本文へスキップ

  

加藤和人研究室 大阪大学 医の倫理と公共政策学教室

ヒトゲノム、iPS細胞、遺伝子診断など、ライフサイエンスや先端医療に関する話題は毎日のニュースに溢れています。研究や医療技術の進展が社会に与える影響は、ますます大きくなっています。新しい倫理的課題や社会的課題も生じています。

このような時代においては、専門家が高度な研究や医療を進めるだけでなく、専門の枠を超えて、多角的な視点から研究や医療の進め方と倫理的・社会的課題への取り組み方を考える必要があります。

私たちの研究室では、ライフサイエンスと先端医療の歩みと営みを調べ、その情報を様々な人々と共有し、科学研究と先端医療の意味や問題点について共に考えていくことを目指しています。思索するだけでなく、批判するだけでなく、科学や医療の現場と関わりながら研究を進めていくことが研究室のモットーです。


新着情報



International network



科学技術イノベーション政策における

雑誌「医療・生命と倫理・社会」
アイセムスSCG

(竹沢教授)



大阪大学大学院 医学系研究科・医学部






大阪大学大学院医学系研究科 医の倫理と公共政策学

大阪大学大学院医学系研究科
医の倫理と公共政策学
加藤和人研究室
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2−2
TEL 06-6879-3688
FAX 06-6879-3681
info★eth.med.osaka-u.ac.jp
[★を@に変えて下さい]