第2研究室

ごあいさつ

第二研究室 第2研究室のホームページへようこそ。 私たちの研究室では、臨床と研究にバランスのとれたよき医師となることを目標に研鑽を重ねています。別の言葉でいうなら、「リサーチマインドを持った臨床家」「臨床家の視点を持った研究者」が私たちの目標とする医師です。

 臨床系の教室に属していますから、臨床のできる医師を育成することが求められることは言うまでもありません。では、「臨床のできる医師」とはどのような医師でしょうか。私たちが考える「臨床のできる医師」とは、 hospitalityと広い学識、それに加えて深い専門性をあわせもった医師のことです。内科学も専門分化がすすみ、ともすると血糖値、ホルモンの数値のみを追うのが糖尿病専門医、内分泌代謝科専門医となりかねません。しかし、それは患者さんの求める医師像ではないと思います。また、皆さんが考える理想の医師もそのような医師ではないと思います。たとえ内科とは関係のない症状・疾患でも、hospitalityをもって患者さんの訴えに耳を傾け、共感し、その上で適切な診療科を紹介することは、内科医にもできることだと思います。また、内科の疾患であれば、患者さんの病歴をきちんととることができ、身体所見をとることができ、一般検査所見をよむことができれば、およそ確からしい診断に近づくことは専門外でも可能だと思います。これが私たちの考える「hospitalityと広い学識をもった医師」像です。

 もちろん、糖尿病や内分泌代謝疾患については、最新の治療を提供できるように日々研鑽を積む必要があります。ある専門分野については世界一の医師になることが目標と言えるでしょう。「深い専門性をもった医師」とはそのような医師だと思います。そして、このような医師こそが患者さんの求める医師であり、私たちが目指す医師だと思っています。

 では、研究のできる医師とはどのような医師でしょうか。臨床系教室に属している私たちの行うべき研究は、成果を患者さんに還元することのできる研究だと思います。つまり、自分の研究分野においては、常に「未来の患者さん」を見通して研究することが求められると思いますし、未来の患者さんを治すことができる医師が優れた研究者・研究医だと考えています。実際、私たちの研究室ではそのような研究がずっと行われてきています。「臨床の場で発見した疑問点を、研究により解明し、さらにその成果を患者さんに還元する」のが私ども研究室の伝統であり、新しい病気・病態の発見や原因遺伝子の同定がなされています。(研究内容紹介の項参照)

 もちろんこのような医師は一朝一夕にできるものではありませんし、一人の指導者がいればいいというものでもないと思います。OBも含めた研究室先輩の先生方が積み上げてきた良き伝統の元で、育まれるものだと思います。 あなたも、私たちと一緒に自分の目指す医療を、臨床に研究に、追求してみませんか。このホームページではそんな私たちの研究室を紹介しています。

ページトップ ▲

研究内容紹介

当研究室のバックボーン

 「臨床の場で発見した疑問点を、研究により解明し、さらにその成果を患者さんに還元する」のが私ども研究室の伝統であり、新しい病気・病態の発見や原因遺伝子の同定がなされています。これらの成果は世界的な評価を得て、今日では教科書にも記載されています。その例として、垂井病(グリコーゲン病VII型)の発見(Tarui S, et al. BBRC 1965)、自己免疫性甲状腺炎におけるHLAクラスII抗原発現の発見(Hanafusa T, et al. Lancet 1983)、筋原性高尿酸血症の確立(Mineo I, et al. N Engl J Med 1987)、コルチゾール過敏症候群の発見(Iida S, et al. JCEM 1990)、MODY1, MODY3, MODY5原因遺伝子の同定(Yamagata K. Nature 1996, Yamagata K. Nature 1996, Horikawa Y, Yamagata K, et al. Nature Genet 1997)、劇症1型糖尿病の発見(Imagawa A, et al. N Eng; J Med 2000)、NIDDM1遺伝子の解明(Horikawa Y, et al. Nature Genet 2000)などが挙げられます。現在、研究室のメインテーマは糖尿病で、特に1型糖尿病と2型糖尿病の成因を解明し、その成果を応用した根本的な糖尿病治療法の開発を究極の目標として診療および研究を進めています。

