消化管研究室・炎症性腸疾患グループ

 潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される炎症性腸疾患は、多数の研究者による長年の検討にもかかわらず、未だに原因不明で、難治性の疾患です。私たちのグループでは、以下のテーマを中心に研究を進めています。



白血球除去療法遠心法による分離白血球を用いた免疫状態の解析


 炎症性腸疾患は腸管粘膜の粘膜機構の破綻が原因と考えられています。潰瘍性大腸炎に対する治療法の一つに白血球除去療法があり、異常に活性化された白血球を除去し、正常な白血球に置き換えることにより治療効果が得られると考えられています。私たちは、白血球除去療法遠心法(Centrifugal Leukocytapheresis,CFLA:図)により除去された白血球に発現する分子マーカーを解析することにより、白血球除去療法の効果発現メカニズムを明らかにし、さらに炎症性腸疾患の発症メカニズムを解明することを目指しています。

白血球除去療法(遠心分離法)による潰瘍性大腸炎の治療


flow