若手医師からのメッセージ

花田有紀子 先生 (平成21年度入局,大阪大学卒)

はじめまして。
平成21年度に入局しました、花田 有紀子です。

私は大阪大学卒業後、初期臨床研修を大阪府立急性期・総合医療セン ターで修了し、引き続き同病院で耳鼻咽喉科医としての後期研修をさせていただいています。平成23年7月からは大阪大学医学部附属病院で専攻医として勤務する予定です。

2年前に入局した頃は全てが分からないことだらけで何もかもが怖かったのですが、先輩の先生方が熱心かつ丁寧に指導してくださり、徐々にできることが増えてきました。現在も外来に手術に、日々新しい発見があり、忙しくも充実した毎日を送っております。手術としては、気管切開術、扁桃摘出術、内視鏡下鼻内手術から甲状腺・唾液腺などの頭頸部良性腫瘍手術まで幅広く経験させていただいています。特に、この2年間に私が執刀させていただいた気管切開の症例は120例を超えました。7月からは大学病院での勤務です。もちろん不安はありますが、各分野のスペシャリストの先生方と触れ合えたり、豊富な症例を経験することができると思いますので、非常に楽しみにしています。

耳鼻咽喉科はマイナー外科だと思われがちですが、実際は必要な専門知識は多岐にわたりますし、全身管理が必要な症例もよく経験します。多くの外科系では、執刀医になるまでに時間がかかることが多いですが、耳鼻咽喉科・頭頸部外科では手術件数も多く、手術によっては早くから執刀医として手術を行う機会が得られます。とてもやりがいがある科ですので、一度、大阪大学医局を見学に来ていただければ、その魅力が分かると思います。よろしくお願いします。