消化管研究室・消化器癌研究グループ

 消化管の癌ではその部位(臓器)により、選ぶべき治療法が異なっています。研究室では臓器別に症例検討プログラムを作り、各メンバーが診断・治療技術を向上させるとともに、より良い治療法の開発を求めて臨床研究を行っています。

 現在の癌治療にも限界や問題点があります。これらを踏まえ、より有効な癌予防・癌治療の開発を目指して、癌組織を構成する癌細胞と間葉系細胞の分子生物学的検討から分子標的治療や抗腫瘍免疫の強化につながるkey moleculeの探索を行っています。特に消化管は元来ひと繋がりの臓器群で癌にも共通した因子が多々あります。このため現在は日本人に多い胃と大腸の癌、消化管間葉系腫瘍(Gastro-Intestinal Stromal Tumor、GIST)をモデルとして研究を進めています。