ページトップ ▲

メンバー紹介

小澤 純二
寄附講座准教授
(糖尿病病態医療学寄附講座)
平成9年卒
略歴:平成9年大阪大学医学部卒。阪大病院、国家公務員共済組合連合会大手前病院にて一般内科研修。平成13年大阪大学大学院医学系研究科へ進学。膵β細胞再生に関する研究で学位を取得。平成17年に市立池田病院内科勤務。平成18年から大阪大学医学部附属病院内分泌・代謝内科病棟にて診療、臨床研究等に従事。平成24年4月から総合地域医療学寄附講座助教、平成26年4月から内分泌・代謝内科学助教、平成28年4月から同医学部講師。平成31年4月から糖尿病病態医療学寄附講座准教授。

資格:日本内科学会認定医、日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本内分泌学会専門医・指導医

ひとこと: 伝統有る当研究室で臨床研究、基礎研究に頑張ってみませんか?臨床では数多くの貴重な症例を実際に担当することで効率よく専門性を高めていくことが可能です。専門医として市中病院で活躍したい先生方にもきっと有意義な時間になると信じています。
福井 健司
医学部講師
平成9年卒
略歴:平成9年大阪大学医学部卒。阪大病院および住友病院で一般内科研修後、平成12年大阪大学大学院医学系研究科へ進学。転写因子による膵β細胞機能の調節についての研究にて学位取得。学位取得後はひきつづき内分泌・代謝内科にて臨床および研究に従事。平成22年6月より米国ハーバード大学ジョスリン糖尿病センターへ留学、神経細胞におけるインスリンシグナルに関する研究を行い、平成24年11月帰国、特任研究員。平成26年4月から総合地域医療学寄附講座助教。

ひとこと:最先端の医療、最新の知識を身近に触れることの出来る環境で、エキサイティングな日々を過ごさせてもらっています。
徳永 あゆみ
特任助教
(中央クオリティマネジメント部)
平成13年卒
略歴:2001年 大阪大学医学部医学科卒業
2001~2002年 大阪大学医学部附属病院内科で研修
2002~2004年 市立吹田市民病院内科で研修
2004年 帰局(大阪大学大学院医学系研究科入学)
2009年 大学院卒業後、内分泌代謝内科研究生
2015年 大阪大学医学部附属病院中央クオリティマネジメント部特任助教

資格:医学博士、日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医、日本糖尿病学会糖尿病専門医

医療安全部門である中央クオリティマネジメント部でも活動しています。安全だけにとどまらず、医療の質を追求すべく、内科領域における慢性疾患管理への適切なアプローチをテーマに、教育・臨床・研究業務を行っています。
木村 武量
医学部講師
平成17年卒
略歴:平成17年 大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部付属病院
市立豊中病院
市立吹田市民病院 を経る。

資格:日本内科学会認定内科医、JMECCインストラクター、臨床研修指導医、日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本救急医学会ACLSインストラクター
藤田 有可里
助教(総合地域医療学寄附講座)
平成16年卒
略歴:平成16年3月 徳島大学医学部卒業
同6月りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 初期研修医
平成18年4月市立川西病院 内科
平成20年4月市立池田病院 内分泌・代謝内科
平成23年4月大阪大学医学部付属病院 内分泌・代謝内科
平成24年4月大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科 大学院
平成30年8月総合地域医療学寄附講座助教

資格:医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本内分泌学会専門医

ひとこと:現在は臨床と並行してヒトの膵島に関する研究を行っています。新しい知見を臨床でも活かしたいと思います。
藤田 真吾
特任助教
平成19年卒
略歴:平成19年3月 宮崎医科大学医学部医学科卒業
H19年4月~20年3月 市立川西病院(研修医)
H20年4月~21年3月 大阪大学医学部附属病院(研修医)
H21年4月~24年6月 市立池田病院
H24年7月~26年3月 兵庫県立西宮病院
H26年4月~30年3月 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(大学院生)
H30年4月~ 医員

