業績

<第38回日本肥満学会年でYIAを受賞しました>
平成29年10月7日~8日にて開催されました第38回日本肥満学会(大阪)において、当科・Jihoon Shin、小幡佳也が若手研究奨励賞(YIA:Young Investigator Award)を受賞しました。

Jihoon Shin「脂肪細胞由来SDF-1はAutocrineに作用するインスリン非感受性因子である」(写真)
小幡佳也「アディポネクチンのT-カドヘリンを介したエクソソーム調節機構の解明」

<第60回日本糖尿病学会年次学術集会で学会賞、YIAを受賞しました>
平成29年5月18日~20日にて開催されました第60回日本糖尿病学会年次学術集会(名古屋)において、当科・河盛 段助教が学会賞「リリー賞」を、また当科所属の小幡佳也が若手研究奨励賞(YIA:Young Investigator Award)を受賞しました。

河盛 段「糖尿病におけるインスリン・グルカゴン分泌障害メカニズムの解明」(写真左)
小幡佳也「アディポネクチン/T-カドヘリンシステムは、エクソソーム合成促進を介して細胞内セラミド含量を低下させる」(写真右)

<第90回日本内分泌学会学術総会でEJ優秀論文賞、YIAを受賞しました>

平成29年4月20日~22日にて開催されました第90回日本内分泌学会学術総会(京都)において、当科同窓会員・兵庫県立西宮病院・沖田考平糖尿病・内分泌代謝内科部長が第16回EJ優秀論文賞を、また当科所属の小幡佳也が若手研究奨励賞(YIA:Young Investigator Award)を受賞しました。

小幡佳也「アディポネクチンはT-カドヘリンを介してエクソソーム合成を促進し、血中エクソソーム量を正に制御する」(写真左)
沖田考平「Homeostasis model assessment of insulin resistance for evaluating insulin sensitivity in patients with type 2 diabetes on insulin therapy」Endocr J. 2013; 60(3): 283-90.(写真右)

<第59回日本糖尿病学会年次学術集会でYIAを受賞しました>
平成28年5月19日~21日にて開催されました第59回日本糖尿病学会年次学術集会(京都)において、当科所属の佐々木周伍・長尾博文の2名が若手研究奨励賞(YIA:Young Investigator Award)を受賞しました。

佐々木周伍「β細胞新生には2つの異なる分化様式が存在する」(写真左)
長尾博文「肥満脂肪組織におけるin vivoメタボロミクス動態解析:グルタミン酸上昇とその病態学的意義」(写真右)

<第89回日本内分泌学会学術総会でYIAを受賞しました>
平成28年4月21日~23日にて開催されました第89回日本内分泌学会学術総会(京都)において、当科所属の長尾博文が若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。

長尾博文「肥満脂肪組織におけるin vivoメタボロミクス動態解析:グルタミン酸上昇とその病態学的意義」

<第58回日本糖尿病学会年次学術集会でYIAを受賞しました>
平成27年5月21日~24日にて開催されました第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)において、当科所属の小野寺俊晴が若手研究奨励賞(YIA:Young Investigator Award)を受賞しました。

小野寺俊晴「脂肪組織マクロファージはPPARγ陽性調節性T細胞(Treg)を誘導する」

<第88回日本内分泌学会学術総会でYIAを受賞しました>
平成27年4月23日~25日にて開催されました第88回日本内分泌学会学術総会(東京)において、当科所属の藤島裕也・佐々木周伍の2名がが若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。

藤島裕也「アディポネクチンのT-cadherinを介した心血管系組織集積と機能解析」(写真中)
佐々木周伍「GLP-1およびガストリンシグナルの活性化は外分泌細胞からβ細胞へのリプログラミングを誘導する」(写真左)

今後とも糖尿病、内分泌・代謝学の発展に向け一層努力する所存でありますので、何卒ご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

