第3研究室

ごあいさつ

ようこそ、第3研究室へ!

「第3研究室の目指すところ」

第三研究室メンバー 血糖が高いだけ、血圧が高いだけ、中性脂肪が高いだけ、HDL-コレステロールが低いだけなど、これらのパラメーターが異常を示していても「死」には直結しません。どうしてでしょうか?それは、これらをベースとして動脈硬化症が惹起され進展することで、最終的には「死」に至ります。そしてこれらの異常は、主として肥満とくに内臓脂肪蓄積に基づくものです。私達は、「内臓脂肪と動脈硬化症」をkey wordに研究を進め、内臓脂肪と動脈硬化症を直接繋ぐ分子「アディポネクチン」を発見し、ヒトにおける意義そしてその機能解析を世界に先駆けて行ってきました。

 臨床内科教室に属する当研究室は人に還元できる医学・医療を目指しております。その中でも、メタボリックシンドローム、動脈硬化症、2型糖尿病といった「生活習慣病」をターゲットとし、新しい診断方法・治療法の開発・発展や広い予防医学に寄与したいと考えております。科学の進歩に伴い基礎的な研究が重視される風潮にあります。しかしながら、私達は、研究者である前に、医療従事者として、医師として、患者さんの立場に立って考え判断できるチームでありたいと思います。
「健康に貢献する臨床研究」「夢のある基礎研究」を目指し、研鑽を積み重ねています。

「温故知新」

 当研究室の源流は1970年代にまで遡ることができます。垂井清一郎教授時代に循環器研究室と脂質研究室とが統合され、「循環器・脂質研究室」が発足しました。日本で最も早くから肥満の研究を始めており、「肥満外来」を創設し多数の肥満症例の解析を始めていました(肥満外来は西川光夫教授の時代から始めており、慶応大学に継いで2番目だそうです。)。松澤佑次らは、CTによりヒト脂肪組織分布と病態の関連を1980年代に明らかにし、「内臓脂肪型肥満」、「内臓脂肪症候群」という病態を世界に先駆けて提唱しました。この病態概念が、今日の「メタボリックシンドローム」に繋がるようになりました。

 1990年代の松澤佑次教授時代には、「内臓脂肪型肥満」の病態形成に分子基盤を見出す目的で、大阪大学細胞工学研究センターとの共同研究のもと、脂肪組織の蓄積部位別大規模発現遺伝子解析を行いました。その結果、従来エネルギーを蓄えているだけの組織と考えられていた脂肪組織が「アディポネクチン」をはじめとする「多彩な分泌蛋白遺伝子」を発現している巨大な「内分泌臓器」であるという新知見を得ました。このような脂肪細胞分泌因子を「アディポサイトカイン」と総称し、内臓脂肪蓄積時に生じる病態形成の分子基盤としてアディポサイトカインの分泌異常の存在を明らかにしました。

 1997年 未来開拓研究に採択され、ヒト脂肪組織から発見した新規分子「アディポネクチン」「アクアポリン・アディポース」などに関して、基礎的・臨床的研究成果を発表し、「内臓脂肪の分子機構」として2001年ベルツ賞を受賞するに至りました。

 2002年4月からは、船橋徹をグループリーダーとした「アディポサイエンス研究室」が独立・誕生しました。メタボリックシンドロームの病態解明には、脂肪細胞(Adipocytes)科学(Science)することが必須であることから、「Adiposcience」という名称にしました。2003年から5年間、特定領域研究「アディポミクス、脂肪細胞の機能世界と破綻病態の解析」に採択され、さらなる研究を行うことが出来ました。

