大阪大学 消化器内科学 自主臨床研究

 
研究課題 核酸アナログ投与中のB型肝炎症例におけるHBV関連マーカーと発癌率の関連についての研究
実施期間 2023年12月31日まで
研究機関 大阪大学医学部付属病院 消化器内科・消化器外科
および以下の関連施設
市立伊丹病院 消化器内科、東大阪市立総合病院 消化器内科
大手前病院 消化器内科、住友病院 消化器内科
市立西宮中央病院 内科、国立病院機構 大阪医療センター 消化器科
大阪警察病院 消化器内科、NTT西日本大阪病院 消化器内科
関西労災病院 消化器内科、大阪厚生年金病院 消化器内科
市立八尾病院 消化器内科、市立吹田病院 内科
市立芦屋病院 内科、済生会千里病院 消化器内科
県立西宮病院 内科、国立病院機構大阪南医療センター 消化器科
市立豊中病院 消化器内科、大阪府立成人病センター 肝胆膵内科
市立箕面病院 内科、大阪労災病院 消化器内科
大阪府立急性期・総合医療センター 消化器内科、公立学校共済組合 近畿中央病院 消化器内科
市立池田病院 消化器内科、国立病院機構 南和歌山医療センター 消化器科
主任研究者 竹原 徹郎
研究目的  B型肝炎における抗ウイルス治療の目的は主に発癌抑制であり、抗ウイルス治療によりHBV DNAが低下し肝炎が鎮静化することで発癌抑制効果が得られると考えられています。抗ウイルス治療薬の一つである核酸アナログはHBVの逆転写酵素阻害薬であり、現在わが国で広く用いられている治療法です。核酸アナログ製剤は強力なウイルス複製抑制効果を発揮し血中HBV DNAを効率よく低下させますが、肝細胞内のウイルスに対する作用が弱いため発癌抑制効果が不十分である可能性があります。本研究では、核酸アナログ治療中のB型肝炎症例におけるHBV関連マーカーと発癌率の関連について検討するために、保存血清ならびに採血時の余分血液を用いて核酸アナログ開始後のHBV関連マーカーを測定し、核酸アナログ治療中のHBV関連マーカーの変動と発癌との関連について検討します。
対象 核酸アナログを1年以上投与されているB型慢性肝炎患者さんを対象とします。(予定症例数:200症例)

(除外基準)
1) 20歳未満
2) 妊娠中および授乳中の女性
3) HCV/HDV/HIVなど他の肝炎ウイルス感染例
4) 他の慢性肝疾患症例 (自己免疫性肝炎、アルコール性肝炎など)
5) 重篤な他臓器疾患合併症例、ならびに免疫不全状態にある症例
6) 研究責任(分担)医師が不適と認めた者
プライバシーの
保護
本研究ではB型慢性肝炎患者さんの治療経過を研究対象とします。 プライバシー確保のため、患者さんが特定できないようにデータを処理した上で研究解析を行います。また、研究結果を公表する際には、患者さん個人が特定されることはありません。
本研究に関する
問い合わせ先
大阪大学消化器内科学 藥師神 崇行(講師)
           山田 涼子(助教)
連絡先電話番号:大阪大学消化器内科学(06-6879-3621)