2016年 業績

受 賞

大月道夫
第26回日本ステロイドホルモン学会研究奨励賞
「グルココルチコイドの疾患および薬理学的意義の解明に関する研究」

藤島裕也
第37回日本肥満学会ビジョナリーアワード
「T-cadherinを介したアディポネクチンの組織集積と、その血管保護作用」

玉田大介
第26回日本間脳下垂体腫瘍学会研究奨励賞
「クッシング症候群術後甲状腺ホルモンの臨床的意義」

佐々木周伍
第6回日本糖尿病学会若手研究奨励賞(YIA)
「β細胞新生には2つの異なる分化様式が存在する」

長尾博文
第17回日本内分泌学会若手研究奨励賞(YIA)
「肥満脂肪組織におけるin vivo代謝動態解析:グルタミン酸上昇とその病態学的意義」
第6回日本糖尿病学会若手研究奨励賞(YIA)
「肥満脂肪組織におけるin vivoメタボロミクス動態解析:グルタミン酸上昇とその病態学的意義」


国際論文

Baden MY, Imagawa A, Iwahashi H, Shimomura I, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T. Risk factors for sudden death and cardiac arrest at the onset of fulminant type 1 diabetes mellitus. Diabetol Int. 2016;7:281-8.

Haseda F, Imagawa A, Nishikawa H, Mitsui S, Tsutsumi C, Fujisawa R, Sano H, Murase-Mishiba Y, Terasaki J, Sakaguchi S, Hanafusa T. Antibody to CMRF35-Like Molecule 2, CD300e A Novel Biomarker Detected in Patients with Fulminant Type 1 Diabetes. PLoS One. 2016;11:e0160576.

Inoue R, Sumitani M, Yasuda T, Tsuji M, Nakamura M, Shimomura I, Shibata M, Yamada Y. Independent Risk Factors for Positive and Negative Symptoms in Patients with Diabetic Polyneuropathy. J Pain Palliat Care Pharmacother. 2016;30:178-83.

Iwahashi H, Imagawa A. Type 2 diabetes mellitus prevention strategy: Target and goal in Japanese men. J Diabetes Investig. 2016;7:283-5.

Kaneto H, Obata A, Shimoda M, Kimura T, Hirukawa H, Okauchi S, Matsuoka TA, Kaku K. Promising Diabetes Therapy Based on the Molecular Mechanism for Glucose Toxicity: Usefulness of SGLT2 Inhibitors as well as Incretin-Related Drugs. Curr Med Chem. 2016;23:3044-51.

Katakami N. Utility of Carotid Wall Shear Stress as a Predictor of Coronary Atherosclerosis. J Atheroscler Thromb. 2016;23:290-1.

Kubo F, Miyatsuka T, Sasaki S, Takahara M, Yamamoto Y, Shimo N, Watada H, Kaneto H, Gannon M, Matsuoka TA, Shimomura I. Sustained expression of GLP-1 receptor differentially modulates beta-cell functions in diabetic and nondiabetic mice. Biochem Biophys Res Commun. 2016;471:68-74.

Kubo F, Takahara M, Yasuda T, Shimo N, Matsuoka TA, Shimomura I. A case of diabetic ketoacidosis after everolimus treatment. Acta Diabetol. 2016;53:861-2.

Maeda T, Date A, Watanabe M, Hidaka Y, Iwatani Y, Takano T. Optimization of Recovery and Analysis of RNA in Sorted Cells in mRNA Quantification After Fluorescence-activated Cell Sorting. Ann Clin Lab Sci. 2016;46:571-7.

Mita T, Katakami N, Shiraiwa T, Yoshii H, Onuma T, Kuribayashi N, Osonoi T, Kaneto H, Kosugi K, Umayahara Y, Yamamoto T, Matsumoto K, Yokoyama H, Tsugawa M, Gosho M, Shimomura I, Watada H. Sitagliptin Attenuates the Progression of Carotid Intima-Media Thickening in Insulin-Treated Patients With Type 2 Diabetes: The Sitagliptin Preventive Study of Intima-Media Thickness Evaluation (SPIKE): A Randomized Controlled Trial. Diabetes Care. 2016;39:455-64.

