消化管研究室・消化管再生グループ

消化管の再生医療に向けて:成人体性幹細胞を用いた治療の試み

 ES細胞や成人体性幹細胞は臓器を構成する種々の細胞に分化する能力(多分化能)を持つ事が知られています。我々は潰瘍治癒過程で骨髄由来細胞が傷害部位に動員され、潰瘍治癒に寄与していることを報告してきました(1)(2)(3)。さらに骨髄に存在する多分化能をもつ間葉系幹細胞(MSC)を用いて検討しましたところ、MSCの局所投与により慢性潰瘍の治癒が促進すること、VEGFの中和抗体はその治癒促進を抑制することから、MSCはVEGF産生を介し潰瘍治癒を促進することが明らかになりました(4)(5)。
 炎症性腸疾患などの難治・再発性の消化管疾患は患者QOLの低下が著しく、再生医療の良い適応です。MSCを含め成人体性幹細胞を用いた自家細胞移植はES細胞と異なり、倫理的ハードルが低く臨床に近い再生医療であります。MSC移植は内視鏡的にも実施できる可能性があるため、臨床応用に向け同種移植(アログラフト)の研究を進めています。

MSC 移植により胃潰瘍治癒が促進する!


flow
  1. Komori, M., Tsuji S. Tsujii M, et al. Involvement of bone marrow-derived cells in healing of experimental colitis in rats. Wound Repair Regen 13:109-118,2005
  2. Komori M, Tsuji S, Tsujii M, et al. Efficiency of bone marrow-derived cells in regeneration of the stomach after induction of ethanol-induced ulcers in rats. J Gastroenterol. 40:591-599, 2005
  3. Hayashi Y, Tsuji S, Tsujii M, et al. The transdifferentiation of bone-marrow-derived cells in colonic mucosal regeneration after dextran-sulfate-sodium-induced colitis in mice. Pharmacology. 80(4):193-9, 2007
  4. Hayashi Y, Tsuji S, Tsujii M, et al. Topical transplantation of mesenchymal stem cells accelerates gastric ulcer healing in rats. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 294(3):G778-86. 2008
  5. Nishida T, Tsuji S, Tsujii M, et al. Cultured bone marrow cell local implantation accelerates healing of ulcers in mice. J Gastroenterol. 43(2):124-35. 2008