概要

HOME概要スタッフ紹介 > 小黒 亮輔

スタッフ紹介

小黒 亮輔

  • 小黒 亮輔
  • Ryosuke Oguro, M.D., Ph.D.
  • 昭和47年 埼玉県出身

略歴および研究歴

1991年3月 埼玉県立所沢高等学校卒業
1997年3月 東京工業大学生命理工学部卒業
2001年3月 大阪大学医学部卒業(学士編入)
2001年4月 大阪大学医学部附属病院 内科系研修医
2002年6月 淀川キリスト教病院 脳血管内科 医員
2005年4月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 大学院生
2010年4月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 研究生
2011年10月 大阪大学医学部附属病院 シニア医員
2013年4月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 特任助教
2013年11月 大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター 特任助教

学位

2010年3月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 医学博士取得

研究テーマ

  1. 心血管疾患、老化に関する遺伝子解析研究
  2. 地域一般高齢者を対象としたコホート研究による健康長寿の要因探求

専門分野

一般内科、老年内科、認知症・脳血管障害

所属学会

日本内科学会(認定医・指導医)、日本老年医学会(専門医・指導医)、日本認知症学会(専門医・指導医)、日本プライマリケア連合学会(認定医・指導医)、日本高血圧学会

業務内容

医学生・初期臨床研修医の教育係を担当しています。老年・高血圧内科をローテションした初期臨床研修医を対象に、臨床研修を終了するために必須のEPOCレポート作成について指導・添削を行っています。2013年2月からは、臨床研修医を対象とした週1回の勉強会を立ち上げ、今後も内容を充実させて行く予定です。2013年4月からは、本学医学生に対するクリニカル・クラークシップの担当を前任の杉本医師から引き継いでいます。まだまた不慣れですが、杉本医師のサポートを受けながら、高齢者を総合的に診療できる内科医を育成すべく積極的な指導を行っていきます。
医学部附属病院外来では「もの忘れ外来」を担当しており、認知症診療に当たっています。

趣味・好み

甘い物が大好きで、和菓子、洋菓子ともにOKです。特にチーズケーキが大好きで、美味しいという噂を聞きつけたときには試さずにはいられません。趣味はガーデニングで、自分で花壇をつくったり、プランターで野菜や果物を育てていますが、最近は時間が無く十分に手をかけることが出来ていません。

主要文献

  1. Oguro R, Kamide K, Katsuya T, Akasaka H, Sugimoto K, Congrains A, Arai Y, Hirose N, Saitoh S, Ohishi M, Miura T, Rakugi H.
    A single nucleotide polymorphism of the adenosine deaminase, RNA-specific gene is associated with the serum triglyceride level, abdominal circumference, and serum adiponectin concentration.
    Exp Gerontol. 2012 Feb;47(2):183-7.
  2. Oguro R, Kamide K, Kokubo Y, Shimaoka I, Congrains A, Horio T, Hanada H, Ohishi M, Katsuya T, Okamura T, Miyata T, Kawano Y, Rakugi H.
    Association of carotid atherosclerosis with genetic polymorphisms of the klotho gene in patients with hypertension.
    Geriatr Gerontol Int. 2010 Oct;10(4):311-8
ページの先頭へ