Mita T, Katakami N, Yoshii H, Onuma T, Kaneto H, Osonoi T, Shiraiwa T, Kosugi K, Umayahara Y, Yamamoto T, Yokoyama H, Kuribayashi N, Jinnouchi H, Gosho M, Shimomura I, Watada H. Alogliptin, a Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitor, Prevents the Progression of Carotid Atherosclerosis in Patients With Type 2 Diabetes: The Study of Preventive Effects of Alogliptin on Diabetic Atherosclerosis (SPEAD-A). Diabetes Care. 2016;39:139-48.

Miyata Y, Otsuki M, Kita S, Shimomura I. Identification of Mouse Mesenteric and Subcutaneous in vitro Adipogenic Cells. Sci Rep. 2016;6:21041.

Mukai K, Kitamura T, Tamada D, Murata M, Otsuki M, Shimomura I. Relationship of each anterior pituitary hormone deficiency to the size of non-functioning pituitary adenoma in the hospitalized patients. Endocr J. 2016;63:965-76.

Ninomiya H, Hirata A, Kozawa J, Nakata S, Kimura T, Kitamura T, Yasuda T, Otsuki M, Imagawa A, Kaneto H, Funahashi T, Shimomura I. Treatment of Mitochondrial Diabetes with a Peroxisome Proliferator-activated Receptor (PPAR)-gamma Agonist. Intern Med. 2016;55:1143-7.

Obata Y, Maeda N, Yamada Y, Yamamoto K, Nakamura S, Yamaoka M, Tanaka Y, Masuda S, Nagao H, Fukuda S, Fujishima Y, Kita S, Nishizawa H, Funahashi T, Matsubara KI, Matsuzawa Y, Shimomura I. Impact of visceral fat on gene expression profile in peripheral blood cells in obese Japanese subjects. Cardiovasc Diabetol. 2016;15:159.

Osawa S, Katakami N, Kuroda A, Takahara M, Sakamoto F, Kawamori D, Matsuoka T, Matsuhisa M, Shimomura I. Skin Autofluorescence is Associated with Early-stage Atherosclerosis in Patients with Type 1 Diabetes. J Atheroscler Thromb. 2016.

Osawa S, Kawamori D, Katakami N, Takahara M, Sakamoto F, Katsura T, Yasuda T, Kaneto H, Matsuhisa M, Matsuoka TA, Shimomura I. Significant elevation of serum dipeptidyl peptidase-4 activity in young-adult type 1 diabetes. Diabetes Res Clin Pract. 2016;113:135-42.

Otani T, Sawano H, Oyama K, Morita M, Natsukawa T, Kai T. Resistance to conventional cardiopulmonary resuscitation in witnessed out-of-hospital cardiac arrest patients with shockable initial cardiac rhythm. J Cardiol. 2016;68:161-7.

Otsuki M, Kitamura T, Tamada D, Tabuchi Y, Mukai K, Morita S, Kasayama S, Shimomura I, Koga M. Incompatibility between fasting and postprandial plasma glucose in patients with Cushing's syndrome. Endocr J. 2016;63:1017-23.

Tabuchi Y, Kitamura T, Fukuhara A, Mukai K, Onodera T, Miyata Y, Hamasaki T, Oshino S, Saitoh Y, Morii E, Otsuki M, Shimomura I. Nur77 gene expression levels were involved in different ACTH-secretion autonomy between Cushing's disease and subclinical Cushing's disease. Endocr J. 2016;63:545-54.

Tabuchi Y, Otsuki M, Kasayama S, Kosugi K, Hashimoto K, Yamamoto T, Tsugawa M, Mineo I, Yamada Y, Kurebayashi S, Ohashi M, Umayahara Y, Kouhara H, Nakamura T, Taki H, Matsuoka TA, Imagawa A, Funahashi T, Shimomura I. Clinical and endocrinological characteristics of adrenal incidentaloma in Osaka region, Japan. Endocr J. 2016;63:29-35.