 そして、2009年4月からは、大阪大学内分泌・代謝内科学「第3研究室」として新たな一歩を歩み出しています。

 近年の動静として、2010年3月小村徳幸が平成21年度博士課程優秀者に選ばれました。2010年7月からは研究室OBの大内乗有先生が名古屋大学大学院医学系研究科分子循環器学寄附講座教授として、同年8月からは木原進士先生が大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻生体情報科学講座教授でさらに研究を発展させておられます。
2010年10月、前田法一が日本肥満学会学術奨励賞を受賞しました。2011年4月、船橋徹が大阪大学大学院医学系研究科代謝血管学寄附講座教授に就任しました。2012年4月、前田法一が日本内分泌学会研究奨励賞を受賞しました。藤島裕也が2015年4月に第16回日本内分泌学会若手研究奨励賞を、同年8月に第19回アディポサイエンス・シンポジウム若手優秀研究奨励賞を受賞しました。2015年10月、西澤均が第36回日本肥満学会学術奨励賞を受賞しました。2016年1月に船橋徹先生がご退任され、現在は前田法一をグループリーダーとしてさらに発展をすすめています。

ページトップ ▲

研究内容紹介

1.アディポネクチン ~臨床研究~

 当研究室は、大塚製薬との共同研究によりアディポネクチンELISA測定法を早々に樹立しました。これまで様々な病態・疾患において血中アディポネクチン濃度を検討し、その臨床的意義を報告してきました。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるにもかかわらず、肥満で低下することが最大の特徴です。これまで、冠動脈疾患や2型糖尿病で血中アディポネクチン濃度が有意に低下していることを世界で初めて報告し、様々な疾患におけるアディポネクチンの臨床的意義を検討してきましたが、現在も同様に国内外問わず多施設との共同研究を進めております。また、薬剤が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響を臨床的にも検討しており、臨床医や製薬会社も興味の持たれている分野でもあります。さらに、最近アディポネクチン補体C1qと血中複合体を形成することをヒトにおいて明らかにし、ヒト病態において新たなバイオマーカーとしての研究もスタートしています。

2.アディポネクチン~基礎研究~

 アディポネクチン欠損マウスの病態解析を進めております。アディポネクチン欠損マウスは普通に飼育していても、野生型マウスと表現型はなんら変わりません。しかし、様々な負荷により野生型マウスに比してアディポネクチン欠損マウスは重篤な表現型を呈し、まさに「生活習慣病モデルマウス」であると考えております。本マウスを解析することで、アディポネクチンの本質に迫りたいと考えています。細胞実験ではアディポネクチンによる細胞内伝達機構や代謝的な細胞応答を検討しております。また、アディポネクチンを上昇させるような薬剤や分子は、メタボリックシンドロームの新たな治療展開に繋がるものと考えており、様々なアプローチによりそのような物質を探索しております。これまでに、低アディポネクチン血症改善剤として、チアゾリジン誘導体やフィブラートなどのPPARs agonist、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬などを報告してきました。また、アディポネクチンはこれまでの内分泌因子やサイトカインとは異なる特性を有しており、本分子の研究により「新しい内分泌学」を提唱したいと考えています。

3.内臓脂肪

 「内臓脂肪」をキーワードに様々な臨床研究を進めております。これまでに、簡便に内臓脂肪を測定できる機器の臨床応用を示しました。また数千人の内臓脂肪とメタボリックシンドロームとの関連性を解析しました。睡眠時無呼吸症候群との関連、冠動脈CTを用いた冠動脈病変や性状との関連、マイクロアレイを利用した末梢血発現遺伝子との関連、CTによる1万人の内臓脂肪面積解析など、大学のみならず多施設共同でも研究を推進しております。また、全身血管エコー」を大学の外来レベルで行い、頸動脈のみならず全身の動脈硬化病変の早期発見・早期治療を目指した実地臨床に基づいた研究を展開しております。蓄積した内臓脂肪を減少し効果的な予防医学に結びつけられるよう努めています。

