大阪大学大学院医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

学生・研修医の方へ

大学院・留学について

大学病院での研修終了後、希望者は大学院へ入学することが出来ます。当科では臨床の知識・技術を獲得するのみでなく、医学を発展させるスキルを磨きながら専門分野を確立するために、研究を推奨しています。大学院では4つの研究グループのいずれかに所属し、場合によっては基礎の教室にて専門性の高い研究を行っています。

大学院について

大学院生
  • 岩橋 利彦(D4)
  • 出身大学
  • 近畿大学(平成17年卒)
  • 研究テーマ
  • 高速度撮影装置および電気声門図を用いた咳払い時における喉頭閉鎖運動の分析法の確立
  • 武田 和也(D4)
  • 出身大学
  • 徳島大学(平成17年卒)
  • 研究テーマ
  • 鼻茸組織由来組換えIgE抗体を用いた好酸球性副鼻腔炎のアレルゲン同定
  • 花田 有紀子(D4)
  • 出身大学
  • 大阪大学(平成19年卒)
  • 研究テーマ
  • 内耳に特異的に発現する遺伝子の研究
  • 奥村 朋子(D4)
  • 出身大学
  • 関西医科大学(平成21年卒)
  • 研究テーマ
  • 偏中心回転検査とVEMPを用いた耳石機能の研究
  • 宮部 淳二(D3)
  • 出身大学
  • 防衛医科大学校(平成16年卒)
  • 研究テーマ
  • 放射線治療抵抗性頭頸部癌に対する解糖系を標的とした新規治療法の開発
  • 頭頸部癌における18F-FDG PET画像より得られる腫瘍代謝容積(MTV)の検討
  • ホウ素中性子捕捉療法における新たなホウ素化合物の基礎的検討
  • 大薗 芳之(D3)
  • 出身大学
  • 大阪大学(平成21年卒)
  • 研究テーマ
  • 上皮機能、構造解析:特に多繊毛上皮機能、上皮細胞内極性に関して
  • 今井 隆介(D3)
  • 出身大学
  • 大阪大学(平成22年卒)
  • 研究テーマ
  • 中耳真珠腫の骨破壊機序の解明
  • 津田 武(D2)
  • 出身大学
  • 大阪医科大学(平成18年卒)
  • 研究テーマ
  • 好酸球性副鼻腔炎に対する抗Semaphorin4D抗体を用いた新規治療法の開発
  • Eosinophil derived neurotoxinによる鼻茸リモデリング機構の解明
  • 伊藤 理恵(D2)
  • 出身大学
  • 奈良県立医科大学(平成19年卒)
  • 研究テーマ
  • 頭頸部癌と遺伝子に関する研究
  • HPV感染レセプターの同定
  • 大畠 和也(D2)
  • 出身大学
  • 大阪大学(平成19年卒)
  • 研究テーマ
  • シスプラチンおよび騒音による内耳障害の研究 など
  • 岸川 敏博(D2)
  • 出身大学
  • 大阪大学(平成22年卒)
  • 研究テーマ
  • 遺伝統計学
  • HPV関連中咽頭癌とマイクロバイオーム
  • 馬谷 昌範(D1)
  • 出身大学
  • 近畿大学(平成17年卒)
  • 研究テーマ
  • 咳払い時における電気声門図の最大振動数を用いた咳払い効率の評価法の開発
  • 北村 公二(D1)
  • 出身大学
  • 広島大学(平成20年卒)
  • 研究テーマ
  • HPV関連中咽頭癌におけるE6/E7遺伝子の機能解析
  • K14-E7 TgマウスとPik3ca変異マウスを用いたHPV関連頭頸部癌モデルマウスの開発
  • 田中 秀憲(D1)
  • 出身大学
  • 奈良県立医科大学(平成20年卒)
  • 研究テーマ
  • HPV関連前癌病変とそのバイオマーカーの同定
  • HPV関連中咽頭癌の個別化治療にむけたct-DNAモニタリングの有効性について
  • 大矢 良平(D1)
  • 出身大学
  • 岡山大学(平成23年卒)
  • 研究テーマ
  • 骨格筋型ミオシン軽鎖キナーゼを標的とした新規筋弛緩薬、筋収縮薬の開発

留学について

留学先一覧

現在までの海外留学先は以下の通りです。

留学先 国名
Tumor Progression and Metastasis Program, Karmanos Cancer Institute, Wayne State University USA
Karmanos Cancer Institute, Wayne State University USA
Department of Neurology, Mount Sinai School of Medicine USA
Department of Molecular and Cellular Physiology, Stanford University School of Medicine USA
Howard Hughes Medical Institute and Laboratory of Sensory Neuroscience, The Rockefeller University USA
House Ear Institute USA
National Institute of Health USA
Human Otopathology Laboratory, Department of Otolaryngology, Massachusetts Eye and Ear Infirmary USA
Moores Cancer Centre, University of California San Diego USA
Department of Biology, Massachusetts Institute of Technology USA
Department of Otolaryngology, University of Pittsburgh School of Medicine USA
Rotman Research Institute, University of Toronto Canada
Department of Physiology, Freie Universitaet Berlin, Fachbereich Humanmedizin, Universitaetskinikum Benjamin Franklin Germany
Institute for Biomagnetism and Biosignalanalysis, University of Muenster Germany
Department of Otorhinolaryngology, Universitaetsklinikum Heidelberg Germany
Laboratoire de Neurobiologie des Reseaux Sensorimoteurs, Centre National de la Recherche Scientifique, Unite Mixte de Recherche, Universite Paris 5, Universitaire des Saints-Peres France
Department of Pharmacology and Toxicology, University of Otago Medical School New Zealand
平成28年~平成29年

福角 隆仁

  • 福角 隆仁
  • 出身大学
  • 大阪大学 平成16年卒
  • 留学先
  • University of California San Diego, Moores Cancer Cente
  • 研究テーマ
  • Notch signaling in head and neck squamous cell carcinoma
平成27年~平成28年

鎌倉 武史

  • 鎌倉 武史
  • 出身大学
  • 大阪大学 平成15年卒
  • 留学先
  • Human Otopathology Laboratory, Dept. of Otolaryngology,
    Massachusetts Eye and Ear Infirmary
    Dept. of Otolaryngology, Harvard Medical School
  • 研究テーマ
  • Human Otopathology with emphasis on temporal bones from individuals who underwent cochlear implantation during life