概要

HOME概要スタッフ紹介 > 鷹見 洋一

スタッフ紹介

鷹見 洋一

  • 鷹見 洋一
  • Youichi Takami

略歴および研究歴

1992年3月 大阪星光学院高等学校卒業
1998年3月 和歌山県立医科大学 医学部 医学科 卒業
1998年4月 大阪大学医学部附属病院 老人科 研修医
1999年6月 国立大阪病院(現大阪医療センター) 内科 研修医
2000年5月 国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター) 内科レジデント
2003年4月 大阪大学大学院 博士課程入学
2007年10月 大阪大学医学部附属病院 老年・高血圧内科 医員
2009年4月 米国Case Western Reserve大学 Case Cardiovascular Research Institute 研究員(Mukesh K. Jain教授)
2011年4月 大阪大学医学部附属病院 老年・高血圧内科 医員
2012年8月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 特任助教
2013年5月 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 助教
2013年10月~ 大阪大学大学院医学系研究科 老年・腎臓内科学 医学部講師

学位

2007年9月 大阪大学医学系研究科 加齢医学講座 医学博士取得

研究テーマ

老化及び加齢性疾患に関連する新規関連分子の探索及びその機能解析

  1. パーキンソン病関連分子αシヌクレインの老化、血管内皮機能及び代謝機能における機能解析及びその臨床的意義の検討
  2. 老化、動脈硬化、メタボリックシンドロームにおける脱ユビキチン化酵素の機能解析

専門分野

一般内科、老年内科、循環器内科

所属学会

日本内科学会(認定医)、日本循環器学会(専門医)、日本高血圧学会、日本心血管内分泌学会、日本老年医学会、日本血管生物医学会、日本プライマリ・ケア連合学会(認定医、指導医)

業務内容

これまで臨床経験や大学院、留学中に培った研究における技術や知識を基に、老化に伴う心血管疾患やそのリスクファクターに関連した新規機能性分子を見出し、その機能解析を行っております。当科のスローガンであります「健康寿命の延伸を目指して」を常に念頭に置き、超高齢社会に少しでも貢献できる研究が出来ればと考えています。
臨床では、老年病や高血圧を含む循環器疾患をサブスペシャリティーとした総合診療医を目指し、診療、教育に従事しています。医局員と一丸なり、診療、研究、教育面全てにおいて日本をリードできる老年総合内科を作り上げたいと思っています。

趣味

学生時代は、登山部に所属し、週末や夏休みには近畿圏の山々から信州の厳しい山々までひたすら歩き回っていました。最近はめっきり行く時間が無くなりましたが、何時でも再開出来るように、またメタボ予防のため、8階の医局までは必ず階段を使うように心がけています。お酒には弱く、余り飲めませんが、最近、仕事とは関係ない手軽に出来る趣味を数個見つけ、気分転換も兼ねて楽しんでいます。