4.脂肪細胞の分子生物学

 これまで、アディポネクチンと平行して「アクアポリン・アディポース(アクアポリン7)という脂肪細胞におけるグリセロールチャネルについても研究してきました。アクアポリン・アディポース欠損マウスの解析により、脂肪細胞由来グリセロールが糖新生基質の1つであること、本分子は肥満形成に重要な役割を果たすことを見出しました。アクアポリンノーベル化学賞を受賞した分子でもあり、私達の研究も世界的に評価されております。
 一方、アディポネクチン以外にも脂肪細胞は多彩な分泌蛋白を産生しております。このような蛋白の中には未だにその機能が不明なものも数多く存在しています。分泌蛋白は局所あるいは全身において何らかの生理作用を有している可能性があります。これら機能未知の蛋白・分子を脂肪細胞において解析することは、メタボリックシンドローム発症・進展における新たな分子基盤の発見に繋がり、臨床に応用することが可能となります。そのような視点で、脂肪細胞の解析を進めております。マイクロアレイを利用し、マウス脂肪組織とヒト末梢血における発現遺伝子プロファイルを比較解析することで、新たなターゲットを探索しています。例えばS100A8という新たなアディポサイトカインをマウスにおいて同定し、ヒトにおける病態意義を提唱しております。また、脂肪組織慢性炎症を助長するEphrin-B1や脂肪細胞過形成に関与するOip5といった、これまで肥満・動脈硬化分野で明らかにされていなかった分子の解析も進めております。さらに、近年肥満状態における脂肪組織ではマクロファージをはじめとする種々の免疫細胞が浸潤し、慢性炎症が生じていることが明らかになりつつあります。これはまさに動脈硬化病変と同じ現象であり、このような観点から、マクロファージをはじめとする免疫担当細胞に関する研究も行っております。さらには、尿酸をはじめとする様々なメタボライトがメタボリックシンドローム病態にどのような役割を果たすのかという新たな視点で解析を始めています。
 このように、ターゲットにしている臓器は、脂肪細胞に留まらず、血管、心臓、肝臓、骨格筋、腸管など広範囲に広がってきており、多臓器間ネットワークの破綻メタボリックシンドローム、動脈硬化症、2型糖尿病、慢性臓器障害の病態解明そしてこれらの基礎的研究を礎に、臨床への還元を目指しています。。

ページトップ ▲

メンバー紹介

前田 法一
Norikazu Maeda
寄附講座准教授
(代謝血管学寄附講座)
平成7年卒
医学博士
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、日本糖尿病学会専門医、日本肥満学会肥満症専門医・指導医、日本動脈硬化学会動脈硬化専門医・指導医
西澤 均
Hitoshi Nishizawa
講師
平成7年卒
医学博士
専門医他:日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本医師会認定産業医、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本肥満学会肥満症専門医・指導医
喜多 俊文
Shunbun Kita
寄附講座講師
(肥満脂肪病態学寄附講座)
医学博士
藤島 裕也
Yuya Fujishima
助教
平成18年卒
医学博士
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会内分泌代謝専門医、日本医師会認定産業医
福田 士郎
Shiro Fukuda
医員
平成19年卒
専門医他:日本内科学会認定内科医
長尾 博文
Hirofumi Nagao
医員
平成20年卒
医学博士
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医
田中 紀實
Yoshimitsu Tanaka
大学院生
平成19年卒
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医
増田 重樹
Shigeki Masuda
大学院生
平成20年卒
専門医他:日本内科学会認定内科医
小幡 佳也
Yoshinari Obata
大学院生
平成20年卒
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医
清水 有理
Yuri Shimizu
大学院生
平成23年卒
 
嶺尾 良平
Ryohei Mineo
大学院生
平成23年卒
中村 勇斗
Yuto Nakamura
研究生
 
佐藤 芙美
Fumi Sato
社会人大学院生
(大手前病院 循環器科)
平成14年卒
専門医他:日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医
村井 潤
Jun Murai
社会人大学院生
(川崎病院内科)
平成17年卒
 専門医他:日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医
南 美穂
Miho Minami
技術補佐員
 
西岡 清香
Sayaka Nishioka
事務補佐員
 

ページトップ ▲

連絡先

前田法一 まえだのりかず
TEL: 06-6879-3737

  第三研究室は、内分泌・代謝学的には2型糖尿病を、循環器学的には動脈硬化症を主たるテーマに、臨床研究および基礎研究を、新たな切り口で推進しています。内分泌・代謝学のみに終始せずに、新しい医学・医療を私達とともに創造してみませんか。第三研究室にご興味のある方は是非とも上記までご連絡下さい。


ページトップ ▲