消化管研究室・炎症性腸疾患グループ

 潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される炎症性腸疾患は、難治性で未だに原因不明の腸管に障害をきたす疾患です。私たちのグループでは、以下のテーマを中心に臨床・基礎研究を進めています。

免疫グロブリン糖鎖異常をターゲットとした炎症性腸疾患の新しいバイオマーカーの開発

 免疫グロブリンは、消化管に入ってくる抗原から我々の体を守る働きをしています。我々は、炎症性腸疾患(IBD)患者、特にクローン病患者において、免疫グロブリンのうちのIgGに付着する糖鎖のうちフコシル化糖鎖の末端ガラクトースが欠損していることを明らかにしました。すなわち、IgGから糖鎖を切り出してHPLCにて解析すると、健常者ではガラクトースを欠損したフコシル化糖鎖(G0F)よりもガラクトース欠損のない糖鎖(G2F)よりも通常多いのですが、クローン病患者ではこのパターンが逆になります。従来、パン酵母のマンナンに対する抗体であるASCAがクローン病のマーカーとして最も高い有用性が報告されていますが、私たちの検討では、G0F/G2F比はASCAよりもクローン病患者さんの診断において優れた疾患マーカーであるということを見出しました(図1)。IgGの糖鎖変化について、IBDの病態との関係について、動物モデルやヒト検体を用いた研究をすすめ、さらに汎用性検査方法の開発を進めています(1-4)。さらに、粘膜免疫系における重要な免疫グロブリンであるIgAにおいても健常者に比べ、IBD患者、特にクローン病患者においてO-結合型糖鎖のN-AcetylGalactosamine(GalNAc)付加の低下が認められ、IgA糖鎖の変化もIBDの新たなバイオマーカーとなりうることが明らかとなりました(図2)(5)。現在、免疫グロブリン糖鎖異常の炎症性腸疾患の病態との関わりについて、さらに詳細に解析を進めています。

図1 IgGのN結合型糖鎖はIBDのバイオマーカーとなる


flow

図2 IgAのO-結合型糖鎖はIBDのバイオマーカーとなる


flow
  1. Shinzaki S, et al. Altered Oligosaccharide Structures Reduce Colitis Induction in Mice Defective in beta-1,4-Galactosyltransferase. Gastroenterology 2012; 142(5): 1172-82.
  2. Shinzaki S, et al. Lectin-based immunoassay for aberrant IgG glycosylation as the biomarker for Crohn's disease. Inflamm Bowel Dis 2012 in press
  3. Nakajima S, et al. Functional analysis of agalactosyl IgG in inflammatory bowel disease patients. Inflamm Bowel Dis 2011; 17(4): 927-36.
  4. Shinzaki S, et al. IgG oligosaccharide alterations are a novel diagnostic marker for disease activity and the clinical course of inflammatory bowel disease. Am J Gastroenterol 2008; 103(5): 1173-81.
  5. Inoue T, et al. Deficiency of N-acetylgalactosamine in O-linked oligosaccharides of IgA is a novel biologic marker for Crohn's disease. Inflamm Bowel Dis 2012; 18(9): 1723-34.
(2012年11月23日更新)