ホーム > 講座概要−教授挨拶

教授挨拶

教授 猪原秀典大阪大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室は、明治39年(1906年)大阪府立高等医学校に耳鼻咽喉科が創設されたことがその始まりであり、100年を超す長い歴史と伝統があります。この間、私どもの教室は国内有数の耳鼻咽喉科学教室として連綿と発展してきました。耳鼻咽喉科の診療領域は、めまい平衡、難聴、鼻・副鼻腔、頭頸部腫瘍、音声・嚥下など多岐にわたりますが、その多くの分野で日本をリードする人材を輩出してきました。

私は平成21年(2009年)に第8代教授に就任しました。教室名を旧来の耳鼻咽喉科学教室から耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室へと改称し、新たな発展のステージへと進むべく取り組んでいます。大学医学部そして大学病院の使命は、臨床、教育、研究です。私どもは臨床面において、めまい平衡、難聴、鼻・副鼻腔、頭頸部腫瘍、音声・嚥下の専門グループを擁し、それぞれの分野で極めて高度な医療を患者の皆様にご提供する環境を整えています。教育面では科学的思考のできる優れた臨床医を育成することを目指し、様々なプログラムを導入しています。研究面では、将来の臨床応用を目指して種々のトランスレーショナルリサーチに取り組んでおり、教室員の大学院への進学や留学を積極的に支援しています。こうした一連の取り組みを通して、本邦における次世代の耳鼻咽喉科・頭頸部外科学領域の医療・医学の発展を担う人材を育成することが、大阪大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室に課せられた責務と考えています。

私どもの教室は教室員が一丸となり、"変革と躍進"をキーワードに決して現状に甘んじることなく、よりよい医療と、その裏付けとなる優れた教育と研究を三位一体として構築するべく、常に前向きに取り組んでいきます。当科で治療を受けられる多くの患者の皆様に喜んでいただけること、そして多くの学生・研修医の諸君が私どもの教室の門戸を叩き、明日の耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の発展のため、ともに邁進する同志となってくれることを願って止みません。

大阪大学大学院医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
教授  猪原 秀典