研修について

医学生・研修医の皆さんへ

 内分泌・代謝内科が対象とする疾患は、糖尿病、肥満症、高脂血症等の代謝疾患や下垂体、副腎、甲状腺、骨粗鬆症等の内分泌疾患など、全身におよびます。また、内分泌・代謝疾患は、動脈硬化症をはじめ、他臓器の重要な疾患の原因になることも少なくありません。それは、内分泌や代謝といった生命現象が、生体の恒常性維持に重要な役割を担っているからです。内科の臓器別診療がすすむ中、内分泌・代謝内科医は、こうした生命のしくみをふまえて全身を診る目が必要とされ、他臓器の疾患を未病にとどめる重要な責務も担います。一人一人の患者さんの、一生を考えた医療に携わることが多いのも当科の特徴です。

 将来、内分泌・代謝内科領域の専門医になることを考えている皆さんはもちろん、内科の中での専門領域をまだ決めかねている皆さんも、ぜひ一度当科にアクセスして、ご相談ください。皆さんのご希望や、適正に応じた研修コースを提案できるものと思います。

後期研修のご案内

 2018年度から開始された新内科専門医制度において、内科専門医は2年間の初期臨床研修の後、3年間の研修を通して育成されます。そして内科サブスペシャルティー領域の専門医を取得するには、本制度における「内科専門医」の資格を取得することが必須となります。阪大病院内科系科は、基幹施設として「大阪大学医学部附属病院内科専門研修プログラム」を用意するとともに、大阪府下および阪神地区の21の基幹施設プログラムに連携施設として登録し、「内科専門医」を育成しています。その中で当科は糖尿病・内分泌・代謝疾患領域の研修教育を行っていますが、さらに本領域のサブスペ重点コースを担当しています。当科で取得可能なサブスペシャルティー専門医は、糖尿病専門医、内分泌代謝科専門医の他、肥満症専門医、動脈硬化専門医、甲状腺専門医です。将来、糖尿病・内分泌・代謝領域を専門とすることを考えている医学生、初期研修医の方々は、先ずは下記までご連絡ください。皆さんの目的、希望に沿ったプログラム選択のご相談をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

問い合わせ窓口:kensyu(at)endmet.med.osaka-u.ac.jp
((at)をアットマーク@として送信して下さい。)
大阪大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科 研修担当

2018年6月2日 大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学/大阪大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科 平成30年度 医局・研修説明会のご案内

大学院のご案内

 内分泌・代謝内科学教室は臨床系の教室ですが、大学院出願資格に関しては、必ずしも医学部出身、医師国家試験合格者である必要はありません。現在、他学部卒業生および他大学修士課程卒業生も大学院生(博士課程)として多数在籍し、研究に取り組んでいます。 詳しい研究内容や、出願方法については、下記のリンクをクリックしてください。

■大阪大学医学系研究科医学部 大学院の出願方法

研究グループ紹介

内分泌・代謝内科第1研究室
内分泌・代謝内科第2研究室
内分泌・代謝内科第3研究室
内分泌・代謝内科第4研究室