大阪大学大学院医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

専門外来のご案内

音声・嚥下・気道外来

音声・嚥下・気道外来では、主に喉頭の器質的・機能的異常に関連する疾患を対象としています。手術療法や薬物療法のみならず、言語聴覚士によるリハビリテーション(音声治療および嚥下訓練)を組み合わせた医療を提供しています。声帯に器質的異常がないにもかかわらず嗄声を認める機能性音声障害、職業上の音声酷使による音声障害、加齢に伴う嚥下障害にも適切に対応することができます。また、睡眠時無呼吸に対する検査や治療も行っています。

1. 担当医師・言語聴覚士

小川 真

  • 准教授
  • おがわ まこと
  • 小川 真
  • 平成5年 大阪大学卒
  • 耳鼻咽喉科専門医
    気管食道科専門医

馬谷 昌範

  • 大学院生
  • うまたに まさのり
  • 馬谷 昌範
  • 平成17年 近畿大学卒
  • 耳鼻咽喉科専門医

加藤 智絵里

  • 言語聴覚士
  • かとう ちえり
  • 加藤 智絵里
  • 平成8年 大阪教育大学卒
  • 摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士

2. 診療の特徴

音声障害

声帯ポリープ・声帯結節などの声帯良性病変により嗄声を生じる器質性音声障害に対しては手術治療・音声治療を行っています。声帯に病変がないにもかかわらず嗄声を生じている機能性音声障害(喉詰め発声、心因性失声症など)に対しては音声治療を行っています。また、神経学的異常による音声障害(反回神経麻痺・痙攣性発声障害など)に対して手術治療・音声治療を行っています。

嚥下障害

食事時のむせがある方、誤嚥性肺炎を反復している方に対して嚥下機能検査による診断、嚥下訓練法の指導を行っています。重症の患者さんには嚥下改善手術・誤嚥防止術を行っています。

睡眠時無呼吸・気道狭窄

閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対して入院下のポリソムノグラフィー検査を施行し、その後に手術治療・CPAP治療を行っています。1歳以上の小児閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対する口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除術を行っています。気管挿管・気管切開後の喉頭気管狭窄でカニューレ抜去困難に対して手術治療を行っています。

咽喉頭異常感症

胃食道逆流によるもの、アレルギーによるものなどに対して薬物治療を行っています。

3. 手術・診療実績

平成28年度に当科で加療した新規例は以下の通りです。

●音声障害に対する手術
手術名 症例数
喉頭微細手術 16
喉頭形成術 10
前交連癒着手術 1
●嚥下障害に対する手術
手術名 症例数
喉頭気管分離術 3
●睡眠時無呼吸に対する手術
手術名 症例数
アデノイド切除術 19
口蓋扁桃摘出術 28
内視鏡下下鼻甲介骨切除術 2
●音声治療施行
症例数
94例

4. 研究

  • 将来より良い医療を患者の皆さんに提供できるよう、当科では次のような研究に取り組んでいます。どうかご協力をよろしくお願いいたします。
  • 既に当科で治療あるいは検査を受けられた方の中で、ご自身の既存情報(画像データ、血液検査データなど)が使われることを希望されない場合は当科まで(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学医局:06-6879-3951)ご連絡ください。
臨床研究

音声障害・嚥下障害のより有効な診断法や治療法の開発を目指して、実際に患者さんに参加していただいて行う研究です。

  • 電気声門図・高速度撮影装置を用いた音声障害の声帯振動の規則性の解析
  • 電気声門図・高速度撮影装置を用いた起声時の喉頭運動の解析
  • 音声治療手技、ハミングによって音声所見が改善するメカニズムの研究
  • 電気声門図・高速度撮影装置を用いた咳払い効率の評価法の開発
  • 電気声門図を用いた音声酷使のモニタリング法の開発
  • 腹式呼気を用いた正しい大声発声法の研究