消化器癌先進化学療法開発学寄附講座

1.当寄附講座の特徴

消化器癌先進化学療法開発学寄附講座は2011年4月に開設しました。当講座では「院内での標準治療の実践、さらに癌新薬の開発治験、新しい薬物療法を開拓することを通じ、消化器外科の診療、研究をサポートしながら、大阪の、日本の、世界の癌診療を良くして行く事」を目的としています。

2.診療部門

消化器癌先進化学療法開発学寄附講座の診療面を分かりやすく表現すると「消化器がんに特化した腫瘍内科」です。当講座の診療部門を担当するスタッフは、腫瘍内科医で構成されています。腫瘍内科とは、がんの化学療法(抗がん剤治療)を中心としてがん診療を総合的に判断・計画し、患者さんの生活の質(Quality of Life:QOL)をいかに保つかに注力する診療科です。近年は抗がん剤や抗がん剤の副作用に対する治療の進歩が著しく、化学療法ががん治療の中で大きな役割を担うようになってきました。化学療法に、外科的切除や放射線治療、緩和ケアなど様々な分野の治療を組み合わせることで、がん治療に対して治癒やQOLの向上が期待できるようになってきました。

化学療法を受ける患者さんの中には、手術の前後で術後の再発のリスクを下げるために一定期間の抗がん剤治療を受ける方もいれば、手術でがんを取り切れないもしくは再発したがんに対して予後改善の目的で抗がん剤治療を受ける方もおられます。特に消化器がんでは外科的な手術療法と内科的な抗がん剤治療がその時の病状に応じて必要になります。大阪大学消化器外科の一員として腫瘍内科医が診療を行っていることは患者さんへ最良のがん治療を提供するという点において大きなメリットとなります。

また"先進化学療法開発"の名が示すとおり、当講座では新規薬剤の開発治験や市販後の抗がん剤などの薬剤に関する臨床試験など、多岐にわたる臨床研究を消化器外科と一丸となって押し進めています。新規薬剤による治療や既存薬を用いた新たな治療法の開発は、未来の患者さんの役に立つだけではなく、今現在がんで苦しんでおられる目の前の患者さんにも福音をもたらすと信じています。