概要

HOME概要スタッフ紹介 > 赤坂 憲

スタッフ紹介

赤坂 憲

  • 赤坂 憲
  • Hiroshi Akasaka, M.D., Ph.D.

略歴および研究歴

1995年3月 岩手県立盛岡第一高等学校卒業
2001年3月 札幌医科大学医学部医学科卒業
2001年5月 札幌医科大学附属病院第二内科研修医
2003年4月 札幌医科大学附属病院第二内科医員
2004年2月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学特別研究生
2006年3月 札幌医科大学大学院医学研究科修了
2007年10月 北海道立心身障害者総合相談所医長(札幌医科大学医学部内科学第二講座兼任助教)
2010年4月 札幌医科大学医学部内科学第二講座特任助教
2013年4月 札幌医科大学医療人育成センター教育開発研究部門助教
2015年4月 札幌医科大学附属病院臨床研修センター助教
2016年4月~ 大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学助教(大阪大学医学部附属病院保健医療福祉ネットワーク部副部長)

学位

2006年3月 札幌医科大学大学院医学研究科 博士課程修了

研究テーマ

地域を対象とした前向き疫学研究(端野・壮瞥町研究、SONIC研究)、高血圧、認知症、高齢者総合機能評価、地域医療連携

専門分野

一般内科(認定内科医、総合内科専門医、指導医)、循環器内科(専門医)、糖尿病内科(専門医、指導医)、内分泌内科(専門医)、高血圧内科(専門医、指導医)、老年内科、救急医学(JMECCディレクター、ICLSディレクター、大阪府医師会ACLSインストラクター)、身体障害者福祉法指定医師(心臓)

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本高血圧学会、日本老年医学会、日本疫学会、日本循環器病予防学会(評議員)、日本腎臓学会、日本医学教育学会、国際高血圧学会など

業務内容

私は学生時代から一貫して、北海道の地域住民を対象とした疫学研究を行ってきました。大学院生時代には阪大でゲノム解析にも取り組み、学位論文を作成しました。これらの経験と技能を生かし、現在は阪大で行われているSONIC研究や臨床研究に携わっております。
また私は、阪大病院保健医療福祉ネットワーク部にも所属しており、地域医療連携を担当しております。阪大病院への紹介受付(前方支援)や阪大病院から退院される患者さんの支援(後方支援)も含めて、看護師、社会福祉士(MSW、PSW)、臨床心理士、事務員など多くの職種の方々と連携業務(IPW)を行っております。

趣味・好み

大学院生の一時期を過ごした北摂に、11年ぶりに戻ってきました。北海道と大阪では、気候、風土、気質などさまざまな違いがありますが、どちらも美味しいものが多く、大好きな場所です。休みの日には、家族で近隣の散策を楽しんでいます。

主要文献

  1. Rodriguez-Araujo G, Nakagami H, Takami Y, Katsuya T, Akasaka H, Saitoh S, Shimamoto K, Morishita R, Rakugi H, Kaneda Y. Low alpha-synuclein levels in the blood are associated with insulin resistance. Sci Rep. 2015; 5: 12081.
  2. Fujii M, Ohnishi H, Saitoh S, Akasaka H, Miura T, Mori M. The combination of abdominal obesity and high-sensitivity C-reactive protein predicts new-onset hypertension in the general Japanese population: the Tanno-Sobetsu study. Hypertens Res. 2015; 38(6): 426-432.
  3. Congrains A, Kamide K, Hirose N, Arai Y, Oguro R, Nakama C, Imaizumi Y, Kawai T, Kusunoki H, Yamamoto H, Onishi-Takeya M, Takeya Y, Yamamoto K, Sugimoto K, Akasaka H, Saitoh S, Miura T, Awata N, Kato N, Katsuya T, Ikebe K, Gondo Y, Rakugi H. Disease-associated polymorphisms in 9p21 are not associated with extreme longevity. Geriatr Gerontol Int. 2015; 15(6): 797-803.
  4. Mita T, Furuhashi M, Hiramitsu S, Ishii J, Hoshina K, Ishimura S, Fuseya T, Watanabe Y, Tanaka M, Ohno K, Akasaka H, Ohnishi H, Yoshida H, Saitoh S, Shimamoto K, Miura T. FABP4 is secreted from adipocytes by adenyl cyclase-PKA- and guanylyl cyclase-PKG-dependent lipolytic mechanisms. Obesity. 2015; 23(2): 359-367.
  5. Furuhashi M, Moniwa N, Mita T, Fuseya T, Ishimura S, Ohno K, Shibata S, Tanaka M, Watanabe Y, Akasaka H, Ohnishi H, Yoshida H, Takizawa H, Saitoh S, Ura N, Shimamoto K, Miura T. Urinary angiotensin-converting enzyme 2 in hypertensive patients may be increased by olmesartan, an angiotensin II receptor blocker. Am J Hypertens. 2015; 28(1): 15-21.
  6. Okazaki Y, Furuhashi M, Tanaka M, Mita T, Fuseya T, Ishimura S, Watanabe Y, Hoshina K, Akasaka H, Ohnishi H, Yoshida H, Saitoh S, Shimamoto K, Miura T. Urinary excretion of fatty acid-binding protein 4 is associated with albuminuria and renal dysfunction. PLoS One. 2014; 9(12): e115429.
  7. Akasaka H, Yoshida H, Takizawa H, Hanawa N, Tobisawa T, Tanaka M, Moniwa N, Togashi N, Yamashita T, Kuroda S, Ura N, Miura T; BOREAS-CKD1 Investigators. The impact of elevation of serum uric acid level on the natural history of glomerular filtration rate (GFR) and its sex difference. Nephrol Dial Transplant. 2014; 29(10): 1932-1939.
  8. Miki T, Tobisawa T, Sato T, Tanno M, Yano T, Akasaka H, Kuno A, Ogasawara M, Murase H, Saitoh S, Miura T. Does glycemic control reverse dispersion of ventricular repolarization in type 2 diabetes? Cardiovasc Diabetol. 2014; 13(1): 125.
  9. Fuseya T, Furuhashi M, Yuda S, Muranaka A, Kawamukai M, Mita T, Ishimura S, Watanabe Y, Hoshina K, Tanaka M, Ohno K, Akasaka H, Ohnishi H, Yoshida H, Saitoh S, Shimamoto K, Miura T. Elevation of circulating fatty acid-binding protein 4 is independently associated with left ventricular diastolic dysfunction in a general population. Cardiovasc Diabetol. 2014; 13(1): 126.
  10. Yoshida H, Akasaka H, Saitoh S, Shimamoto K, Miura T. Comparative effects of telmisartan and valsartan as add-on agents for hypertensive patients with morning blood pressure insufficiently controlled by amlodipine monotherapy. Hypertens Res. 2014; 37(3): 225-231.
ページの先頭へ