主要業績

  1. Pang Z, Nakagami H, Osako MK, Koriyama H, Nakagami F, Tomioka H, Shimamura M, Kurinami H, Takami Y, Morishita R, Rakugi H.
    Therapeutic vaccine against DPP4 improves glucose metabolism in mice.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 111(13):E1256-63. 2014.
  2. Nayak L, Goduni L, Takami Y, Sharma N, Kapil P, Jain MK, Mahabeleshwar GH.
    Krüppel-like Factor 2: Transcriptional Regulator of chronic and acute inflammation.
    Am J Pathol. 182(5):1696-704. 2013.
  3. Rodriguez-Araujo G, Nakagami H, Hayashi H, Mori M, Shiuchi T, Minokoshi Y, Nakaoka Y, Takami Y, Komuro I, Morishita R, Kaneda Y.
    Alpha-synuclein elicits glucose uptake and utilization in adipocytes through the Gab1/PI3K/Akt transduction pathway.
    Cell Mol Life Sci. 70(6):1123-33. 2013.
  4. Mahabeleshwar GH, Qureshi MA, Sharma N, Takami Y, Sharma N, Lingrel JB, Jain MK.
    A myeloid hypoxia-inducible factor 1α-Krrüppel-like factor 2 pathway regulates gram-positive endotoxin-mediated sepsis.
    J Biol Chem. 287(2):1448-57. 2012.
  5. Mahabeleshwar GH, Kawanami D, Takami Y, Zhou G, Shi H, Nayak L, Jeyaraj D, Grealy R, White M, McManus R, Ryan T, Leahy P, Lin Z, Haldar SM, Atkins GB, Wong HR, Lingrel JB, Jain MK.
    Myeloid KLF2 Regulates the Host Response to Polymicrobial Infection and Endotoxic Shock.
    Immunity. 34(5):715-28. 2011.
  6. Mori M, Nakagami H, Koibuchi N, Miura K, Takami Y, Koriyama H, Hayashi H, Sabe H, Mochizuki N, Morishita R, Kaneda Y.
    Zyxin mediates actin fiber reorganization in epithelial-mesenchymal transition and contributes to endocardial morphogenesis.
    Mol Biol Cell. 20(13):3115-24. 2009.
  7. Hayashi H, Nakagami H, Takami Y, Koriyama H, Mori M, Tamai K, Sun J, Nagao K, Morishita R, Kaneda Y.
    FHL-2 suppresses VEGF-induced phosphatidylinositol 3-kinase/Akt activation via interaction with sphingosine kinase-1.
    Arterioscler Thromb Vasc Biol. 29(6):909-14. 2009.
  8. Nakagami H, Osako MK, Takami Y, Hanayama R, Koriyama H, Mori M, Hayashi H, Shimizu H, Morishita R.
    Vascular protective effects of ezetimibe in ApoE-deficient mice.
    Atherosclerosis. 203(1):51-8. 2009.
  9. Saito Y, Nakagami H, Kurooka M, Takami Y, Kikuchi Y, Hayashi H, Nishikawa T, Tamai K, Morishita R, Azuma N, Sasajima T, Kaneda Y.
    Cold shock domain A represses angiogenesis and lymphangiogenesis via inhibition of serum response element.
    Oncogene. 27: 1821-33. 2008.
  10. Takami Y, Nakagami H, Morishita R, Katsuya T, Hayashi H, Mori M, Koriyama H, Baba Y, Yasuda O, Rakugi H, Ogihara T, Kaneda Y.
    Potential Role of CYLD (Cylindromatosis) as a Deubiquitinating Enzyme in Vascular Cells.
    Am J Pathol. 172(3): 818-29. 2008.
  11. Takami Y, Nakagami H, Morishita R, Katsuya T, Cui T, Ichikawa T, Saito Y, Hayashi H, Kikuchi Y, Nishikawa T, Baba Y, Yasuda O, Rakugi H, Ogihara T, Kaneda Y.
    Ubiquitin carboxyl-terminal hydrolase L1, a novel deubiquitinating enzyme in the vasculature, attenuates NF-κB activation.
    Arterioscler Thromb Vasc Biol. 27(10): 2184-90. 2007.
  12. Saito Y, Nakagami H, Morishita R, Takami Y, Kikuchi Y, Hayashi H, Nishikawa T, Tamai K, Azuma N, Sasajima T, Kaneda Y.
    Transfection of human hepatocyte growth factor gene ameliorates secondary lymphedema via promotion of lymphangiogenesis.
    Circulation. 114(11): 1177-84. 2006.
  13. Takami Y, Horio T, Iwashima Y, Takiuchi S, Kamide K, Yoshihara F, Nakamura S, Nakahama H, Inenaga T, Kangawa K, Kawano Y.
    Diagnostic and prognostic value of plasma brain natriuretic peptide in non-dialysis-dependent CRF.
    Am J Kidney Dis. 44(3): 420-8. 2004.
ページの先頭へ