資格:日本内科学会認定内科医

ひとこと:平成26年から大学という恵まれた環境で勉強させて頂いております。これまで臨床の中で感じていた疑問を、多くの先生方と話し合いながら一つ一つきちんと解明していくことができ、本当にありがたく思っております。今後は自分が得た物を出来る限り患者さんにも還元していくことができるような研究をしていきたいと考えております。これからもご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
馬殿 恵
特任助教(未来医療開発部)
平成19年卒
略歴:H19年 大阪大学医学部医学科 卒業
H19年4月~H21年3月 市立豊中病院 初期臨床研修
H21年4月~H24年3月 住友病院内分泌代謝内科
H24年4月~ 大阪大学医学部医学科内分泌代謝内科 大学院生
H28年9月~ 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(研究生)
H30年3月~米国ハーバード大学公衆衛生大学院栄養学部 博士研究員
R2年4月~ 大阪大学医学部附属病院未来医療開発部 特任助教

専門医・資格等:医学博士、日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本医師会認定産業医

ひとこと:食事や運動、睡眠などの生活習慣と糖尿病発症リスクの関連に着目し、糖尿病患者さんのQOLの向上および糖尿病診療の発展を目指して診療、研究を行っています。また、未来医療開発部として臨床試験の推進にも携わっております。
南茂 隆生
特任研究員
(糖尿病病態医療学寄附講座)
平成6年卒
略歴:平成6年 広島大学医学部医学科 卒業
平成6年6月~平成9年5月 国立呉病院内科(臨床研修医)
平成9年6月~平成17年3月 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(研究生・医員)
平成17年4月~平成18年5月 市立池田病院
平成18年6月~平成19年8月 大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学(研究生)
平成19年9月~平成22年4月 バルセロナ大学医学部 ポスドク
平成22年5月~令和2年4月 国立国際医療研究センター研究所 糖尿病研究センター 代謝疾患研究部

資格:医学博士、日本内科学会認定医

ひとこと:12年以上の研究生活の後、帰局をお許し頂きました。この間、新しい技術を学ぶ中で、沢山の先達がいかに偉大な代謝疾患研究を紡いで来られたか実感の連続でもありました。臨床も研究も、特に若い先生方には今後ますます楽しみな分野となって行くに違いないと思っています。
石橋 千咲
医員
平成20年卒
略歴:H20年3月 大阪大学医学部医学科 卒業
H20年4月~H24年3月 国家公務員共済組合連合会大手前病院
H24年4月~H25年3月 市立豊中病院内分泌代謝内科
H25年4月~H26年3月 大阪大学医学部附属病院 内分泌・代謝内科(病棟勤務)
H26年4月~H31年3月 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(大学院生)
H31年4月~ 大阪大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌・代謝内科(病棟勤務)

資格:医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医

ひとこと:大学という恵まれた環境で多くのことを吸収していきたいと思っています。
元田 沙織
医員
平成21年卒
  略歴:H21年 大阪大学医学部医学科 卒業
H21年4月〜H24年3月 住友病院 臨床研修
H24年4月〜H25年6月 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科
H25年7月〜H27年3月 大阪中央病院
H27年4月〜 大阪大学医学部医学科内分泌代謝内科 大学院生

資格:日本内科学会認定医、日本糖尿病学会糖尿病専門医

ひとこと:元々人のためになる仕事をしたかったので臨床医を目指しましたが、研究の世界も覗いてみたいなと思い現在大学院生として研究室に在籍しています。少しでも実臨床、患者さんのために役立つような研究ができたらと思います。
小澤 栄稔
医員
平成23年卒
  略歴:H23年3月 大阪大学医学部医学科 卒業
H23年4月~H25年3月 市立池田病院 (初期臨床研修)
H25年4月~H28年3月 市立池田病院 内分泌代謝内科
H28年4月~H29年3月 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科(病棟勤務)
H29年4月~ 大阪大学医学部医学科内分泌代謝内科 大学院生