Takahara M, Shiraiwa T, Katakami N, Matsuoka TA, Shimomura I. Preference in time of insulin injection in type 2 diabetic patients treated with once-daily long-acting insulin analog. Diabetes Obes Metab. 2016;18:1098-9.

Takahara M, Shiraiwa T, Abe K, Ishimaru Y, Iwamoto M, Shimizu M, Tomonaga O, Yokoyama H. Gender, age, and geographic variation in association of taste-related words with foods in diabetic patients in Japan: a multicenter study conducted in seven regions of Japan. Diabetol Int. 2016;7: 314-20.

Takahara M, Shiraiwa T, Ogawa N, Katakami N, Matsuoka TA and Shimomura I. Clinical backgrounds associated with discrepancy between subjective and objective assessments of medication adherence in Japanese type 2 diabetic patients. Diabetol Int. 2016;7:398-403.

Takano T. Pitfalls in molecular-based diagnosis using thyroid aspirates. Thyroid FNA cytology: Differential diagnoses & pitfalls. 2016;237-42.

Tamada D, Kitamura T, Otsuki M, Oshino S, Saitoh Y, Shimomura I. Clinical significance of screening for subclinical Cushing's disease in patients with pituitary tumors. Endocr J. 2016;63:47-52.

Yamamoto H, Kuroda N, Uekita H, Kochi I, Matsumoto A, Niinaga R, Funahashi T, Shimomura I, Kihara S. E-selectin ligand-1 (ESL-1) is a novel adiponectin binding protein on cell adhesion. Biochem Biophys Res Commun. 2016;470:425-30.

Yanase T, Tajima T, Katabami T, Iwasaki Y, Tanahashi Y, Sugawara A, Hasegawa T, Mune T, Oki Y, Nakagawa Y, Miyamura N, Shimizu C, Otsuki M, Nomura M, Akehi Y, Tanabe M, Kasayama S. Diagnosis and treatment of adrenal insufficiency including adrenal crisis: a Japan Endocrine Society clinical practice guideline [Opinion]. Endocr J. 2016;63:765-84.

Yasui J, Kawasaki E, Tanaka S, Awata T, Ikegami H, Imagawa A, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Yasuda K, Yasuda H, Hanafusa T, Kobayashi T. Clinical and Genetic Characteristics of Non-Insulin-Requiring Glutamic Acid Decarboxylase (GAD) Autoantibody-Positive Diabetes: A Nationwide Survey in Japan. PLoS One. 2016;11:e0155643.


国内論文

下村伊一郎:【体質から生活までを考える代謝内科学】 病態と発症機序を考える 内臓脂肪型肥満の病態と包括的治療を考える 日本内科学会雑誌 2016、105:391-5.

下村伊一郎:メタボリックシンドロームの病態 日本体質医学会雑誌 2016、78:127-30.

下村伊一郎:肥満症とメタボリックシンドローム 病態から治療・管理まで 肥満症の診断、病態と治療 日本内科学会雑誌 2016、105:1637-42.

宮田佑吾、下村伊一郎:ビタミンDと肥満・糖尿病:生活習慣病の研究開発へ向けた新技術 Clinical Calcium 2016、26:385-91.

今川彰久:糖尿病性ケトアシドーシス 今日の治療指針2016年度版 医学書院  2016、758-9.

今川 彰久、米田 祥:膵ランゲルハンス島の病理学 1型糖尿病の病理  糖尿病診療マスター 2016、14:160-2.

三柴 裕子、今川 彰久:1型糖尿病の基礎研究 1型糖尿病におけるグルカゴン分泌異常 Diabetes Frontier 2016、27:229-33.

弘田 弘子、堤 千春、木股宏恵、渡邉大督、忌部 尚、高本晋吾、柴崎早枝子、佐野寛行、大西峰樹、古川恵三、寺前純吾、今川彰久、坂根貞樹、花房俊昭:発症前に相対的高インスリン血症を伴う低血糖を認めた劇症1型糖尿病の1例 糖尿病 2016、59:210-7.

