消化管研究室・消化器癌研究グループ

消化管間葉系腫瘍(Gastro-intestinal Stromal Tumor, GIST)

 Gastrointestinal stromal tumor(GIST)は消化管間質系腫瘍の中で最も頻度の高い腫瘍で、KIT遺伝子あるいはplatelet-derived growth factor(PDGF)受容体α遺伝子(PDGFRA)の機能獲得性変異が高率に存在します(1-3)。現在、KIT蛋白やPDGFレセプターのチロシンキナーゼ活性を抑制するメチル酸イマチニブ(商品名グリベック)が進行GISTに対する分子標的治療薬として広く利用されており、KITやPDGFRA遺伝子変異の部位はイマチニブの効果と関連し、またKITやPDGFRA遺伝子の新たな変異がイマチニブの二次耐性に関与することが示されています(4)。今後、GIST原発巣あるいは転移巣から穿刺生検などによって得られた検体の遺伝子変異解析(5)によってイマチニブの効果予測ができる可能性を検索し、またメシル酸イマチニブと他のキナーゼ阻害剤やシグナル遮断剤の併用検討を行いたいと考えております。。

  1. Nakahara M., K. Isozaki, S. Hirota, et al. A novel gain-of-function mutation of c-kit gene in gastrointestinal stromal tumors. Gastroenterology 115:1090-1095. 1998.
  2. H. Chen, Isozaki K, Kinoshita K, et al. Imatinib inhibits various types of activating mutant kit found in gastrointestinal stromal tumors. Int J Cancer. 105:130-5. 2003
  3. Kinoshita K, Isozaki,S. Tsutsui,S. et al. Endoscopic ultrasonography-guided fine needle aspiration biopsy in follow-up patients with gastrointestinal stromal tumours. Eur. J. Gastroenterol. Hepatol. 15:1189-1193. 2003.