資格:日本内科学会認定医、日本糖尿病学会糖尿病専門医

ひとこと:患者さんと話しながら、治療・サポートしていけるよう、尽力して参りました。ここで研究の世界も学びたいと思い、大学院に入学しました。糖尿病のさらなる病態解明に向け、一歩ずつ進んでいけたらと考えています。
堀井 知美
大学院生
平成21年卒
  略歴:平成21年3月 大阪医科大学医学部 卒業
平成21年4月〜平成23年3月 大阪大学医学部附属病院 臨床研修
平成25年4月〜平成28年3月 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科
平成28年4月〜平成30年3月 市立吹田市民病院内科
平成30年4月〜平成31年3月 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科
平成31年4月〜 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科 大学院生

資格:日本内科学会認定医

ひとこと:膵組織を用いた研究を通して糖尿病診療に役立つ知見を得られるよう、励みたいと思います。
焦 裕之
大学院生
平成24年卒
  略歴:平成24年3月 近畿大学医学部 卒業
平成24年4月 NTT西日本大阪病院(初期研修医)
平成26年4月 NTT西日本大阪病院(後期研修医)
平成29年4月 大阪大学医学部附属病院 内分泌代謝内科 大学院生

資格:日本内科学会認定医

ひとこと:臨床医としてNTT西日本大阪病院で5年間研修させて頂き、学んだ事柄の原点である研究活動やその思考プロセスに触れ、吸収したいと思い、大学へ参りました。将来、臨床医として活躍できるよう、日々邁進していく所存です。これからも御指導御鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
高山 理佐
大学院生
平成25年卒
  略歴:
H25~H30年 住友病院 初期研修、後期研修
H30年~大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 大学院生

資格:日本内科学会認定医

ひとこと:臨床で学んだことを活かして研究に取り組んで参りたいと存じます。
川田 哲史
大学院生
平成26年卒
  略歴:
2014年3月 和歌山県立医科大学医学部 卒業
2014年4月~2015年3月 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 初期研修医
2015年4月~2016年3月 大阪大学医学部付属病院 初期研修医
2016年4月~2019年3月 国家公務員共済組合連合会 大手前病院 後期研修医
2019年4月~大阪大学医学部医学科内分泌代謝内科 大学院生

資格:日本内科学会認定医

ひとこと:臨床で感じた疑問点を研究で一つでも解決し、実臨床に活かせるように頑張っていきます。
仁木 暁子
大学院生
平成26年卒
   略歴:
H26年4月~H31年3月 市立池田病院 初期・後期研修
H31年4月~R2年3月 大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 大学院生(病棟勤務)
R2年4月~ 大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 大学院生

資格:認定内科医

一言:4月より研究室配属となり臨床研究を勉強させて頂いております。多くのことを学ばせて頂き今後の臨床に生かせるよう、励みたいと思っております。
米田 祥
特任講師
平成18年卒
略歴:平成18年3月 大分大学医学部医学科卒業   
平成18年4月~20年3月 多根総合病院(研修医)   
平成20年4月~21年3月 国家公務員共済組合連合会大手前病院     
平成21年4月~22年3月 大阪大学医学部附属病院 
平成22年4月~26年3月 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(大学院生)
平成26年4月~28年12月 大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学(研究生)
平成29年1月~平成30年7月 大阪大学大学院医学系研究科 総合地域医療学寄附講座 助教
平成30年8月~ 大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 特任講師

資格:医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医・研修指導医

ひとこと:これまで1型糖尿病、2型糖尿病の研究で培ってきた経験・知識を、臨床の現場で少しでも多く還元したいと思います。

ページトップ ▲

連絡先

小澤純二(こざわじゅんじ)第2研究室 チーフ
〒565-0871 吹田市山田丘2-2-B5
Tel:06-6879-3732 Fax:06-6879-3739

ページトップ ▲