大阪大学肝疾患臨床研究グループでは、大阪大学と大阪府下の主要病院から構成されるOsaka Liver Forumにおいて、C型肝炎に対する抗ウイルス療法の治療成績をまとめ、一般臨床でのC型肝炎患者さんの治療に役立てるように様々な臨床研究を行っています。インターフェロン単独療法、インターフェロン/リバビリン併用療法では、治療期間の延長により、治療後にウイルスが再び現れる率(ウイルス再燃率)を低下させ、最終的にウイルス排除率が向上することを報告しました(1、2)。また、インターフェロン治療やインターフェロン/リバビリン併用療法を受けた患者さんを長期に経過観察することによって、治療で治療効果が得られた患者さんでは発癌率が低下し、生命予後が改善することを報告しています(3、4、5)。
 インターフェロン/リバビリン併用療法においては、わが国のC型慢性肝炎の特徴でもある、高齢者C型慢性肝炎治療の実際についても報告しました(6)。さらに、リバビリンの副作用である貧血によって治療を中断する例が少なくないことから、このような重度の貧血例を少なくし、安全に治療を行う投与法の必要性を考え、治療開始後早期(2週間)のヘモグロビン減少が重度の貧血の予測因子となることを明らかにしました(7、8)。
 ペグインターフェロン/リバビリン併用療法においても、約4500症例を蓄積し、国内最大規模の治療成績について検討してきました。遺伝子型1型高ウイルス量症例の解析では、治療完遂例のウイルス排除率は53%で、高齢者C型慢性肝炎(9)や、ALT正常C型肝炎(10)治療の実際、難治例として考えられるC型肝炎ウイルスコア領域のアミノ酸変異例に対する治療での特徴(11)について報告しました。さらに、治療開始4週時のウイルス減少度によって、治療効果が予測できることを明らかにしました(図1)。また、ウイルス排除率はウイルス陰性化時期により異なり、治療開始12週までに陰性化が得られるEVR(Early virologic response)例では80%にウイルス排除が得られますが、治療効果の良いEVRとなるためには、最初の12週の間、ペグインターフェロンを1.2?g/kg以上投与することが大切で、1.2?g/kg未満の場合でも、できる限り多くのペグインターフェロンを投与することが必要であること(12、13)、治療後のウイルス再燃を抑止するためには、リバビリンを12mg/kg以上投与することが大切であること(14)を明らかにしました。治療開始13週以降24週までに陰性化が得られるLVR(Late viroligic response)例では48週投与でのウイルス排除は37%にとどまりますが、72週の長期投与により、48週投与と比較して良好なウイルス排除が得られること(ウイルス排除率:59%)や、48週投与では治療効果が十分得られない高齢者、肝線維化進展例においても治療効果が向上することなどを明らかにしました(15)。一方、遺伝子型2型の症例の解析では、治療完遂例のウイルス排除率は75%で、治療効果にはペグインターフェロンやリバビリンの量は関係しないことを明らかにしました(16)。また、ペグインターフェロン/リバビリン併用療法でウイルス排除が得られなかった患者さんに再治療を考える場合、積極的に勧めるべき患者さんと、次世代治療を待つべき患者さんの特徴についても報告しました(17)。さらに、ペグインターフェロン/リバビリン併用療法を受けられた2600症例を長期に経過観察することによって、治療効果が得られた患者さんでは肝細胞癌の発生リスクが低下することなどもわかってきています(図2)(18)。
 現在は、テラプレビル/ペグインターフェロン/リバビリン併用療法での治療成績を検討し、治療効果を向上させる方策などを検討しています。今後も、C慢性肝炎患者さんの治療成績を向上させる新たな情報を発信するために、詳細な検討を加えていく予定となっています。