岩橋博見:日本人肥満2型糖尿病の病態ーインスリン分泌動態とインスリン抵抗性 月刊糖尿病 2016、8:20-7.

岩橋博見、下村伊一郎(企画編集):肥満を伴う2型糖尿病のマネジメント 月刊糖尿病 2016、8.

高野 徹:甲状腺癌の発生機序:芽細胞発癌の立場から Thyroid Cancer Explorer 2016、2:40-3.

高野 徹:みえてきた甲状腺癌の自然史と2種類の乳頭癌 日本甲状腺学会雑誌 2016、7:36-7.

高野 徹:甲状腺がんの過剰診断問題が鳴らす多段階発がんに基づいたがん診療への警鐘 臨床化学 2016、45:186-7.

上西珠実、畑 伸顕、松井昌彦、前田育宏、高野 徹、日高 洋:連続真空採血によるコンタミネーションの推定と生化学検査値への影響 日本臨床検査自動化学会会誌 2016、41:308-13.

大月道夫:CQ8 機能確認検査としてどの検査が最も推奨されるか 各論3 機能確認検査 わが国の原発性アルドステロン症の診療に関するコンセンサス・ステートメント 診断と治療社 2016、21

河内一恋、山本浩靖、上北宏美、下村伊一郎、木原進士:細胞接着に関わる新規アディポネクチン結合蛋白質E-selectin ligand-1の同定と解析 臨床病理 2016、64:8-30.

前田法一、下村伊一郎:アディポサイトカインのフロンティア Diabetes Frontier 2016、27:315-24.

前田法一、下村伊一郎:肥満合併糖尿病の病態 糖尿病 2016、59:726-9.

前田法一、井上佳菜、藤島裕也:肥満2型糖尿病における抗糖尿病薬の使い方〜GLP-1受容体作動薬〜 月刊糖尿病 2016、8:53-61.

西澤 均:糖尿病合併高尿酸血症患者の治療のポイントを教えてください 尿酸と血糖 2016、2:110-1.

西澤 均:コントロールされている米国2型糖尿病患者におけるHbA1cの過剰検査と過剰治療の実態―observational population based study, 2001-13― 尿酸と血糖 2016、3:157-60.

長井直子、西澤 均、下村伊一郎:肥満症治療のための食事療法エビデンスと栄養指導の実際 医学のあゆみ 2016、259:1023-8.

片上直人:II. 糖尿病の病態を評価する 23. 糖尿病患者のリスク層別化に頸動脈エコーをどのように活かしたらよいか教えてください 心血管事故を予防するための糖尿病治療戦略 2016、83-6.

片上直人:糖尿病患者における脳血管障害、頸動脈疾患のマネジメント:糖尿病内科医の立場から 月刊糖尿病 2016、8:38-50.

片上直人:糖尿病合併症の遺伝素因 ~大血管症を中心に~ 糖尿病合併症 2016、30:188-91.

片上直人:2型糖尿病におけるリラグルチドの心血管アウトカム Diabetes Strategy 2016、6:34-35.

片上直人、下村伊一郎:SGLT2阻害薬と心血管イベント 内分泌・糖尿病・代謝内科 2016、42:288-92.

河盛 段:グルカゴン分泌調節機構とインスリン作用の意義 Glucagon Frontier 2016、1:1-4.

河盛 段:膵α細胞とグルカゴン発現・分泌調節機構 増刊号1「新時代の臨床糖尿病学(上)」 日本臨牀 2016、74(S1):126-30.

河盛 段:グルカゴン受容体標的薬 増刊号1「新時代の臨床糖尿病学(上)」 日本臨牀 2016、74(S1):614-7.

北村忠弘、内田大学、中塔辰明、河盛 段、三柴裕子:糖尿病治療における血糖管理とグルカゴンの役割を再考する(座談会) Medical View Point 2016、3/10:1-6.

