概要

HOME概要スタッフ紹介 > 栗波 仁美

スタッフ紹介

栗波 仁美

  • くりなみ ひとみ
  • 栗波 仁美
  • Hitomi Kurinami, MD., PhD.
  • 生年月日 1967年9月6日
    福井県生まれ B型

略歴

1986年3月 福井県立藤島高等学校卒業
2000年3月 大阪大学医学部卒業
2000年4月 大阪大学第4内科研修医
2001年6月 国立大阪病院 内科研修医
2002年4月 大阪大学大学院加齢医学講座大学院
2009年4月 コーネル大学神経生物学教室研究員(Costantino Iadecola教授)
2012年4月 大阪大学大学院連合小児発達学研究科健康発達医学寄附講座特任助教
2015年4月 大阪大学医学部附属病院総合診療部助教・卒後教育開発センター助教
2017年10月 大阪大学医学部附属病院保健医療福祉ネットワーク部副部長

学位

2008年3月 大阪大学医学系研究科 加齢医学講座 医学博士取得

研究テーマ

  1. スタチンによるアルツハイマー病におけるアミロイドベータ排出の検討(学位取得のテーマ)
  2. プロヒビチンによる一過性前脳虚血に対する神経細胞死抑制効果の検討
  3. RANKLを元にした抗炎症性ペプチドの合成およびそのメカニズムについての検討
  4. 神経筋接合部変化に着目した糖尿病におけるサルコペニア発症メカニズムについての検討

所属学会

日本内科学会、日本老年病医学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本病院総合診療医学会、日本抗加齢医学会、Society for Neuroscience

業務内容

老年総合内科の一員として週1回附属病院外来業務についています。また保健医療福祉ネットワーク部に所属しておりますので、そちらの業務も行っています。他病院との連携を図ったり2次医療圏内の医師会や自治体主催の会議に出席して多職種との交流を深めたりと地域医療の発展のために尽くす、というのが主たる業務ではありますが、実際のところは部長(当教室の教授)ともう一人の副部長(師長)の間の伝書鳩です(もちろんそれだけではない学内業務もわんさかあります)。平成29年末から糖グループに所属しており、サルコペニアにおける神経筋接合部の変化に着目した研究を行っていく予定です。

趣味

現在細々と続いているのがマラソン(フル、ハーフなど)で、自己ベストは2017年東京マラソンの4時間8分22秒です。目標はサブ4と前回の紹介文に書いて未だに達成できていません。他にフルート演奏、一人旅、というのもあります。

主要文献

  1. Kurinami H, Shimamura M, Nakagami H, Shimizu H, Koriyama H, Kawano T, Wakayama K, Mochizuki H, Rakugi H, and Morishita R. A Novel Therapeutic Peptide as a Partial Agonist of RANKL in Ischemic Stroke. Scientific Reports, 6: 38062, 2016
  2. Kurinami H, Shimamura M, Ma T, Qian L, Koizumi K, Park L, Klann E, Manfredi G, Iadecola C and Zhou P. Prohibitin viral gene transfer protects hippocampal CA1 neurons from ischemia and ameliorates postischemic hippocampal dysfunction. Stroke 2014, Apr;45(4):1131-8
  3. Kurinami H, Sato M, Shinohara M, Takeuchi D, Takeda S, Shimamura M, Ogihara T and Morishita R: Prevention of amyloid b-induced memory impairment by fluvastatin, associated with the decrease in amyloid accumulation and oxidative stress in amyloid b injection mouse model. Int J Mol Med 21: 531-7, 2008
ページの先頭へ