常勤医師派遣病院のご紹介

市立池田病院

池田病院のある池田市は猪名川と五月山に囲まれた、緑豊かな街です。しかしながら、梅田駅まで急行で約20分。しかも大学病院へは幹線道路一本で通じるアクセスのよさも兼ね備えています。当院は平成21年11月に府内の公立病院としては初の地域医療支援病院に承認されました。これはかかりつけ医(歯科医)への支援を通じて、患者様が基幹病院に一極集中するのを防ぎ、地域医療の確保を図るものです。当耳鼻いんこう科でも地域の先生方のご協力により、効率的な医療提供体制を確保しております。とくに下記のような疾患に力を入れており、豊能医療圏を越えて、多くの患者様が受診されています。診察ご希望の方は紹介状をご持参のうえ、来院していただきますようご協力をお願い申し上げます。

【味覚嗅覚障害】

基準嗅力検査、静脈性嗅覚検査、におい同定検査、電気味覚検査、濾紙ディスク法による味覚定量検査、画像検査(CT・MRI)により障害の程度を客観的に把握し、予後判定を行った上で、最も適切な治療法を患者様と共に選択しながら行っております。頭部外傷後や時間の経過した症例は難治ですが、お悩みの方は一度ご相談ください。

【慢性副鼻腔炎】

内視鏡下鼻内開放術が主流となっており、昔と比べて手術侵襲は格段に少なくなりました。入院期間は7〜8日間で、ご希望により局所麻酔と全身麻酔のどちらでも施行可能です。花粉症をはじめとするアレルギー性疾患の増加により、保存的治療のみではコントロールの難しい症例も増えてきているようですが、ステレオタイプの手術を提供するのではなく、漢方薬を試してみるなど、個々のライフスタイルにあわせた治療方針を心がけております。

【めまい】

中川医長を中心に診療に当たっております。外来での赤外線フレンツェルCCDを用いた診察に始まり、各種平衡機能検査(ENG、重心動揺検査など)に至るまで、詳細に所見を積み重ねていき、めまいの責任病巣を検索していきます。

【小児難治性中耳炎】

保存的治療(投薬・耳処置・ネブライザーなど)が奏功しないお子さんに対しては、日帰りで局所麻酔下に鼓膜切開術や鼓膜チューブ留置術を施行しております。しかし3歳以上のお子さんで、アデノイドや口蓋扁桃の肥大もその一因となっている場合には、入院による外科的治療をお勧めしております。

【その他】

顔面神経麻痺に対しては全例にENoGを施行しております。

毎週水曜日の午後に補聴器外来を実施しております。