概要

HOME概要スタッフ紹介 > 杉本 研

スタッフ紹介

杉本 研

  • 杉本 研
  • Ken Sugimoto, M.D., Ph.D.
  • 生年月日:1970年8月15日
    大阪府生まれ A型

略歴および研究歴

1989年3月 奈良学園高等学校卒業
1996年3月 大阪大学医学部卒業
1996年4月 大阪大学第4内科研修医
1997年6月 桜橋渡辺病院 循環器内科 医員
2000年6月 大阪大学大学院(内科学専攻 加齢医学)
2004年4月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員(Theodore W. Kurtz教授)
2007年3月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 特任助教
2008年2月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 助教
2013年3月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 講師
2015年10月 大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学 講師

学位

2004年3月 大阪大学大学院医学系研究科 内科学専攻 加齢医学 医学博士取得

研究テーマ

  1. 高齢者糖尿病管理におけるフレイル、サルコペニアの意義の解明
  2. フレイル、サルコペニアの成因解明と治療法の開発
  3. 骨格筋と多臓器連関におけるマイオカインの意義の解明

専門分野

一般内科(認定内科医、指導医)、老年内科(専門医)、糖尿病内科(専門医)、高血圧内科(専門医、指導医)、日本プライマリ・ケア連合学会(認定医)、日本旅行医学会(認定医)

所属学会

日本内科学会、日本老年医学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本心血管内分泌代謝学会、日本循環器学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本リハビリテーション学会、日本旅行医学会、日本抗加齢医学会など

業務内容

病棟での臨床研修のサポートをすると同時に、本学医学生に対するクリニカル・クラークシップにおいて、内科医を目指す上で必要な考え方と態度を教授すべく、献身的な指導を行っています。また、大学院生、留学生の指導もしています。
臨床面では、当科を日本一の老年内科に発展させることを目標に日々努力していますが、特に、ふらつきや転倒といった、高齢者のADL低下に直結する老年症候群に力をいれています。
また、高齢者糖尿病の臨床についても、CGMなどを用い、個別性に注目したきめの細かい血糖、合併症コントロールを行っています。
研究面では、老年医学において認知症と並ぶトピックスである加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)について、生活習慣病を基盤に臨床的データを蓄積、情報発信をすると同時に、モデル動物を用いたサルコペニアの発症メカニズム、治療介入の研究を中心に行っています。
興味のある若い先生や学生さんは、是非一緒に研究しましょう!

趣味

文化系としては、①鉄道、航空機、②仏像鑑賞、③旅行、④カラオケ、体育会系としては①バレーボール、②テニス、③トレッキングなど、です。しかし、どんどんメタボ化しています。
お酒は日本酒、ワイン、焼酎となんでも飲みますし、食べ歩きやカラオケ好きなど数えればきりが無く、周りからは『多趣味やなあ』と言われ、休日も休み無く動き回っております。

主要文献

  1. Maekawa Y, Sugimoto K, Yamasaki M, Takeya Y, Yamamoto K, Ohishi M, Ogihara T, Shintani A, Doki Y, Mori M, Rakugi H. Comprehensive Geriatric Assessment is a useful predictive tool for postoperative delirium after gastrointestinal surgery in old-old adults. Geriatr Gerontol Int. 2016 Sep;16(9):1036-42.
  2. Wang X, Sugimoto K, Fujisawa T, Shindo N, Minato S, Kamada Y, Hamano M, Ohishi M, Ikegami H, Rakugi H. Novel effect of ezetimibe to inhibit the development of non-alcoholic fatty liver disease in Fatty Liver Shionogi mouse. Hepatol Res. 2014. Jan;44(1): 102-113.
  3. Shindo N, Fujisawa T, Sugimoto K, Nojima K, Oze-Fukai A, Yoshikawa Y, Wang X, Yasuda O, Ikegami H, Rakugi H. Involvement of microsomal triglyceride transfer protein in nonalcoholic steatohepatitis in novel spontaneous mouse model. J Hepatol. 2010. 52(6): 903-912.
  4. Sugimoto K, Katsuya T, Kamide K, Fujisawa T, Shimaoka I, Ohishi M, Morishita R, Ogihara T, Rakugi H. Promoter Polymorphism of RGS2 Gene Is Associated with Change of Blood Pressure in Subjects with Antihypertensive Treatment: The Azelnidipine and Temocapril in Hypertensive Patients with Type 2 Diabetes Study. Int J Hypertens. 2010. Aug 24;2010:196307.
  5. Sugimoto K, Akasaka H, Katsuya T, Node K, Fujisawa T, Shimaoka I, Yasuda O, Ohishi M, Ogihara T, Shimamoto K, Rakugi H. A Polymorphism Regulates CYP4A11 Transcriptional Activity and is Associated with Hypertension in A Japanese population. Hypertension. 2008 52(6): 1142-1148.
  6. Sugimoto K, L. Kazdova L, Qi NR, Hyakukoku M, Kren V, Simakova M, Zidek V, Kurtz TW, Pravenec M. Telmisartan increases fatty acid oxidation in skeletal muscle through a peroxisome proliferator-activated receptor-gamma dependent pathway. J Hypertens. 2008. 26(6): 1209-1215.
  7. Sugimoto K., N. R. Qi, L. Kazdova, M. Pravenec, T. Ogihara and T. W. Kurtz. Telmisartan but not valsartan increases caloric expenditure and protects against weight gain and hepatic steatosis. Hypertension. 2006. 47(5): 1003-9
  8. Sugimoto K, Katsuya T, et al.Association between angiotensin II type 1 receptor gene polymorphism and essential hypertension: the Ohasama Study. Hypertens Res. 2004 Aug;27(8):551-6.
  9. Sugimoto K, Ito H, et al. Intravenous nicorandil in conjunction with coronary reperfusion therapy is associated with better clinical and functional outcomes in patients with acute myocardial infarction. Circ J. 2003 Apr;67(4):295-300.
  10. Sugimoto K, Hozawa A, et al. Alpha-Adducin Gly460Trp polymorphism is associated with low renin hypertension in younger subjects in the Ohasama study. J Hypertens. 2002 Sep;20(9):1779-84.
ページの先頭へ