常勤医師派遣病院のご紹介

市立豊中病院

耳鼻咽喉科に興味を持ち、当院での初期臨床研修や後期研修を考えておられる方へ。

大阪大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科の連携病院である市立豊中病院について紹介させていただきます。

当院は、大阪大学医学部附属病院からモノレールで大阪空港方面に向かい6駅目、柴原駅前に立地する、病床数613床の総合病院です。豊中市の地域中核病院として、平成22年11月に地域医療支援病院に認定されています。

当院耳鼻咽喉科は、日本耳鼻咽喉科学会の専門医研修認可施設であり、現在三谷健二部長(平成6年卒:日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本宇宙航空環境医学会認定医)、山本圭介医員(平成14年卒:日本耳鼻咽喉科学会専門医、麻酔科標榜医)、佐々木崇博医員(平成20年初期研修終了)、河野香南子専攻医(平成23年初期研修終了)の4人が在籍しています。

耳鼻咽喉科病棟は8階北にあり、内科、口腔外科との混合病棟です。定数は13床ですが、一日平均の実数は約17人となっています(平成22年度)。手術件数は、年間約400件で、参考までに平成21年度の手術件数を部位別に示します。

手術総数:415件(全身麻酔257件)

耳科手術(29件):鼓室形成術(8件)鼓膜換気tube留置術(18件)など
鼻科手術(95件):鼻中隔矯正術(24件)内視鏡的副鼻腔手術(58件)など
口腔咽頭手術(98件):口蓋扁桃摘出術(56件)など
喉頭気管手術(66件):顕微鏡下声帯ポリープ、腫瘍摘出術(45件)気管切開術(14件)など
頚部手術(124件):耳下腺腫瘍摘出術(24件)顎下腺腫瘍摘出術(5件)甲状腺腫瘍摘出術(19件)頚部郭清術(7件)正中頚のう胞摘出術(3件)側頚のう胞摘出術(2件)頚部リンパ節生検(47件)顎下腺摘出術(唾石症)(3件)深頚部膿瘍切開術(3件)喉頭全摘術(3件)など

手術以外では、突発性難聴、顔面神経麻痺、めまい、急性喉頭蓋炎などの入院加療を行っています。頭頸部悪性腫瘍に関しては大学と協力し主に進行例や手術不能例の化学療法を行っています。また外来診療は、手術日(月、金)は緊急対応のみとし、原則として火、水、木曜の週3回3診で行っています。

当直は、初期研修医1年目は救急外来副当直、2年目以降は2人体制での救急外来当直となっています。年次が上がると病棟当直となります(月1〜4回)。

当院は毎年約10名の新研修医が採用され、内科外科はもとより救急、小児、周産期の研修も充実しております。女性医師も多く当科にも常に1名以上がスタッフにいて、女性も働きやすい環境です。後期研修では大学医局および日本耳鼻咽喉科学会の臨床研修プログラムにのっとり、耳鼻咽喉科医として必要な基本的診療手技を習得できます。見学問い合わせなど歓迎します。