概要

HOME概要スタッフ紹介 > 山本 浩一

スタッフ紹介

山本 浩一

  • 山本 浩一
  • Koichi Yamamoto, M.D., Ph.D.
  • 生年月日:1970年4月10日
    大阪府生まれ 牡羊座 AB型

略歴および研究歴

1989年3月 洛星高等学校卒業
1997年3月 大阪大学医学部卒業
1997年4月 大阪大学老人科研修医
1998年6月 桜橋渡辺病院 循環器内科 医員
2001年6月 大阪大学加齢医学大学院
2006年4月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員(Theodore W. Kurtz教授)
2008年4月 大阪大学加齢医学シニア医員
2009年6月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 特任助教
2010年5月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 助教
2013年4月 大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学 講師
2015年4月 大阪大学大学院医学系研究科老年・総合内科学 講師

学位

2006年3月 大阪大学医学系研究科 加齢医学講座 医学博士取得

研究テーマ

  1. 細胞膜受容体の相互作用による動脈硬化促進メカニズムの解明
  2. エネルギー代謝改善による心血管病治療についての研究
  3. 炎症性ケモカインによる動脈硬化誘導の機序についての検討
  4. レニン-アンジオテンシン系遺伝子ACE2の機能解析

専門分野

一般内科、老年内科、循環器内科

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本老年病医学会、日本高血圧学会、日本心血管内分泌代謝学会

業務内容

循環器の臨床研修を行った桜橋渡辺病院や大学院、留学先での研究で得た経験や知識を生かし心血管疾患のメカニズムについての研究を中心に行っております。老年科の使命は高齢者の健康余命をいかに延長するかにあると考えており、高齢者の生活の質を損ねる心血管病の発症予防に結びつくような大きな発見をしようと大学院生を指導しながら日々努力しております。
臨床面では最近大学の外来を引き継ぎ、高齢者の多様な疾患に対応することにエネルギーを費やしています。

趣味

生まれも育ちも関西なのでお笑い番組好きです。酒は何でも飲みますがワインを飲むと止まらなくなりかなり残念な感じになってしまいます。最近、メタボになりそうな不安からジョギングしようと思い始めて数ヶ月たちますが未だ構想中です。

主要業績

  1. Yamamoto K, Ohishi M, Katsuya T , Ito N, Ikushima M, Kaibe M, Tatara Y, Shiota A, Sugano S, Takeda S, Rakugi H, Ogihara T.
    Deletion of ACE2 accelerates pressure-overload-induced cardiac dysfunction by increasing local angiotensin II.
    Hypertension. 2006 Apr;47(4):718-26. Epub 2006 Feb 27
  2. Yamamoto K, Ito H, Iwakura K, Kawano S, Ikushima M, Masuyama T, Ogihara T, Fujii K.
    Two different coronary blood flow velocity patterns in thrombolysis in myocardial infarction flow grade 2 in acute myocardial infarction: insight into mechanisms of microvascular dysfunction.
    J Am Coll Cardiol. 2002 Nov 20;40(10):1755-60.
  3. Yamamoto K, Ito H, Iwakura K, Shintani Y, Masuyama T, Hori M, Kawano S, Higashino Y, Fujii K.
    Pressure-derived collateral flow index as a parameter of microvascular dysfunction in acute myocardial infarction.
    J Am Coll Cardiol. 2001 Nov 1;38(5):1383-9.
ページの先頭へ