消化管研究室・消化器癌研究グループ

胃癌

 1994年にWHOはHelicobacter pylori(H.pylori)をdefinite carcinogenに認定しました。我々は本菌の産生するアンモニアが胃の発癌プロモーターであることや、H.pyloriが胃に一酸化窒素(NO)産生やCOX-2を誘導し胃の発癌に寄与する事を明らかにしてきました(1)。またH.pylori感染に伴う皺襞肥大型胃炎は胃癌の高リスク因子ですが、これらの患者の背景胃粘膜ではE-カドヘリン遺伝子のメチル化が亢進している事を見出しました(2)。さらにH.pylori毒素のひとつCagAが胃粘膜上皮細胞にMusashi-1という因子を誘導し、これに伴い腸上皮化生に特有の遺伝子発現が誘導されることを見出しました(図)。これらの現象の幾つかはH. pylori除菌により治療可能と考えられ(1,2)(図)、胃癌制圧を考える上で重要な課題です。
 癌に対する治療法は未だ十分ではありません。我々は癌細胞によく見られる表面抗原CD9に着目し研究を進めています。その結果、抗CD9抗体が癌細胞にp46Shcのチロシンリン酸化、JNK・p38 MAPKの活性化、caspase 3の活性化を引き起こし、アポトーシスを誘導することを見出しました。現在、抗CD9抗体による抗腫瘍効果の臨床応用を視野に入れ研究を進めています(3)。

flow

皺襞肥大型胃炎における胃癌発生機序の仮説


flow
  1. Tsuji S, Tsujii M, Murata H, et al. Helicobacter pylori eradication to prevent gastric cancer: underlying molecular and cellular mechanisms (Review). World J Gastroenteroloy 12:1671-80, 2006
  2. Nishibayashi H, Kanayama S, Kiyohara T, et al. Helicobacter pylori-induced enlarged-fold gastritis is associated with increased mutagenicity of gastric juice, increased oxidative DNA damage, and an increased risk of gastric carcinoma. J Gastroenterol Hepatol. 18:1384-1391, 2003.
  3. Murayama Y, Miyagawa J, Oritani K, et al. CD9-mediated activation of the p46 Shc isoform leads to apoptosis in cancer cells. J Cell Sci. 117:3379-3388. 2004