患者の皆様へ・ご挨拶

professor

 大阪大学消化器内科では、肝疾患、消化管疾患(上部、小腸、下部)、膵・胆道疾患など消化器疾患全般を診療対象として、最先端の医療を患者のみなさまに提供できるように日々研鑽を積んでいます。大阪大学医学部附属病院の中央診療部門や多数のコメディカルスタッフとの協力のもと、心のこもった医療の実践を心がけています。
 大学病院の使命である教育、研究に関しては、心技体のバランスのとれた医師の育成と、治療の難しい疾患に対する治療法の開発に繋がる基礎研究、臨床研究の推進にも力を入れています。