消化管研究室・炎症性腸疾患グループ

 潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される炎症性腸疾患は、難治性で未だに原因不明の腸管に障害をきたす疾患です。私たちのグループでは、以下のテーマを中心に臨床・基礎研究を進めています。



患者さんからの検体あるいは動物モデルで得られた材料を用いて自然免疫系・獲得免疫系の免疫学的側面(図)から炎症性腸疾患の研究をすすめ、新たな治療法の開発を目指しています。

粘膜免疫システム (CMIS:Common Mucosal Immune System)


flow