研究

HOME研究研究・診療グループ紹介 > 代謝・糖尿病研究室

代謝・糖尿病研究室 Section of Metabolism & Diabetes

老年代謝・糖尿病グループでは、加齢や代謝疾患などにより影響を受け、他臓器との連関が注目されている骨格筋をターゲットとした基礎研究または臨床研究を行っている。生活習慣病とサルコペニアに関する基礎研究と臨床研究に加え、高齢消化器癌術前評価の有用性に関する研究、高齢者糖尿病患者を対象とした介入研究などを継続的に行っている。

1.フレイル、サルコペニアと生活習慣病の関連性:

老年医学におけるトピックスであるフレイル、サルコペニアは、生活習慣病の存在によりその病態が促進されることが臨床的検討から明らかにされつつあり、その観点に基づき基礎研究、臨床研究を行っている。

基礎研究については、炎症や癌カヘキシーモデルを用いた各種介入(ミトコンドリア機能賦活薬、トレッドミルなど)による筋量減少抑制メカニズムの検討や、IL-15のトランスジェニックまたはノックアウトモデルを用いたIL-15のマイオカインとしての意義について検討を行っている(科研費基盤研究B等を取得)。

臨床研究については、高齢者総合機能評価、身体機能評価を施行した高齢者(65歳以上)のデータベースを用い、糖尿病と診断されている症例におけるサルコペニアの頻度の実態調査(後述)や、サルコペニア合併糖尿病患者の食後高血糖への介入がサルコペニアに与える影響(医師主導臨床研究)を検討しているほか、フレイルまたはサルコペニアと生活習慣病の関連や骨格筋エコーを用いた簡便なサルコペニア評価法(論文投稿準備中)について、国内外の関連学会で発表している。

2.高齢外科手術前評価としての高齢者総合機能評価、身体機能評価の有用性:

当院消化器外科との共同研究として、手術適応と判断された高齢消化器癌患者を対象に術前の高齢者総合機能評価(CGA)が術後合併症または予後に与える影響について検討しており、CGAの要素が従来の術前評価と独立し、術後合併症(特にせん妄)や予後予測に有用であることを明らかにした(消化器癌全体(GGI 2016)、食道癌(World J Surg 2016)、予後との関連は論文投稿中)。また、術前の下肢筋力低下がCGAの要素と独立した術後合併症の予測因子であることも報告し(日本内科学会総会、日本理学療法学会等にて発表)、論文投稿準備中である。2016年12月より、ページ下部のポンチ絵に示すような、高齢消化器癌患者に対する術前の身体トレーニング+アミノ酸補充の効果を検証する前向きランダム化比較試験(「高齢癌術後予後増悪因子であるフレイルへの術前介入の有用性の検討(課題番号16124)」)を、消化器外科の協力のもと開始している。

3.高齢者糖尿病患者を対象とした臨床研究:

高齢者糖尿病のエビデンス構築を目的に高齢糖尿病患者を対象とした臨床研究を考案し、症例を蓄積中である(「高齢糖尿病患者に対する食後高血糖改善がフレイル・サルコペニアの進展に及ぼす影響の多面的検討」「高齢者の認知機能と生活機能に与える因子の追跡調査」(いずれも大阪大学医学部附属病院倫理委員会の承認済)、「フレイル高齢者の全国的な情報登録・連携システムに関する研究」(長寿医療研究開発費)、「糖尿病・耐糖能異常におけるサルコペニアの有病率とリスク因子の解明糖尿病・耐糖能異常におけるサルコペニアの有病率とリスク因子の解明」(日本医療研究開発機構(AMED)による支援))。

4.今後の抱負 <フレイル・サルコペニア改善をターゲットとした介入法の確立>

超高齢社会をすでに迎えている本邦において、加齢とともに増加する糖尿病・代謝異常の克服とともに、フレイルの基盤となるサルコペニアの病態解明とその有効な予防法の確立は急務である。高齢糖尿病患者、高齢癌患者を対象に、フレイル・サルコペニア改善をターゲットとした身体トレーニング、栄養補充の効果の確立とその基盤にあるメカニズムの解明と、介入による健康寿命延伸を目標として掲げ、日々邁進する所存である。

所属者(平成28年12月現在)

杉本 研、赤坂 憲、王 中奇、藤本 拓、立花宏一
協力者:川口義彦、新堂修康、上村英四郎(東大阪市立総合病院)、藤澤智巳(市立堺病院)
安延由紀子、井坂昌明、田中 稔(以上、理学療法士)、菅原ゆかり、佐藤知子、宮原かおる、横山理子、村中誠司、川崎俊法(以上、技術補佐員)

研究業績

主要業績(2006年以降)