図1. ウイルス減少率別のウイルス排除率:48~72週間投与(1型高ウイルス量症例)


flow

図2. ウイルス効果別の累積発癌率


flow
  1. Kasahara A, Hayashi N, Hiramatsu N, et al. Ability of prolonged interferon treatment to suppress relapse after cessation of therapy in patients with chronic hepatitis C: a multicenter randomized controlled trial. Hepatology. 1995;21(2):291-7.
  2. Hiramatsu N, Kasahara A, Nakanishi F, et al. The significance of interferon and ribavirin combination therapy followed by interferon monotherapy for patients with chronic hepatitis C in Japan. Hepatol Res. 2004l;29(3):142-147.
  3. Kasahara A, Hayashi N, Mochizuki K, et al. Risk factors for hepatocellular carcinoma and its incidence after interferon treatment in patients with chronic hepatitis C. Osaka Liver Disease Study Group. Hepatology. 1998;27(5):1394-402.
  4. Kasahara A, Tanaka H, Okanoue T, et al. Interferon treatment improves survival in chronic hepatitis C patients showing biochemical as well as virological responses by preventing liver-related death. J Viral Hepat. 2004 Mar;11(2):148-56.
  5. Kurokawa M, Hiramatsu N, Oze T, et al. Effect of interferon alpha-2b plus ribavirin therapy on incidence of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis. Hepatol Res. 2009;39:432-438.
  6. Hiramatsu N, Oze T, Tsuda N, et al. Should aged patients with chronic hepatitis C be treated with interferon and ribavirin combination therapy? Hepatol Res. 2006;35(3):185-9.
  7. Oze T, Hiramatsu N, Kurashige N, et al. Early decline of hemoglobin correlates with progression of ribavirin-induced hemolytic anemia during interferon plus ribavirin combination therapy in patients with chronic hepatitis C. J Gastroenterol. 2006;41(9):862-72.
  8. Hiramatsu N, Kurashige N, Oze T, et al. Early decline of hemoglobin can predict progression of hemolytic anemia during pegylated interferon and ribavirin combination therapy in patinets with chronic hepatitis C. Hepatol Res. 2008;38(5):450-6.
  9. Oze T, Hiramatsu N, Yakushijin T, et al. Indications and limitations for aged patients with chronic hepatitis C in pegylated interferon alfa-2b plus ribavirin combination therapy. J Hepatol. 2011;54:604-611.
  10. Hiramatsu N, Inoue Y, Oze T, et al. Efficacy of pegylated interferon plus ribavirin combination therapy for hepatitis C patients with normal ALT levels: a matched case-control study. J Gastroenterol. 2011;46:1335-1343.
  11. Inoue Y, Hiramatsu N, Oze T, et al. Amino acid substitution in the core protein has no impact on relapse in hepatitis C genotype 1 patients treated with peginterferon and ribavirin. J Med Virol. 2011;83:419-427.
  12. Oze T, Hiramatsu N, Yakushijin T, et al. Pegylated interferon alpha-2b (Peg-IFN alpha-2b) affects early virologic response dose-dependently in patients with chronic hepatitis C genotype 1 during treatment with Peg-IFN alpha-2b plus ribavirin. J Viral Hepat. 2009;16:578-585.
  13. Oze T, Hiramatsu N, Song C, et al. Reducing Peg-IFN doses causes later virologic response or no response in HCV genotype 1 patients treated with Peg-IFN alfa-2b plus ribavirin. J Gastroenterol. 2012;47:334-342.
  14. Hiramatsu N, Oze T, Yakushijin T, et al. Ribavirin dose reduction raises relapse rate dose-dependently in genotype 1 patients with hepatitis C responding to pegylated interferon alpha-2b plus ribavirin. J Viral Hepat. 2009;16:586-594.
  15. Oze T, Hiramatsu N, Yakushijin T, et al. The efficacy of extended treatment with pegylated interferon plus ribavirin in patients with HCV genotype 1 and slow virologic response in Japan. J Gastroenterol. 2011;46:944-952.
  16. Inoue Y, Hiramatsu N, Oze T, et al. Factors affecting efficacy in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated by pegylated interferon alpha-2b and ribavirin: reducing drug doses has no impact on rapid and sustained virological responses. J Viral Hepat. 2010;17:336-344.
  17. Oze T, Hiramatsu N, Yakushijin T, et al. Efficacy of re-treatment with pegylated interferon plus ribavirin combination therapy for patients with chronic hepatitis C in Japan. J Gastroenterol. 2011;46:1031-1037.
  18. Harada N, Hiramatsu N, Oze T, et al. Incidence of hepatocellular carcinoma in HCV-infected patients with normal alanine aminotransferase levels categorized by Japanese treatment guidelines. J Gastroenterol.; in press.
(2013年2月6日更新)