Carolyn Canfield、徳永あゆみ(訳):特集:医療とレジリエンス・エンジニアリング Resilient Health Care through Patient Engagement(患者参加を通じたレジリエント・ヘルスケア) 医療の質・安全学会誌 2016、11:437-46.

山岡正弥、下村伊一郎:脂肪のなにが悪いの 糖尿病ケア 魔法の糖尿病患者説明シート 2016、96-9.

山岡正弥、下村伊一郎:糖尿病やメタボリックシンドロームにおけるアディポサイトカインの変化に関して教えてください 心血管事故を予防するための糖尿病治療戦略 2016、56-9.

山岡正弥、下村伊一郎:肥満度 (BMI)、内臓脂肪面積 (CT法・インピーダンス法) 別冊プラクティス 糖尿病を診るポケット検査事典 2016、124-7.

山岡正弥、下村伊一郎:内臓脂肪 内科 2016、118:649-53.

山岡正弥、下村伊一郎:内臓脂肪は脂質異常症に関与する? そうだったんだ!脂質異常症 2016、73-6.

山岡正弥、下村伊一郎:異所性脂肪に対する治療介入 Cardiac Practice 2016、27:273-7.

髙原充佳、下村伊一郎:肥満症 ガイドライン外来診療2016 日経メディカル開発 2016、185-90.

髙原充佳、松岡孝昭:糖尿病治療 薬物療法 速効型・超速効型インスリン 増刊号1「新時代の臨床糖尿病学(上)」 日本臨牀 2016、74(S1):568-72.

藤田有可里、今川彰久:1型糖尿病への対応 膵島関連自己抗体 いつ、どの抗体を測定すべきか? Medicina 2016、53:99-101.

藤島裕也:悪性腫瘍とアディポネクチン 尿酸と血糖 2016、7:14-7.

藤島裕也、前田法一、下村伊一郎:肥満と動脈硬化疾患 実験医学 2016、34:149-54.

大澤彩恵子、河盛 段:糖尿病治療薬~薬剤選択とその根拠~4.DPP-4 阻害薬 レジデント 2016、9-2:32-8.

佐々木周伍、松岡孝昭:β細胞の供給源としてのα細胞の役割 Islet Equality 2015、4:18-21.

佐々木周伍、宮塚 健:膵管, 膵腺房細胞から膵β細胞への分化 増刊号1「新時代の臨床糖尿病学(上)」 日本臨牀 2016、74(S1):57-61.

下 直樹、松岡孝昭:SGLT2阻害薬 膵β細胞保護の観点からの有用性 糖尿病 2016、59:635-7.

馬殿 恵、今川彰久:糖尿病の診断とライフステージに応じた診療 1型糖尿病の診断 診断と治療 2016、104(S):11-15.

馬殿 恵 今川彰久、花房俊昭:免疫チェックポイント阻害薬による1型糖尿病 Diabetes Journal: 糖尿病と代謝 2016、44:85-91.

馬殿 恵、今川彰久:1型糖尿病の診断 糖尿病治療の現在と未来 2016、104:11-5.

福田士郎、下村伊一郎:メタボリックシンドロームへの指導・管理 糖尿病 最新の治療 2016-2018 2016、:80-2.

細川吉弥、今川彰久:劇症1型糖尿病の疾患概念、成因、臨床的特徴 増刊号1「新時代の臨床糖尿病学(上)」 日本臨牀 2016、74(S1):308-13.

細川吉弥、今川彰久:1型糖尿病の診断基準(急性、SPIDDM、劇症を含む) 最新医学 別冊 診断と治療のABC 117 糖尿病 2016、61-8.

小野寺俊晴、福原淳範、下村伊一郎:脂肪組織Tregの特徴と役割 医学のあゆみ 2016、257:659-64.

小野寺俊晴、福原淳範、下村伊一郎:脂肪組織と制御性T細胞 最新医学 2016、71:2231-40.

二宮浩世、河盛 段:リキシセナチドとELIXA試験 ホルモンと臨床 2016、62:835-40.

ページトップ ▲