  1. Sugimoto K, Qi NR, Kazdová L, Pravenec M, Ogihara T, Kurtz TW. Telmisartan but not valsartan increases caloric expenditure and protects against weight gain and hepatic steatosis. Hypertension 2006. 47(5): 1003-1009.
  2. Sugimoto K, Akasaka H, Katsuya T, Node K, Fujisawa T, Shimaoka I, Yasuda O, Ohishi M, Ogihara T, Shimamoto K, Rakugi H. A Polymorphism Regulates CYP4A11 Transcriptional Activity and is Associated with Hypertension in A Japanese population. Hypertension. 2008. 52(6): 1142-1148.
  3. Sugimoto K, L. Kazdova L, Qi NR, Hyakukoku M, Kren V, Simakova M, Zidek V, Kurtz TW, Pravenec M. Telmisartan increases fatty acid oxidation in skeletal muscle through a peroxisome proliferator-activated receptor-gamma dependent pathway. J Hypertens. 2008. 26(6): 1209-1215.
  4. Oze-Fukai A, Fujisawa T, Sugimoto K, Nojima K, Shindo N, Shimoyoshi S, Yoshikawa Y, Sato Y, Shimomura I, Ikegami H, Rakugi H. A Novel Mouse Model for Type 2 Diabetes and Non-alcoholic Fatty Liver Disease: Spontaneous Amelioration of Diabetes by Augmented Beta Cell Mass. Endocr J. 2009. 56(2):227-234.
  5. Shimaoka I, Kamide K, Ohishi M, Katsuya T, Akasaka H, Saitoh S, Sugimoto K, Oguro R, Congrains A, Fujisawa T, Shimamoto K, Ogihara T, Rakugi H. Association of gene polymorphism of the fat-mass and obesity-associated gene with insulin resistance in Japanese. Hypertens Res. 2010 Mar;33(3):214-8.
  6. Shindo N, Fujisawa T, Sugimoto K, Nojima K, Oze-Fukai A, Yoshikawa Y, Wang X, Yasuda O, Ikegami H, Rakugi H. Involvement of microsomal triglyceride transfer protein in nonalcoholic steatohepatitis in novel spontaneous mouse model. J Hepatol. 2010. 52(6):903-912.
  7. Sugimoto K, Katsuya T, Kamide K, Fujisawa T, Shimaoka I, Ohishi M, Morishita R, Ogihara T, Rakugi H. Promoter Polymorphism of RGS2 Gene Is Associated with Change of Blood Pressure in Subjects with Antihypertensive Treatment: The Azelnidipine and Temocapril in Hypertensive Patients with Type 2 Diabetes Study. Int J Hypertens. 2010 2010:196307.
  8. Nojima K, Sugimoto K, Ueda H, Babaya N, Ikegami H, Rakugi H. Analysis of hepatic gene expression profile in a spontaneous mouse model of type 2 diabetes under a high sucrose diet. Endocr J. 2012 Nov 6.
  9. Wang X, Sugimoto K, Fujisawa T, Nobuyasu S, Minato S, Ohishi M, Ikegami H, Rakugi H. Impact of microsomal triglyceride transfer protein (MTP) in preventing hepatic apoptosis. Immun Endoc & Metab Agents in Med Chem. 2013 13(1):68-76.
  10. Wang X, Sugimoto K, Fujisawa T, Shindo N, Minato S, Kamada Y, Hamano M, Ohishi M, Ikegami H, Rakugi H. Novel effect of ezetimibe to inhibit the development of non-alcoholic fatty liver disease in Fatty Liver Shionogi mouse. Hepatol Res. 2014 Jan;44(1):102-13.
  11. Sugimoto K, Rakugi H. Transdisciplinary Approach for Sarcopenia. The application of life style diseases-animal models to the research for sarcopenia. Clin Calcium. 2014 24(10):1479-86.
  12. 杉本 研. サルコペニアにおける骨格筋ミトコンドリア機能とMyokineの意義. 日本老年医学雑誌 2012. 49: 199-202.
  13. 杉本 研. 生活習慣病モデル動物のサルコペニア研究への応用. 日本老年医学雑誌 2013. 50: 766-769.
  14. Tachibana K, Takeuchi K, Inada H, Sugimoto K, Ishimoto K, Yamashita M, Maegawa T, Yamasaki D, Osada S, Tanaka T, Rakugi H, Hamakubo T, Sakai J, Kodama T, Doi T. Human mannose-binding lectin 2 is directly regulated by peroxisome proliferator-activated receptors via a peroxisome proliferator responsive element. J Biochem. 2013 Sep;154(3):265-273.
  15. Maekawa Y, Sugimoto K, Yamasaki M, Takeya Y, Yamamoto K, Ohishi M, Ogihara T, Shintani A, Doki Y, Mori M, Rakugi H. Comprehensive Geriatric Assessment is a useful predictive tool for postoperative delirium after gastrointestinal surgery in old-old adults. Geriatr Gerontol Int. 2015, 12587.
  16. Yamamoto M, Yamasaki M, Sugimoto K, Maekawa Y, Miyazaki Y, Makino T, Takahashi T, Kurokawa Y, Nakajima K, Takiguchi S, Rakugi H, Mori M, Doki Y. Risk Evaluation of Postoperative Delirium Using Comprehensive Geriatric Assessment in Elderly Patients with Esophageal Cancer. World J Surg. 2016 Jun 6.

留学先

  1. ジョスリン糖尿病センター(米国、ボストン)
    Section on Immunology and Immunogenetics
  2. カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国、サンフランシスコ)
    Department of Laboratory Medicine (Prof. Theodore W. Kurtz)
  3. スタンフォード大学(米国、スタンフォード)
    Department of Microbiology and Immunology (Prof. Mark M. Davis)
ページの先頭へ