
  • 麻酔学講座
  • 関連施設
  • 研究生・学生の方へ
  • 各種マニュアル
  • リンク集
  • 麻酔学講座
    大阪大学大学院医学系研究科 麻酔集中治療医学講座 TOP麻酔学講座麻酔科の臨床研究>超音波ガイド傍脊椎ブロック施行時の・・・

    超音波ガイド傍脊椎ブロック施行時の穿刺針先端圧測定

    1. 研究の目的および概要;

    本研究の目的は超音波ガイド傍脊椎ブロックを行う際に、針先の圧変化がブロック成功の指標となりうるかを検証することである。そのため傍脊椎ブロックを施行する際に穿刺針と圧ラインモニターを接続し、圧測定を行いながら傍脊椎ブロックを行う。超音波画像上針の先端が肋間筋内に位置している時点での圧と、肋間筋を超えて傍脊椎腔に到達した時点の圧を記録し、両者の統計学有意差を証明することで圧変化がブロックの指標となりうることを示す。

    2. 研究責任者名・所属;

    興津 賢太 大阪大学医学系研究科 麻酔・集中医学教室 助教
    連絡先電話番号 06-6879-3133

    3. 研究実施予定期間;

    2016年2月10日~2017年3月31日